「これって私の仕事?」  はたらく女子が暗黙の習慣になっていること

「これって私の仕事?」 はたらく女子が暗黙の習慣になっていること

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


これっておかしくない?

男女ともにやれる仕事なのに、なぜ女性がやるべきルールになっているのか? 疑問に思う仕事内容が増加中。「仕事は男女均等に与えられるべき世の中」なんていいつつまだまだみんなでやる文化が薄いものもあります。女性がやるのが当たり前になっているものありませんか?

今回は女性の仕事になっている仕事についてご紹介していきます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お茶出し

上司にお茶を頼むとき、必ず女性に頼む人って居ますよね。まわりに手が空いた男性社員が居たとしても、仕事が立て込んでいるにも関わらず必ずといっていい程声をかけてくる。誰だって喉が湧いたら自分で準備しますよね。しかも、来客が帰ったら片付けもやらなきゃいけない。片付けくらい尚更、男性でも出来るのでは?

書類のコピー

会議の資料のコピーを任されるも定番。まだそんな会社あるのかと思う人もいるかもしれませんが、未だに女性がやるものという考えがあるのも事実。たかがコピー、と思うこともあるでしょうが実は気配りポイントも多いし、手間もかかるんです。ホチキスで止めた方が良いのか悪いのか、サイズはどれくらいか、など考えることも色々。これもちゃんと仕事として評価をしてくれるなら問題はないけれど。

料理のとりわけ

飲み会で、サラダの取り分けをすると「女子力~!」という人もまだまだ多い。いや、これ女子力って言ってるけど、これが女子力ならちょっと男性にとっては都合が良すぎませんか。海外だと、ドリンクのサーブや食事の取り分けは基本的に男性がしてくれるもの。なぜ日本では女性が動くのが当たり前なのでしょう。一番料理に近い人がやるか、各々で取った方が楽なのでは。

掃除

始業30分前にトイレなどの共有部や机回りなどの掃除、ゴミの出しなどをお願いされる。なぜか掃除やって女性がやるべき風習となっているのに、お給与も出ない、サービスでやらなきゃいけないのはなぜなのでしょう。気が付いた人が綺麗にする習慣もあってもいいのに、女性がやらないとずっと汚いまま。結局女性がやることが多いです。掃除は男女みんなで当番制にするべきだと思います。

女性も押し付けている? 逆パターンには要注意

重いものがあったとき、男性がやるべきだと思ってお願いするケースがあります。これも価値観の押し付けになっていないか注意して。もちろん1人で持てない大きさのものや、重さのものもあります。誰かにお願いする場合も、2人でやろうというような思いやりの気持ちを忘れずに。男性に任せておけば問題ない、と都合のいいときだけ「女性」を利用しないことです。

声を出さなきゃ動いて行かない

女性の社会進出を推進している企業が増えてきていますが、社長にその想いがあっても、管理職の層が動いて行かなければ、組織はあまり変わりません。「当たり前」の文化があると管理職の立場の人にも気が付いてもらえないので、リアルな女性の声を上げていくべき時代です。

例えば、お茶出しや掃除は新人のお仕事にしてみよう、と提案してみるとか。色々なものに当番を決める、など。でもいきなり全てを分担するのは難しいですよね。その場合はみんなで率先して動く、という文化を作っていきたいですね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

https://cinq.style/articles/1444

天職に出会えたら毎日が劇的に変わる。でもどうすればいいのか分からず、やりたいことを追いかけて転職する日々…。今回は、ライフワークの見つけ方・つくり方をご紹介します。

一人はいる!職場のイヤな人と上手に付き合うには?

https://cinq.style/articles/683

人間関係が円滑ならいうことなし!だけど、現実はそんな上手くはいかないもの。職場に一人はいる、苦手な人との付き合い方についでごしょうかい!

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

心が沈んだときは、いつもよりも孤独を感じやすい……。翌日からまたいつもの調子に戻れるように、モヤモヤモードから抜けだしましょう!


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング