「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


これっておかしくない?

男女ともにやれる仕事なのに、なぜか女性だけがやるべきルールになっているのか? 疑問に思う仕事内容はたくさんあります。
「仕事は男女均等に与えられるべき世の中」なんていいつつ、まだまだみんなでやる文化が薄いものが社会には多いのです。職場でも、女性がやるのが当たり前! になっているこんな習慣、ありませんか?

お茶出し

来客がきた時や長時間に渡るミーティングなど。まわりに手が空いた男性社員がいたとしても、絶対に女性にお茶だしを頼む男性がいます。秘書や事務員など、お茶だしをするのがこの人というように役割が完全に決まっている場合は仕方もありませんが、女性であるというだけで声をかける人もまだまだ多いものです。
もちろん、お茶をだすということは、来客者が帰った時の片付けも必要になります。片付けもお茶だしをした人がやるという暗黙のルールが設置されている場合も多く、なんだか釈然としないものがあります。

書類のコピー

会議の資料のコピーを任されるも定番。まだそんな会社あるのかと思う人もいるかもしれませんが、未だに女性がやるものという考えがあるのも事実です。「たかがコピーで」と思う方もいるかもしれませんが、資料は枚数が増えるほど実は気配りポイントも多く、時間と手間がかかります。ホチキスで止めた方が良いのか悪いのか、部数とサイズはどれくらいか、など考えることも色々あります。

料理のとりわけ

また、忘年会などをはじめとする飲み会の場でも、まだ女性が料理を取り分けたり、お酒を注ぐものだと思われがちです。サラダの取り分けをしただけで「女子力!」という人もまだまだ多いですよね。
日本では料理の取り分け=女性がするという考えがまだ多いですが、海外ではドリンクのサーブや食事の取り分けは基本的に男性がしてくれるもの。なぜ日本では、女性が動くのが当たり前なのでしょうか? 職場の飲み会でこのような暗黙のルールがある場合も、対策を練りたいものです。

掃除

始業30分前にトイレなどの共有部や机回りなどの掃除、ゴミの出しなどをお願いされる。なぜか掃除も女性がやるべき風習だと捉えられていることがあります。男性が外で働き、女性が家庭を守る。それが当たり前だった時代は家事=女性の仕事という捉え方をされていましたが、職場は家庭とは別もの。なのに、いまだに女性がそのような家事にまつわる仕事を職場で任せられることが多いのです。
職場は家庭のルールとは別物。男女関係なく当番制などを取り入れるのがベストではないでしょうか。

女性も押し付けている? 逆パターンには要注意

逆ですが、女性も男性に押し付けがちなことがあります。
例えば、重いものを持たなければならなかった時。「男性がやるべき」だと思って、お願いをするケースがあります。これも、もちろん体格差があることが理由にはありますが、価値観の押し付けをしていないか? は注意しておきましょう。「〜べき」は価値観を押し付ける考え方です。
「これをお願いしてもいいですか?」というようにあくまで協力を仰ぐような伝え方をしましょう。これは男性がやるべきでしょう! と都合のいいときだけ「女性」を利用しないことです。

声を出さなきゃ動いて行かない

女性の社会進出を推進している企業が増えてきていますが、社長にその想いがあっても、管理職の層が動いて行かなければ、組織はあまり変わりません。「当たり前」の文化があると管理職の立場の人にもなかなか気が付いてもらえないので、リアルな女性の声を上げていくことが今後必要になります。

例えば、お茶出しや掃除はまだ仕事に慣れていない新人さんがやるべき仕事にしてみよう、と提案してみるなど。男女によってわけるのではなく、役割の分担の仕方を考えるべきです。
本来であれば「女性だから」「若いから」というように、誰だからお願いしても良いだろうと優劣をつけるのではなく、みんなで率先して動く、という文化を作っていきたいものですね。






この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


最新の投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

なぜか美人なのに非モテの女性がいませんか?同性から見ても羨ましいような美人なのに、なぜか彼氏ができない、男性が近寄ってこないのは何か理由があるはずですね。ムダ美人にならないように、自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう!


可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

けっして美人じゃないのに、なぜかモテる女子って職場に1人はいませんか?女性には分からないブスモテの理由はなんでしょうか?男性にしか分からない彼女たちの魅力を知れば、自分もモテ女子になれるかもしれませんよ!


RANKING


>>総合人気ランキング