「夢を追いかける勇気こそが、夢を叶える」 ウーマンダイアローグ#13

「夢を追いかける勇気こそが、夢を叶える」 ウーマンダイアローグ#13

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、税理士の脇田弥輝(わきたみき)さん。仕事、家事、育児を両立されている、素敵な女性です!子育てと並行して税理士試験に挑戦した過去や自宅に事務所を構えたことについてお話を伺いました。


今回のゲスト♡ 脇田弥輝さん

お茶の水女子大学理学部物理学科卒業。
システム情報会社(システムエンジニア)に就職。結婚を機に退職。

長男を出産後、会計・税法の知識ゼロから税理士を目指し、2013年税理士登録(登録番号124606)。
個人税理士事務所、税理士法人勤務を経て、2016年脇田弥輝税理士事務所開業。
2016年4月より東亜大学大学院法学専攻非常勤講師。
2014年、2015年、2016年東京税理士会寄付講座(租税論(消費税法))の講師担当。

著書に「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」(ソーテック社)がある。

インタビューする人♡ 渡辺彩季

京都府出身、東京在住のフリーライター。
女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。
美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエなどの資格を取得。

ウーマンダイアローグ#13 【税理士/脇田弥輝さん】

渡辺:今回のゲストは税理士の脇田弥輝さんです。よろしくお願いします!

脇田:よろしくお願いします!

渡辺:早速ですが、現在の仕事の内容を教えてください。

脇田:税理士として開業して、自宅で仕事をしています。内容としては、基本的に会社や個人事業主の決算書、申告書の作成です。あとは、毎月お客様と面会をして節税対策などの経営の相談に乗っています。

 ほかには、大学院非常勤講師としてゼミで論文の指導をしています。あとは、最近執筆の需要も増えてきて、連載を抱えています。

渡辺:家事や育児と並行して!? 衝撃です。それは多忙ですよね……!

子育てと並行して、税理士試験に挑戦!

脇田:私は長男を出産してから税理士試験に挑戦することを決めました。元々キャリア志向ではなくて、専業主婦をしていたのですが、長男が1歳になったころから時間に余裕ができてきて「なにか資格を取ってみようかな」と考えるように。最初は「税理士の試験って難しそう……」と感じていたのですが、育児をしながら挑戦している人も多いということを知り、徐々に意欲が湧いてきました。

渡辺:資格試験のなかでも税理士は難易度が高いですよね。主婦業と育児と両立して受かるなんて、並大抵の努力じゃ厳しいですよ!

脇田:そのときに資格関連の本で合格体験記を読んだのですが、2~3年で受かったという方が紹介されていたんですよ。私はその頃、税理士試験に詳しくなかったので「頑張れば2~3年で受かるんだ!」とポジティブに捉えてしまって(笑)

渡辺:昔、家に届いていた進研ゼミの漫画みたいなサクセスストーリーですね(笑)

脇田:はい(笑)もちろん、なかには効率よく勉強して2~3年で受かる人もいるのですが、それは本当に稀な例で。実際にはもっと長期的に試験を受けて合格する人が多いんですよね。合格まで6~7年かかる方もザラにいます。しかし、長男が1歳の段階で勉強を開始し当時の私は、3年後長男が4歳になって幼稚園に入るタイミングで税理士として働きはじめることができたら理想的だなとポジティブに考えていました。そして、税理士を目指して勉強をすることにしたのです。

渡辺:試験に向けて、どのように勉強をされたのですか?

脇田:通信制の授業を受けていました。自宅からでもネットで授業を受けることができるから、子どもが寝たら勉強タイムに入るというスケジュールで。しかし、最初の頃は子育ての合間だけでしたが、試験が近くにつれて「税理士になりたい」という気持ちが高まり、試験直前の3ヵ月間、週末は旦那に子守りをお願いして自習室で勉強するようになりました。昔から勉強することが好きだったので、どんどんのめり込んでいきましたね!

お義母さんからの励ましの言葉が背中を押してくれました

渡辺:税理士試験の勉強をしていたとき、一番印象深かったことを教えてください。

脇田:模試では結果が出ていたのにも関わらず、2回連続で試験に落ちてしまったときが一番辛かったです。やはり、家族に協力してもらって資格試験に向けての勉強をさせていただいていたので、申し訳ないという気持ちもありました。このまま試験に挑戦し続けていいのか……正直、何度も迷いました。そこでお義母さんに「このまま税理士試験を受け続けるか悩んでいる」と話してみたんです。

渡辺:たしかに家族に負担をかけてしまっていたら、後ろめたくなりますよね。でも、資格試験に向けて一生懸命頑張っている姿を目の当たりにしていると、みんな応援してくれたのではないでしょうか?

脇田:そうなんですよ! お義母さんが「せっかく成績が伸びているんだからもう少し続けてみたら?」と背中を押してくださりました。この言葉が大きかったです。そのおかげで、もうひと頑張りすることができ、念願叶って税理士試験に受かることができたのです。もしも、あの時「辛かったら辞めた方がいいんじゃない?」と言われていたら、正直諦めていたかもしれません。

渡辺:素敵なお義母さんですね!

脇田:本当に支えていただきました。辛かった時期を乗り越えることができたので、感謝しています。

開業するきっかけは、“子供たちの笑顔”

渡辺:現在、開業して自宅で仕事をされているとのことですが、そういったスタイルをとるようになったきっかけはなんだったのでしょう?

