ムダを省くと効率が上がる! 「伝わる」資料の作りかた

ムダを省くと効率が上がる! 「伝わる」資料の作りかた

ビジネスにおいて物事を伝える為に欠かせない資料作り。慣れていないと、どのようにすれば良いのかわからず手間を取ってしまいます。時間をかけるべきポイントと余分な部分を理解して、"伝わる資料"を作っていきましょう。


何を伝えたいか考える

資料を作る上で、最も重視する点は最終的に何を伝えたいのかということ。ゴールさえ決まれば後は作っていくだけ、という単純な作業でもある資料作りですが、時間をかける程にこのゴールから外れてしまう人が多いのです。

例えば新商品のPR資料と作りたいとします。ここで最終的なゴールは商品の購買率を上げる、ということですが、商品の特徴をつらつら述べるだけになってしまったり、目を引く資料であってもそれが具体的にどういった商品なのかの情報が不足している、という事が起こっている事はありませんか。
これでは、実際に商品を手にとってもらえるかは謎。なので、まずはしっかりとしたゴールを定めることが必要になるのです。

ムダを省く

資料はシンプルで見やすくが基本。とくにプレゼン資料の場合は、1枚で1分程度の分量で伝わるようにすると良いでしょう。分量が多すぎることがわかると、読み手は読む気を無くしてしまい、集中力も欠けてしまいます。では一体、長すぎる資料には何がムダなのか? を考えていきましょう。

構成部分のムダ

いきなりパワーポイントに向かって作りだしている人は、"どう作ろうか"といったところに着目しがち。1ページを作るのにかなり時間が掛かっている傾向があります。

なので、最初にメモやワードなどで、資料のテーマを明確にして構成を考えるようにしましょう。スライドに合わせてタイトルだけを入力していき、テーマと相違はないのか? 話の流れがおかしくないか? を確認をした上で内容を入れていきます。目次を作った上で、肉付けしていくようにすると人に伝わる資料が作れるように。

デザインのムダ

最初にデザインテンプレートを選んだり、アニメーションをたくさん使う、フォントにこだわる必要ありません。技巧を駆使をして、パワーポイントを使いこなすアピールは直接的な成果に繋がるわけではないのです。

デザインは統一感があるように予め自分でルールを決めてしまうと良いでしょう。余白はどのくらいか、何色を使っていくのかなどを細かく決めることです。色は3色に留めておくことと、まとまりが生まれます。

文章量のムダ

余白があると落ち着かないからといって、1ページに情報を詰め込みすぎていることはありませんか? 1ページに膨大な量を詰め込むことで、読み手が大切な情報を見落としてしまう可能性があります。資料は学校の作文とは違い、きっちり埋めることが必要なのではありません。

要点やキーワードのみに絞って、相手が早く理解できるようにすることを心がけてください。つい説明的になってしまい、文章が長くなりすぎてしまうのが、伝わらない資料を作る人の特徴。なので文章を簡潔にまとめる練習は日頃からやっておくと良いでしょう。

時間をかけるべき所を理解する

完成度の高さを意識しすぎると、時間がかかることが多いです。と言っても、"早く作らなきゃ"という焦りがあると、今度は概要部分のみが並んだ、伝わらない資料を作ってしまうこともあります。時間をかけるべき所とムダな所を理解して、まとまりのある資料作りをしましょう。

また、様々な資料をみることも勉強になります。「この人の資料はわかりやすい」と思ったものを見つけたら、どこに惹かれたのかを分析してみましょう。スキルアップの為には様々な資料に目を通すことも大事なのです。

慣れるまでは大変な資料作りですが、一度コツを掴んでしまえばそれをベースにしてしまうこともできるし、活用法はたくさん。余分なものは削ぎ落として、要点を掴んだ伝わりやすい資料を作っていきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


自分みがき スキルアップ

関連する投稿


最近、頭が冴えていない? 脳を活性化させる4つのポイント

最近、頭が冴えていない? 脳を活性化させる4つのポイント

ビジネスでは脳のパフォーマンスが大事。脳が活性化できていないと頭が働かず良い考えが出てきません。冴えた脳にするための4つのポイントをご紹介します。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


 【仕事と生活を変える小さなライフハック】ビジネス書類は1から作らないがマストルール

【仕事と生活を変える小さなライフハック】ビジネス書類は1から作らないがマストルール

ビジネスで使う書類を、自分で1から作っていると相当な時間がかかってしまいます。また必要な項目に漏れがあることに後から気付いてガッカリ! なんてことも。時間を短縮するためにも、クオリティの高い書類を作成するためにも、賢い選択肢で。


挑戦することを避けてない? チャレンジすることによって得られる4つのこと

挑戦することを避けてない? チャレンジすることによって得られる4つのこと

新しい仕事を任された時や、気になる資格があった場合など……何かにチャレンジするときには覚悟が勇気が必要になります。それを、「厄介なことになっても困る」とリスクを避けたいがために現状維持してばかりいませんか? 今回は、挑戦することによって得られることについて紹介していきます。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング