「これって私の仕事?」  はたらく女子が暗黙の習慣になっていること

「これって私の仕事?」 はたらく女子が暗黙の習慣になっていること

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


これっておかしくない?

男女ともにやれる仕事なのに、なぜ女性がやるべきルールになっているのか? 疑問に思う仕事内容が増加中。「仕事は男女均等に与えられるべき世の中」なんていいつつまだまだみんなでやる文化が薄いものもあります。女性がやるのが当たり前になっているものありませんか?

今回は女性の仕事になっている仕事についてご紹介していきます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お茶出し

上司にお茶を頼むとき、必ず女性に頼む人って居ますよね。まわりに手が空いた男性社員が居たとしても、仕事が立て込んでいるにも関わらず必ずといっていい程声をかけてくる。誰だって喉が湧いたら自分で準備しますよね。しかも、来客が帰ったら片付けもやらなきゃいけない。片付けくらい尚更、男性でも出来るのでは?

書類のコピー

会議の資料のコピーを任されるも定番。まだそんな会社あるのかと思う人もいるかもしれませんが、未だに女性がやるものという考えがあるのも事実。たかがコピー、と思うこともあるでしょうが実は気配りポイントも多いし、手間もかかるんです。ホチキスで止めた方が良いのか悪いのか、サイズはどれくらいか、など考えることも色々。これもちゃんと仕事として評価をしてくれるなら問題はないけれど。

料理のとりわけ

飲み会で、サラダの取り分けをすると「女子力~!」という人もまだまだ多い。いや、これ女子力って言ってるけど、これが女子力ならちょっと男性にとっては都合が良すぎませんか。海外だと、ドリンクのサーブや食事の取り分けは基本的に男性がしてくれるもの。なぜ日本では女性が動くのが当たり前なのでしょう。一番料理に近い人がやるか、各々で取った方が楽なのでは。

掃除

始業30分前にトイレなどの共有部や机回りなどの掃除、ゴミの出しなどをお願いされる。なぜか掃除やって女性がやるべき風習となっているのに、お給与も出ない、サービスでやらなきゃいけないのはなぜなのでしょう。気が付いた人が綺麗にする習慣もあってもいいのに、女性がやらないとずっと汚いまま。結局女性がやることが多いです。掃除は男女みんなで当番制にするべきだと思います。

女性も押し付けている? 逆パターンには要注意

重いものがあったとき、男性がやるべきだと思ってお願いするケースがあります。これも価値観の押し付けになっていないか注意して。もちろん1人で持てない大きさのものや、重さのものもあります。誰かにお願いする場合も、2人でやろうというような思いやりの気持ちを忘れずに。男性に任せておけば問題ない、と都合のいいときだけ「女性」を利用しないことです。

声を出さなきゃ動いて行かない

女性の社会進出を推進している企業が増えてきていますが、社長にその想いがあっても、管理職の層が動いて行かなければ、組織はあまり変わりません。「当たり前」の文化があると管理職の立場の人にも気が付いてもらえないので、リアルな女性の声を上げていくべき時代です。

例えば、お茶出しや掃除は新人のお仕事にしてみよう、と提案してみるとか。色々なものに当番を決める、など。でもいきなり全てを分担するのは難しいですよね。その場合はみんなで率先して動く、という文化を作っていきたいですね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

https://cinq.style/articles/1444

天職に出会えたら毎日が劇的に変わる。でもどうすればいいのか分からず、やりたいことを追いかけて転職する日々…。今回は、ライフワークの見つけ方・つくり方をご紹介します。

一人はいる!職場のイヤな人と上手に付き合うには?

https://cinq.style/articles/683

人間関係が円滑ならいうことなし!だけど、現実はそんな上手くはいかないもの。職場に一人はいる、苦手な人との付き合い方についでごしょうかい!

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


会おうよ詐欺はしたくない!「会いたい」を有言実行できる人へと近づく方法

会おうよ詐欺はしたくない!「会いたい」を有言実行できる人へと近づく方法

「近々会いたいね」と言いながら、毎日を過ごすだけで精一杯で、会えない人の数が多い。ふとしたときに、有言実行できない自分にガッカリしませんか?少しでも「近々会いたいね」を行動に移せるように、友人たちとの付き合い方を見直しましょう。


油断は禁物! 後輩から「お局様認定」される働く女子の行動あるある

油断は禁物! 後輩から「お局様認定」される働く女子の行動あるある

「お局様」=年配の女性というイメージを持たれることが多いですが、実はアラサー世代の働く女子も後輩からはすでにお局様認定されている可能性が大。若いからまだ大丈夫と油断してはいけません。お局様認定される働く女子がやりがちな行動していないかチェックをしましょう。


【便利だけど人間関係での悩みも】 SNSのメリットとデメリットをおさらい

【便利だけど人間関係での悩みも】 SNSのメリットとデメリットをおさらい

私たちの暮らしに欠かせなくなったSNS。今やコミュニケーションをする場がリアルからネットへと移り変わりつつあります。近くにいない相手とも簡単に連絡を取れることにより、人間関係が広がるメリットもあれば、デメリットも。今回は、SNSでコミュニケーションを取る上でのメリット・デメリットについてご紹介。


大切にされたい、愛されたい。価値を高めペースを握る『ゲイン-ロス効果』

大切にされたい、愛されたい。価値を高めペースを握る『ゲイン-ロス効果』

顧客、上司、恋人など周囲の人から「大切にされていない」と感じたとき、あなたはどうしますか? 恋愛では恋人を燃え上がらせ、ビジネスではあなたの価値を高める必要があります。また、ビジネスでも恋愛でも“交渉のペース”を握ることが重要です。これらのことを実現する方法が「ゲイン-ロス効果」です。


最新の投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

川崎での小学生への襲撃事件などで「ひきこもり」が問題になりました。引きこもってしまうのは本人が悪いのでしょうか? 自分の家族が引きこもりになってしまったときに、どうすれば良いのでしょうか? 心理士の立場からアドバイスをします。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング