彼氏もいないし、結婚する予定もない。おひとり様の寂しさ解消法

彼氏もいないし、結婚する予定もない。おひとり様の寂しさ解消法

彼氏もいないし、結婚する予定もなくて、そんな自分に落ち込む瞬間が増えた……。おひとり様=孤独、とは限りませんよ♡


夜になると、不安で動悸が止まらない…

学生時代は、もうこの年齢では結婚するものだと思っていた。
ところが蓋を開けてみると、みんなはすでに「妻」となり「母」となっている状態。

自分はというと、独身ロードまっしぐら。あえて一人を選んでいるわけではないからこそ、おひとり様の空間が悲しく思えて、夜になるたびに動悸がする人も多いのでは?

不安に感じても、その夜は一人で乗り越えるしかありません。今回は、おひとり様の寂しさ解消法をご紹介します。

雑誌を広げて理想の暮らしをイメージする

日中は働くだけで精一杯。

家に帰ってInstagramを開くと…そこには旦那自慢や子ども自慢がたくさん。いつも素直に
「いいね!」が押せるほど、心の余裕があるわけではないはずです。

急に心細くなったときは、まず深呼吸。それから好きな音楽でもかけて、お気に入りの雑誌を何冊か用意しましょう。最新号をわざわざ買う必要はなく、今までストックしていたもので十分です。

そして、理想のライフスタイル像についてイメージしましょう。ファッション雑誌やインテリア雑誌には、夢と希望が詰まっています。女子の「こうなれたらいいな」というオシャレな人生がいっぱい載っていますね。

雑誌をペラペラとめくりながら「こんなカップルになれたらいいな」「いつかは、オシャレな料理をつくれるようになりたい」と、想像するだけでも寂しさが軽減されます。

頼れる場所を増やす

おひとり様にとって、頼れる場所を増やしておくのはなによりも大事です。頼れる場所を増やす=友人を増やす、ではありません。あくまでも、いざというときに相談にのってもらえる場所をつくります。

たとえば、メンタルの調子が優れないときは心療内科に通うのも、立派な自己防衛です。日本では、まだまだ「心療内科」や「カウンセリング」という習慣が定着していませんが、外国では夫婦向けのカウンセリングも充実しているほど、一つの習慣として「カウンセリングを受ける」があります。

2~3か月に一度だけでも毒だしができる場所があるというのは、おひとり様にとって生きる支えになります。もちろん病院以外でも構いません。美容院やネイルサロンでお話を聞いてもらうだけでも、不安のかたまりが小さくなります。

夜からでも外にでて気分転換

何を隠そう私自身(筆者)も、おひとり様人生を歩んでいます。
人間は不思議なもので、日が暮れる16時頃になると、無性に悲しくなるときがあります。

一日ゆっくり休めていたはずなのに何もしていない自分に罪悪感を覚えてしまったり「私は独身で時間があるのに今日は何もできなかった」と泣きたくなったり……。

もし悲しい感情が湧き出てしまったときは、そのまま家には籠らず、外へ出ましょう。今の時期ならカフェでクリスマスソングを聴くだけでも、心のざわつきが解消されます。

外の新鮮な空気を吸い、店員さんと軽くコミュニケーションをとる。たったこれだけでも「よし、また明日からがんばろうか」と、エンジンをかけ直せるのです。

未来を心配するよりも、今を生きよう

未来を心配しても仕方がありません。

もちろん先々のことまで考え、先手を打っておくことは大事です。しかし、不安を抱えすぎても、何も行動できなくなります。

不安になっても、自分で乗り越える術を身につけましょう。明けない夜はない。不安で押しつぶされそうになっても、きっとしばらくじっと耐えていれば、暗い波は引いていきますから♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


夫婦は、あくまでも他人。結婚しても自立した二人でいる方法

夫婦は、あくまでも他人。結婚しても自立した二人でいる方法

夫婦になっても、私は私の世界を大切にしていたい。どうすれば結婚してからもお互いに自立していられるんでしょう?


セルフコントロール力を高めたい♡おひとり様のストレス解消法

セルフコントロール力を高めたい♡おひとり様のストレス解消法

ひとりでいると、イライラする瞬間がやたらと増える。来年こそは彼氏ができたらいいけど…その前におひとり様でもストレス発散できるように、セルフコントロール力を高めましょう!


誰にも依存しない自立・自活のライフスタイル。「ソロで生きる人生」の楽しみ方

誰にも依存しない自立・自活のライフスタイル。「ソロで生きる人生」の楽しみ方

誰にも依存せず、私は私の人生を。今回は「ソロで生きる人生」の楽しみ方をご紹介します。


夜になると不安になる。ひとりの寂しさに耐えきれなくなったときの対処法

夜になると不安になる。ひとりの寂しさに耐えきれなくなったときの対処法

日中は仕事に追われているせいか、あまり寂しさを感じない。でも家に帰ったとき「おかえり」と言ってくれる人がいないのは、ちょっぴり寂しかったり。寂しさも不安も、ちゃんと乗り越えれば、また強くなれますよ。


結婚ラッシュで会える友達が減った!ひとりの時間に楽しめること

結婚ラッシュで会える友達が減った!ひとりの時間に楽しめること

結婚ラッシュが過ぎると、定期的に会える友人がぐぐっと減る……。ひとりの時間が多くなっても、寂しくなる必要なんてない。今だから楽しめることを探しましょう。


最新の投稿


「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」と思われてしまう人の喋り方と、信頼できる人の話し方は、一体なにが違っているのでしょうか。実は、デキる印象はちょっとしたコツで作られるもの。今回は、信頼できる人の会話術についてご紹介します。


自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

フリーランスって自由だし楽しそう…いえいえ、実はそんなことないんです!たしかに自宅で働けるのは楽な部分もありますが、自由と引き換えにストイックに過ごさなければいけないときも。誤解されがちなフリーランスという働き方について、今回はご紹介します。


継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第72回目は、「継続は力なり」の意味を振り下げてみたいと思います。


心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

今年の目標として決意したことは、順調に進んでいますか? もしかすると、もう既に諦めてしまっているなんて人もいるかも知れません。ですが、1月はもう終盤でも、今年はまだ始まったばかり。「今年こそは」と意気込んでいる人に向けて、習慣が身に着くためのポイントをまとめてご紹介します。


メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

大人特有のメイク悩みを解決するため、さまざまな美容テクニックを紹介。今回は、血色が悪く顔のくすみや乾燥が気になっている方のために、ハリとツヤを与えて明るいヘルシー肌をつくるためのプチテクです。


RANKING


>>総合人気ランキング