自己嫌悪するクセをやめたい人に。自分を肯定するマインドづくり

自己嫌悪するクセをやめたい人に。自分を肯定するマインドづくり

自分のことが嫌になってしまう“自己嫌悪”。これを癖づけてしまうと、苦しむのは他人でなく自分です。自己肯定感をアップさせ、自分を嫌わずに生きていくための、マインドをしっかりと作って、もっと自分を認めて、素直に、過ごしやすい毎日を過ごしましょう。


「自分のことが嫌い」と思う回数を増やさない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

小さなミスもあれば大きな失敗もある。それが誰かに指摘されることもあれば、もちろんされないことも。反省しなければいけない場面に出くわすことは誰にでもあることですが、自分が何か失敗をしたときに、反省以上に罪悪感や劣等感が勝り、自分のこと否定的に捉えてしまう「自己嫌悪」に陥ってしまったことがありませんか?

“罪悪感を感じることは仕方ない”
“反省は次に生かすこと”

こう前向きに捉えることができれば特に問題はありませんが、自分のことを嫌いになってしまうと、明確な理由がなくても自分に嫌悪感を抱いてしまい、毎日を生きづらく感じるようになってしまいます。自分に制限をかけて殻に閉じこもるように仕組んでいるのは自分かもしれない。自己嫌悪を感じることが癖になってしまっているマイナス思考は、自分のためにも無くしてあげるべきなのです。毎日をもっと、素直に自由に過ごせるよう、改善していきましょう。

自分嫌いを直し、自己肯定感を高めるためには

自己嫌悪に陥る材料は「不安」や「罪悪感」、そして「劣等感」などです。
自分自身に過度な期待をしていたり、高いハードルを持っていることが原因にあるかもしれません。今回は、自分嫌いを直すために意識したいことを紹介していきます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

完璧主義をやめる

人にも自分にも厳しい人は、完璧主義者と呼ばれます。自分自身が「こうありたい」と高い理想を持っているために、何かに失敗した時は反省より先に、自己嫌悪が勝ってしまうのです。
しかし、何か失敗をしたときに求められるのは、改善。次回に同じ過ちを繰り返さないことです。

つまり、行うべきは自己嫌悪することではなく、反省と改善点を見つけること。間違いは、修正して繰り返し行うことが大切です。完璧を求めるのではなく、トライ&エラーの心を忘れないように変えていきましょう。

人と比べる癖をなくす

周囲に居る人と、自分をつい比べてしまい、自分が劣っていることを感じて落ち込んでしまうタイプの人もいます。自分が相手の人と同じように行動できないことや、相手に先を越されてしまうことに対して、つい自分はダメだと自己否定を行ってしまうのです。
けれど「隣の芝は青い」という言葉のように、他人だからこそ良く見えることがあるということを知っておきましょう。よそはよそ、うちはうち。誰にでも、人から見える面と実情は違っていることが多いのです。相手が秀でた部分はあれども、自分の強みはもっと別のところにある。割り切って接していくことが大切です。

夢中になれることを見つける

ミスや過ちが発覚した時には、自己嫌悪をするのではなく、気分転換がうまくなることも大切です。気分の切り替えがうまい人は、仕事はもちろん人間関係でも良い関係を作りやすいです。あったことをいつまで経っても悔やんでいては仕方がない。自分が夢中になれるものを見つけて、心の切り替えを上手にできるようになりましょう。

ミスや失敗を、大ごとだと受け取りすぎてしまうと、自分の心に負担がかかるだけになってしまいます。

複数の「居場所」をつくる

夢中になれるものを探すのと同じように、気分転換をする方法が他にもあります。
それは、仕事などで接している人とは別の、プライベートで関わる人たちを増やすことです。出会いや居場所、ネットワークを広げてみましょう。様々な人に出会うことで、新しい発見があるかもしれません。両親と友達、それぞれに話す内容が違うのと同じで、出会う人たちの幅を広げると、会話の幅も同様に広がります。自分にとって居心地が良いと思う居場所を複数作っておくことです。
仕事は仕事、プライベートはプライベート、というように自然と気分を変えることがうまくなりますよ。

小さな成功体験をつくる

自分のミスや失敗を引きずってしまうのは、過去のトラウマがあるかもしれません。「自分ができるわけない」という呪いを自分自身にかけている可能性があります。そんな人は、自分に自信がつくような小さな成功体験を増やすことが効果的です。
まずは「朝7時に起きる」というように、身近なところからはじめてみましょう。自分が当たり前だと思ってこなしてきたことも、実はとても素敵なことだったりするものです。自分の良さをわかってあげること、自分を認めてあげることからまず意識してみて。

人と自分は違うから

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「自分はなんでこうなんだ」と、自分を否定したくなるような出来事はたくさんありますが、どんなことが起こった時も、起こってしまったことを変えることはできないのです。そうなると、次の行動をどう出るか、がもっとも大切になります。
自己嫌悪をして負の感情のループに囚われていては、前に進むことができません。大丈夫、人はみんな失敗と成功を繰り返して成長するものです。自己嫌悪をしたくなるような出来事は誰にだってあるのですから。

自分の失敗も、自分自身のことも認めて、肯定して上げた後に次のアクションを考えましょう。真面目すぎなくてもいい、完璧じゃなくてもいい、もっと素直に自分を受け入れてあげることから始めてみてください。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


運気アップには香りが正解?!おやすみ前に使いたい香りアイテム4つ

運気アップには香りが正解?!おやすみ前に使いたい香りアイテム4つ

まだまだ不安な状態が続く世の中。そんな時、少しでも運気をアップさせたいと思いますよね。でも運気をアップさせるためには、少しポイントがあります。そこで今回は香りを味方につけて、運気をアップさせるアイテムをご紹介します。


落ち込んだときこそ気分の切り替え!ポジティブな合言葉「It’s not my day.」

落ち込んだときこそ気分の切り替え!ポジティブな合言葉「It’s not my day.」

仕事でミスをして落ち込んだり、人に何かを言われてへこんだときには、魔法の言葉「It’s not my day.」を使ってみて。心のサプリになるような、ポジティブな言葉です。


ネガティブ=優秀?! ポジティブよりもネガティブな性格の人が優れていること

ネガティブ=優秀?! ポジティブよりもネガティブな性格の人が優れていること

「もう少し物事をポジティブに考えられたらな」なんてネガティブ思考で悩んでいる人は少なくはありません。けれど、ネガティブ思考の方にはポジティブ思考の人より優れていることもあるのです。今回は目から鱗な、ネガティブ思考の魅力について紹介。


間違った方向へキラキラしてない?本当の意味で人生を輝かせる秘訣

間違った方向へキラキラしてない?本当の意味で人生を輝かせる秘訣

“キラキラ女子”というフレーズがパワーワードになって久しくなる今日この頃。今やキラキラ女子は、どこか皮肉めいたフレーズとして使われることが多くなりました。だからこそ、今考え直したい。キラキラ女子ってなに?あなたにとって本当の意味でキラキラする人生とは何かについて考えてみましょう。


“幸福感”は脳が決めること。ストレスに負けない、ポジティブマインドの作り方

“幸福感”は脳が決めること。ストレスに負けない、ポジティブマインドの作り方

同じ環境にいる人でも「自分は恵まれている」と感じるか、「私ばかり損をしている気がする」と感じるかはそれぞれ。幸福感は脳が決めることなのです。今年こそ、ストレスに負けずにポジティブマインドを維持できるよう工夫していきましょう。


最新の投稿


メンタルケアにもおすすめ! ゆらいだ心を「整える」夜のひとり会議メニュー

メンタルケアにもおすすめ! ゆらいだ心を「整える」夜のひとり会議メニュー

明日が今日よりももっと素敵な一日になりますように。夜にひとり会議を行うことで、心の調子を整え直せるはずなんです。心の疲れはその日のうちに♩


作業効率UP!周囲の人が自然と協力してくれるようになるキャンディ効果って

作業効率UP!周囲の人が自然と協力してくれるようになるキャンディ効果って

皆さんは周囲の人の仕事のモチベーションを上げる・周囲の人が自然と協力をしてくれるようになる「キャンディ効果」という心理学を知っていますか? 自分の手がいっぱいいっぱいで使えないときに、手伝ってくれる仲間がいると心強いですよね。今回は、人間関係の良好にも使えるテクニックをお伝えします。


運が強い人の共通点。運気を上げるのは潤いで満たされたつややかな肌|お守りコスメ

運が強い人の共通点。運気を上げるのは潤いで満たされたつややかな肌|お守りコスメ

「運」の強さは、その人の生き方や発言からわかるもの。運が強いと思っている人にはいくつかの共通点があるのです。そして、それは見た目にも。肌ラボ 極潤プレミアムを惜しみなく使って、輝き(つややかさ)と透明感のあるみずみずしさを手に入れて。


【中医学】秋はナーバスになりがち…落ち込みがちなメンタルと付き合う方法

【中医学】秋はナーバスになりがち…落ち込みがちなメンタルと付き合う方法

「何かあったわけじゃないけれどなんとなく元気が出ないなぁ……」夏から秋に切り替わるタイミングもあって気分が落ち込んでいませんか? 今回は季節の変わり目で落ち込んでしまうメンタルとうまく付き合う方法について薬膳のプロがご紹介します。


運気アップには香りが正解?!おやすみ前に使いたい香りアイテム4つ

運気アップには香りが正解?!おやすみ前に使いたい香りアイテム4つ

まだまだ不安な状態が続く世の中。そんな時、少しでも運気をアップさせたいと思いますよね。でも運気をアップさせるためには、少しポイントがあります。そこで今回は香りを味方につけて、運気をアップさせるアイテムをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング