上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

上司からの感謝がカギ!若手のパフォーマンスを上げるマネジメント法

皆さんは若手に対してどんなマネジメントをしていますか? 実は褒める習慣が若手のパフォーマンスが上がるようです。調査データと合わせて詳しくみていきましょう。


上司には、厳しく指導する人や、上下関係なくフレンドリーに接するタイプなど、様々なタイプがいますが、結局はどんなマネジメントが若手に響き、仕事上のパフォーマンスを上げることができるのでしょうか?

Unipos株式会社は、20~30代の男女ビジネスパーソン2,064名を対象に、感謝の頻度と会社満足度・目標達成など「感謝と仕事に関する調査」を実施。その結果「感謝を言われる頻度」、「会社満足度」、「正当な評価」、そして「上司からのフィードバックに対する満足度」が、仕事のパフォーマンス(年間目標達成)に影響していることが分かりました。詳しくデータを見てみましょう。

成果を上げている人は週1回以上褒められている

データで見てみると、感謝を言われる「頻度が高い」と思っている人は、全体の67.6%。
「頻度が高い」と思っている人は平均で約9日、「頻度が低い」と 思っている人は平均約28日に1回のペースで感謝の言葉をかけられているようです。
「頻度が高い」と思っている人の、75.2%が週1回以上の頻度で感謝を伝えられています。これは、「頻度が低い」と思っている人の36.8%と比べて約2倍の数字に。


また、目標達成別に見ると、「頻度が高い」人の73.8%が目標を達成しており、「頻度の低い人(55.3%)」に比べ18.5ポイント高いという結果です。

さらに、自分が会社で正当な評価を受けていると感じているかを聞いたところ、66.4%が正当な評価を受けていると回答。また、目標達成別でみると、「感じている人」の70.4%が目標達成し、「感じていない人」に比べて18ポイント高いという結果です。正当な評価を受けていると感じている人ほど、目標を達成しているとも言えます。

若い人ほど、直接褒められることで評価されていると感じる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

評価されたと感じる時を聞いてみると、「直接の感謝・賞賛」が56.8%と、「昇給・昇進」の60.2%と3.4ポイントの僅差になりました。
「昇給・昇進」という、大きな節目はもちろんのこと、日頃の感謝・賞賛の方が評価を感じる方が多い傾向にあります。

さらに、世代別に見ると、「直接の感謝・賞賛」は、20~24歳は62.4%で、35~39歳以上が51.2%と11.2ポイント差。若い人ほど、“直接褒められること”により評価されたと感じているようです。

8割以上の人が「上司からの評価」で評価されたと感じる

誰からの評価で、評価されたと感じるかを、シチュエーション別に聞いたところ、いずれも“上司から”が8割以上という結果に。評価されたと感じる対象として、上司は絶対的な存在であると言えそうです。

また、同僚から評価されることは、顧客以上のインパクトがあるようです。
とくに「間接的に評価・評判を聞いた時」には66.6%の方が、同僚から評価されたと感じており、顧客とも21.6ポイントと大きな差があります。

プラスα、褒める以外にするべきこと

褒めることでパフォーマンスが上がる傾向にあるのは事実ですが、上司に対して不満を持った人も居ます。上司からのフィードバックに対し、「満足していない」という人は全体の57.2%と過半数を超えていました。

「年間の仕事上の目標」の達成・未達成別に見ると、上司のフィードバックに満足している人の内「目標達成」している人が79.5%いるのに対し、「満足していない」人は62.7%と16.8ポイント低い値となりました。上司のフィードバックに「満足している」か否かが、パフォーマンスにまで影響するということのようです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

過半数の人が直接褒められることで「評価された」と感じ、若い人ほどその割合が高く、業務に対する直接の評価を求めている姿が見て取れます。

そして、8割以上もの人が評価されたと感じるのは、上司からの評価と答えているにもかかわらず、半数以上の人が「上司からのフィードバックに満足していない」という不満の声を持っていることも分かりました。

