独身女子にもおすすめ! シェアハウスに引っ越すメリットとは?

独身女子にもおすすめ! シェアハウスに引っ越すメリットとは?

最近、独身女性がシェアハウスに。一人暮らしが寂しくなったらシェアハウスに引っ越してみてはいかがでしょうか。実際にシェアハウスに住んだ経験がある私がシェアハウスについてご紹介します。


長年一人暮らしをしていると、ふとした瞬間に「寂しいな」って思うことはないでしょうか。
例えば、
「誰も待っていない家に帰ると思ったとき」
「週末を家で一人で過ごすとき」
「体調を壊したとき」
など。
もし、一人暮らしが寂しいなと思った経験がある方に、オススメなのがシェアハウスです。

近頃はシェアハウスに住む方も増えており、都内近郊にもたくさんのシェアハウスがあります。きっとご自分に合うシェアハウスを見つけることができるでしょう。

この記事では、実際にシェアハウスに住んだから知れた、シェアハウスについて紹介します。

シェアハウスとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シェアハウスとは、一つ屋根の下で、個人の部屋と共有スペースが存在する家のことです。
共有スペースは、キッチン、トイレ、お風呂、リビングなど。水回り部分が共有なのがシェアハウスの一般的なスタイルです。

シェアハウスのスタイル

一言にシェアハウスと言っても、規模やコンセプトがシェアハウスごとに異なります。

・マンションタイプのシェアハウス
100人以上が住む大型シェアハウスです。特徴は、共有スペースが充実していること。

・ソーシャルレジデンス
近頃人気があるのは、ソーシャルレジデンスと呼ばれるシェアハウスです。ソーシャルレジデンスは、個人の部屋にアパートのように水回り(シャワー、トイレ等)がそろっていて、他に共有スペースが充実しています。

・一軒家タイプのシェアハウス
4人〜10人程度の小規模のシェアハウスです。一軒家をシェアハウスとして利用しています。

シェアハウスに住むメリット・デメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シェアハウスに住む「メリット」と「デメリット」について説明します。他の人と一緒に暮らすシェアハウスには、人によって合う・合わないがあります。だから、まずはご自分がシェアハウスに向いているかどうか考えてみくださいね。

シェアハウスに住むメリット3つ

・コストが下げられる
シェアハウスに住むメリットは、生活コストが下げられるということです。
基本的には、敷金・礼金などはありません。入居時に家賃以外で必要になのは
契約料のみ。(シェアハウスにより規約が異なる場合もあり)
そして、家賃が高く都心に住むことを諦めていた方もシェアハウスの場合、一人暮らしの家賃に比べ家賃が下がるため、都心に住むことも可能になるでしょう。

・管理会社が掃除をしてくれる
シェアハウスに住むメリットは、掃除をラクにすることができるでしょう。個人のスペース以外の共有スペースは、定期的に管理会社により掃除が行われます。そのため常に水回りも綺麗ですし快適に過ごすことができます。

・人の気配を感じられる
シェアハウスのメリットは、いつでも人の気配を感じられることです。すれ違いに挨拶したり、家の中に誰かいると思うだけで、安心できませんか。きっとシェアハウスでは、寂しさを感じることはないでしょう。

・出会いがある
シェアハウスに住むメリットは、普段の生活では会うことのない方と、出会えるチャンスもあります。
例えば、外国人の多いシェアハウスにはいれば、外国人のお友達ができるかもしれません。
英語を勉強したい方にとっては、最高の環境と言えるかもしれませんね。

シェアハウスに住むデメリット2つ

・シャワーに入りたい時に入れない
シェアハウスでは、水回りが共有です。例えばシャワーに限らず、キッチン、トイレ、洗面台など、自分が使いたい時に、使えない場合もあります。
始めは不自由に感じることもあるかもしれませんが、生活に慣れると気にならなくなるでしょう。

・音が気になる
他の住人の生活音が気になってしまう場合もあります。例えば、夜遅い時間の話し声やテレビの音など。
シェアハウスには、色々な人が住んでいるため生活リズムもバラバラです。
音に対して敏感な方は、シェアハウスに向かないかもしれません。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事では、シェアハウスについてご紹介しました。シェアハウスを身近に感じてもらえたら嬉しいです。
最後のシェアハウスを選び方について説明します。
1. 予算を決める
2. エリアを決める
3. シェアハウスの規模を考える(大型or一軒家タイプ)
4. 気になるシェアハウスへ見学にいく

シェアハウスは、シェアハウス運営会社が物件を管理しています。そのためシェアハウスを探す際は、シェアハウス管理会社のサイトから調べると良いでしょう。

この記事のライター

元駐妻フリーライター。日本・香港での法人営業を経験後、WEBライターへ。女性の働き方、婚活、海外旅行について書いています。

関連する投稿


30代は取捨選択の年代。「私らしい人生とは」の答えを導き出す方法

30代は取捨選択の年代。「私らしい人生とは」の答えを導き出す方法

他の人の生き方をうらやましがるのではなく「これが私の人生です」と言い切るためには、どうすればいいのでしょう?今回は、私らしい人生の答えを導き出す方法について考えていきます。


今の仕事を続けていて将来は明るい?見極める、たったひとつの方法|MY WORK ヒント#73

今の仕事を続けていて将来は明るい?見極める、たったひとつの方法|MY WORK ヒント#73

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第73回目は、人生の方向転換をする時に注目したいことについてです。


プチプラ服のままで大丈夫?アラサー流ファストファッションの着こなし方

プチプラ服のままで大丈夫?アラサー流ファストファッションの着こなし方

アラハタから、アラサーへ。体も顔立ちも少しずつ大人へと変化していくと同時に、見直したいのがファッション。このままで良い気もするけれど、オールプチプラアイテムってさすがにマズイ?そこで今回は、アラサー女性にオススメするファストファッションの着こなし方をご紹介します。


年齢を感じる肌の悩みはシミや毛穴だけじゃない。フェイスラインのたるみも見逃さないで!

年齢を感じる肌の悩みはシミや毛穴だけじゃない。フェイスラインのたるみも見逃さないで!

年齢を感じる肌の悩みといえば、シミや毛穴などあげられますが、フェイスラインのたるみは後回しにしていませんか? ですが、客観的に見て老けたと感じるのはシミや毛穴ではなく、フェイスラインのたるみなのです。後回しにするのは要注意!


若いようで、もう大人。30代になる前に確認しておきたいこと

若いようで、もう大人。30代になる前に確認しておきたいこと

10代のときに考えていた20代は、もっと大人だと思っていた。実際になってみると、まだまだ子ども。でも時間はあっという間に過ぎて、20代どころかもう30歳。一つの節目を迎える前に、総点検しましょう。


最新の投稿


男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第81回目は、男性が好きなコスプレのバリエーションについてです。


お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

季節の変わり目は、体調管理が大変。 だからこそ、自宅でのホームケアを大切にするのが大人の女性。 花粉の季節でもあるので、体をしっかりと温めつつデトックス効果も期待できる、バスソルトのレシピをご紹介します。


マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットリップがオシャレさんを中心に大流行! ロレアル パリからも、透け感マットが唇が一本で叶っちゃう「ルージュシグネチャー」が発売されることに。新作発表会の様子と、気になる新作を一足お早めにお届け♡


“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

「オペラ」と聞くと、敷居が高いイメージがありませんか? そんなイメージをグッと引き下げる、オペラの新しい楽しみ方ができたと話題になっています。オシャレして出かける“ハレ”の機会は自分で作ってみるのも楽しいかも。オトナ女子が気軽に楽しめる、METライブビューイングの様子をレポートします。


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング