理想のライフスタイルって?人生の方向性を定めるために必要なこと



多様な時代、あなたはどう生きる?

結婚がすべてと思っている女性がいれば、一人でいたいと思う女性もいる。
シンプルな暮らしが一番だと主張する人もいれば、オシャレな生活にこだわる人もいる。

今はありとあらゆる情報で溢れ返っている分、これからの自分がどんな暮らしを理想とすればいいのか、分かりにくい状況。

一回きりの人生を後悔することなく歩み続けるためには、常に方向性を定めておくことが重要です。今回は、人生の方向性を定めるために必要なことをご紹介します。

たくさんの人に出会い、ロールモデルを探す

人生の方向性に迷ったときは、無理のない範囲でたくさんの人に会うことをおすすめします。

私もキャリア志向の強い自分をかつて付き合っていた人に受け入れてもらえなかったとき、どうしたらいいのか分からず、本当にこのまま仕事に邁進していいのか、すごく悩みました。

しばらくは自分と向き合う時間が増えましたが、仕事を通して新たな出会いがいくつかあり(男女の関係という意味ではなく)、まだまだ上には上がいることを学びました。下を見ていると、きりがないんです。

またずっと一緒にいた人とは違うステージに自分が進んでしまっても、新たなステージでふさわしい人が待っているものです。

方向性を定めるためには、たくさんの人に出会うのが一番。色々な人の価値観に触れ、改めて自分が目指したい方向性について考えていれば、自然と定まってくるでしょう。

旅をしながら、視野を広げる

人生の方向性を定めるときに、自分の中で限界をつくってはいけません。また「お金がなくてもいい」と安易な発想をするのも、心の中にタガをつくることになります。

心がモヤモヤすると、行動力は低下し、さらに人生の指針が見えづらくなってしまうのです。

視野が狭まりかけているからこそ、こんなときは旅をするのが一番。海外でも国内でも行きたい場所に行きましょう。

ちなみに自分が住んでいる場所とは違う場所(国)を第三の居場所として確保しておくと、精神状態も安定します。

人生について迷ってしまったときも、そこに立ち寄るだけで、いつもの私に戻れる、そんな場所をいくつも見つけておくのです。旅は人を勇気づけ、人生さえも変えてくれます。定期的に旅に出る習慣を大切に♡

毎日書店へ行って、ヒントを探す

旅に出なくても、人生の方向性を定めるために必要な資料や情報を集めることができます。それは毎日、書店へ行くこと。同じ書店でも構いません。

書店へ立ち寄るだけで、これからの自分が達成したいこと、叶えたい夢を確認することができます。書店へ行くと、本や雑誌をチラっと立ち読みしますが、今の自分に必要なヒントがたくさん入ってきます。

仕事のこと、恋愛のこと。頭の中が悩みだらけになってしまったときは書店に行って、リセットしましょう。毎日書店へ行くと、意識も変わり、運自体も良くなる気がする♡

前だけを見つめていよう

最初から「私はこれ!」と人生の方向性が定まっている人はいません。紆余曲折を経て、大人な私が完成されていくのです。

方向性を定めるためには、人生経験を積み、多くの人に出会い、苦しくなるくらいもがくことが大事。少しずつ、理想のライフスタイルに近づけるように、小さな改革を続けてまいりましょう♡