デキる人はつらい!?嫉妬される人の特徴と対処法



成功すればするほど、孤独はつきもの!?

仕事で成功した。
本来は喜ばしいことなのに、なぜか毎回嫉妬される。

特に同性である女性から反感を買いやすい体質なら、上手くすり抜けるコツを自ら学んでいかなければいけません。

これから長い人生を過ごしていくうえで、かなり必要なスキル。
嫉妬されても、私は私と一瞬にして開き直れるように心の筋トレを開始していきましょう♡

今回は、嫉妬されやすい人の特徴と対処法をご紹介します。

嫉妬されやすい人の特徴「完璧に見えやすい」

嫉妬されやすい人は、まず他人から見たときに、完璧に見えやすいという点が挙げられます。

人はそれぞれ何かしら欠けていて、満たされない何かを抱いているものですが、おそらく嫉妬されやすい人が実際はそうだとしても、他人からは、すべての項目がそろっている状態に見えるのでしょう。

スマートな体型、美人で整った顔、可愛らしさや愛嬌、かっこよくて真面目な彼、輝かしいキャリア、温かな家族…。幸せ要素が多ければ多いほど、やはり嫉妬される回数も多くなります。

嫉妬されないように防ぐことは大切ですが、あまり気にしすぎても、結局は完璧には防げません。予防というよりかは対策に力を入れたほうがいいのかも…。

嫉妬されやすい人の特徴②「苦労している部分が見えない」

嫉妬されやすいからこそ、余計なことは見せない・言わない…。

だからこそ大成できるし、結果も追いついてくるはずなのに、よくも悪くも他人に対して苦労している部分を見せないからこそ、周りからは「あの人は何だかんだ器用にできるのよ」と、さらに嫉妬されやすくなるのです。

本人は優雅に泳いでいるように見えても、水面では必死にバタバタしながら、泳いでいるだけなのに。

あえて苦労している部分を見せる必要はありませんが、やはりどんなに防いでも嫉妬される体質を劇的には変えられないため、嫉妬されたときに上手く交わせるようにシフトしましょう♡

対処法「受け流す力を身につける」

では、嫉妬されたときにどうすればいいのか。
一番簡単な方法としては、受け流す力を身につけることです。

嫉妬をされて、どんなに嫌な思いをしても、彼女たちがあれこれと言ってくるのは、自分に達成する力がないから!だから、人に嫌な思いをさせるのが精一杯なのです。

せっかく仕事で成功をしているのに、他人に引きずり込まれるのは嫌ですよね。ここはぐっと踏みとどまって、マイナスな方向へと引きずられないように、嫉妬をされても、どんどん右から左に流しちゃって!

何の感情ももたないというのは、さすがにできないはずですから、とにかく何かしらの噂話が耳に入ってきても流すこと。気にしないことが一番です。彼女たちもそのうち諦めて、別のターゲットを探すか、もしくは自然と縁が切れて、消えていくでしょう。

対処法②「嫉妬する友人とは距離を置く」

あまりにも嫉妬される回数が多ければ、その友人とは距離を置くべき。

なかにはしつこく嫉妬をし、嫌がらせに近いことをしていても、平気な顔をして「会おうよ」と言ってくる人もいますが、これからの自分にとって必要のない相手と思うなら、早々に縁を切っておきましょう。

偽りの友人をたくさん置いておくくらいなら、一人になったほうがまだマシです。これ以上、トラブルに巻き込まれる前に人間関係を整理整頓しておきましょう♡

嫉妬されやすい体質なのは仕方がない!

仕事で成功している人ほど、孤独を感じやすいとよく聞きます。
それだけ嫉妬もされるし、誰をどこまで信じればいいのかも分からなくなるのでしょう。

嫉妬されやすい体質だからこそ、心の底から信頼できる友人を大切に。
嫉妬されても、さっと交わせる力を身につければ、今よりももっと楽な環境に入れますよ♡