“感謝“を誰から、どのように、どのくらいの頻度で伝えられるかにより、仕事のパフォーマンスは大きく変わることがわかります。上司や会社へのエンゲージメントへも影響するという結果が浮き彫りになりました。上司は、直接の感謝・賞賛を織り交ぜながら、若手のパフォーマンスを引き出す評価をしていくのが望ましいと言えそうです。

元々、日本人は賞賛ベタで、フィードバックベタ。
それらがモチベーションやパフォーマンスに関わっていると言われています。また、多くの方が、学生のときは、勉強などにより競争・賞賛などが当たり前に行われていましたが、成人になるにつれ、褒められる機会、感謝される機会は減少傾向にあることも原因であるとも考えられます。

さらに、ミレニアル世代と呼ばれる現在の20代以下の若者は、その競争自体が減り、学生時代の賞賛機会も失われつつあります。近年は、デジタル化が進み、コミュニケーション自体が減ってきました。それにより、感謝も相対的に減ってしまう傾向に。
離職率の高まりや、人口減少により人材確保が必須となってきている昨今、会社へのエンゲージメントやモチベーションがより重視されてきています。デジタル時代の皆が受け入れやすい方法で、賞賛や感謝を実感できるキッカケ作りをすることが、今後のエンゲージメントに繋がるのではないでしょうか。

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

https://cinq.style/articles/34

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


調査 上司 マネジメント

関連する投稿


うまくできたことより「失敗したこと」を書き出すことで見えてくるもの|MY WORK ヒント#70

うまくできたことより「失敗したこと」を書き出すことで見えてくるもの|MY WORK ヒント#70

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第70回目は、目標を達成しやすくなるヒントです。


女性の敵は女性!? 職場で起こる「女王蜂症候群」の実態とは

女性の敵は女性!? 職場で起こる「女王蜂症候群」の実態とは

女性上司が部下の活躍を快く思わずパワハラをされた経験はありますか?それは「女王蜂症候群」と言われるもので、嫉妬から生まれるもの。今後女性の活躍を伸ばしていくうえで、何が大事なのでしょうか。


リーダーに任命されたけど「自信」がない。最初に意識するべきこととは?

リーダーに任命されたけど「自信」がない。最初に意識するべきこととは?

突然リーダーに任命された時に、嬉しい気持ちの反面「自信がない……」と落ち込んでしまう女性は少なくありません。けれど、自分に期待を持ってもらっての決定であることは誰もが理解ができるはず。できる限り頑張りたい、と思うものでしょう。もし突然リーダーに任命された際には、どんなことに意識をしておけば正解なのでしょうか?


後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第55回目は、後輩指導をする時のポイントを考えます。


リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

リーダーにこそ大事なスキル、「決断力」を高めて部下を引っ張る存在に!

優柔不断で決断に時間がかかっていると、下の立場の人にも迷惑をかけているかも。できない上司認定をされる前に、「決断力」を高めて、決めるべきところはきちんと決めて。


最新の投稿


「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」と思われてしまう人の喋り方と、信頼できる人の話し方は、一体なにが違っているのでしょうか。実は、デキる印象はちょっとしたコツで作られるもの。今回は、信頼できる人の会話術についてご紹介します。


自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

フリーランスって自由だし楽しそう…いえいえ、実はそんなことないんです!たしかに自宅で働けるのは楽な部分もありますが、自由と引き換えにストイックに過ごさなければいけないときも。誤解されがちなフリーランスという働き方について、今回はご紹介します。


継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第72回目は、「継続は力なり」の意味を振り下げてみたいと思います。


心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

今年の目標として決意したことは、順調に進んでいますか? もしかすると、もう既に諦めてしまっているなんて人もいるかも知れません。ですが、1月はもう終盤でも、今年はまだ始まったばかり。「今年こそは」と意気込んでいる人に向けて、習慣が身に着くためのポイントをまとめてご紹介します。


メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

大人特有のメイク悩みを解決するため、さまざまな美容テクニックを紹介。今回は、血色が悪く顔のくすみや乾燥が気になっている方のために、ハリとツヤを与えて明るいヘルシー肌をつくるためのプチテクです。


RANKING


>>総合人気ランキング