脇田:数年前までは、自分で開業するということを全く視野に入れていませんでした。税理士は、元々独立するまでに実務経験を2年以上積まなければいけないのですが、転職のタイミングで久々に家にいる時間があったんですよ。その頃、長男は中学生、次男も既に小学生になっていたので、ある程度大きくなったから大丈夫だと思っていたのですが……やはり自分が家にいると嬉しそうに見えました。それまでは事務所や会社に勤めていたので、これからは子どもと触れ合う時間を増やしたいと思うようになって、開業届を出し自宅で仕事をすることにしました。

渡辺:開業にあたって大変だったことはありますか?

脇田:はじめの頃はお客様が全然いなかったですね。けれど、開業したと知った友人からご紹介いただいたりして少しずつお客様が増えていきました。やはり、繋がりは大切だと実感しましたね。開業して1年目はほとんど利益が出ませんでしたが、2年目には売り上げが正社員の頃の給料を上回りました。

渡辺:やはり、縁によって仕事が広がっていくのですね。自宅で開業するにあたって資金はどれぐらいかかりましたか?

脇田:自宅で仕事をしているので、ほとんど経費がかかりません。新しいパソコンとデュアル画面に使う用のモニター、会計ソフトなどで20万円くらい、税理士会費が年間20万円ぐらい。合計でも3~40万円くらいでしょうか。

渡辺:自宅に事務所を構える場合は、それほど資金がなくても開業しやすいということですね?

脇田:そうですね。税理士になるまでに実務経験を2年以上積むと思うので、その期間に貯金をしておけば、独立開業しやすいと思います。

子育てと仕事の両立の秘訣は?

渡辺:子育てと仕事の両立の秘訣を教えてください。

脇田:家族に理解をしてもらうことです! 自分が前向きに楽しみながら仕事に取り組んでいるので、みんな応援してくれます。一生懸命やることが大事。自分がやっていることを、なんとなく家族に話してみることが大切だと思います。 そういったコミュニケーションを密にとることで仕事に対しての理解が深まります。全ての内容を把握してもらうわけではありませんが、どんな仕事をしているかといった情報は共有しています。

渡辺:そういえば……私は学生の頃、帰宅したら毎日のように「学校でこんなことを勉強した」「友達とこんな会話をした」と家族に話していました。何気ない会話でしたが、そこから近況を把握することができたと思います。それに似たような雰囲気ですか?

脇田:そうですね! まさにそんな感じです!

執筆の仕事もしています!

渡辺:脇田さんは、記事執筆もされているんですよね!

脇田:そうなんですよ! 2017年頃から一気にオファーが来るようになりました。税理士業務とは別に、私の場合は税金の話を一般の人にわかりやすく面白く興味を持ってもらえるようにと、ブログや連載の執筆もしています。税金の話はもちろん、なぜ税理士になったか、どうやって税理士になったのか、そのようなことも書いています。

 2018年11月現在、連載を4本抱えています。まず、『会計人コース』という月刊誌。こちらは税理士や会計士を目指す人が読んでいる雑誌です。現在1年間『ゆるっと 開業DIARY』という連載をしています。

 次に『KaikeiZine』というメディアで1年半以上、「税理士になるまでのこと」「税理士がやっていること」「税理士になってからの日々」を書いています。

 あとは、某会社に所属している人向けに税金の話や確定申告の仕方などを2018年2月から月2本のペースで書いています。

 さらに最近『HUPRO』というメディアで連載がはじまりました。

渡辺:すごい! 連載を4本も抱えていらっしゃるのですね!もはや売れっ子ライターじゃないですか。

脇田:もう、締め切りが……いつも大変です(笑)

 2015年には『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本 』という書籍を出しました。出版に関しては、執筆し終わったあとの、発売されるまでの時間が一番怖かったです。「どういう反応が来るのか」と考えると、ずっと恐かったですね。嬉しかったのは、実名で活動をしているので、メディアに取り上げられたときに高校の同級生が久しぶりに連絡をしてくれたこと! 出版記念パーティーにもたくさんの知人、友人が駆け付けてくださいました。

渡辺:実名で活動していると大変なことも多いですが、私も今まで出会った人たちから「さきちゃんの記事、読んだよ!」「変わらず元気そうな姿を見ることができてよかった!」と連絡が来るのが本当にうれしいです。これからも知人、友人に会うたびいい報告がたくさんできるように頑張りたいです。

脇田弥輝さんの著書『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本』

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本

チェックする

私をきっかけに税金に興味を持っていただけたらうれしい

渡辺:税理士試験に合格し、実務経験を積んで開業された脇田さん。今後の目標についてはいかがでしょうか?

脇田:お客さまを増やすというよりは、自分を選んでくださったお客様と長くいい関係を築いていきたいと思っています。

 そして、これからは執筆の仕事やメディアへの露出を増やしていきたい! 一般の方にも税金の知識を持っていただくきっかけになれればうれしいと思っています。「脇田さんが話すなら聞いてみようかな」と興味を持っていただけるような人間になりたい。税理士でテレビに出ている人は少ないので、取り上げていただける機会が増えるように頑張っていきたいです!

 今度テレビ埼玉に出演することになったのですが、地上波のテレビに出るのがずっと夢だったので、とても楽しみです。私は埼玉県出身なので、どれくらいの反響があるか、同級生に気付いてもらえるか(笑)。生放送なので緊張していますが、頑張ります!

脇田弥輝税理士事務所の公式ホームページ

インタビューを終えて…

出産後、一から勉強して税理士の資格試験に合格。そこからさらに、実務経験を積んで開業したことまで……脇田さんの貴重な体験談を伺うことができました。

結婚や出産をきっかけにキャリアを諦める女性も多いですが、脇田さんのように出産後、新しいことに挑戦してみるという選択肢もあります。努力次第では難関な資格をパスすることのできると実証してくださった脇田さんのお話は、聞いているだけで前向きな気持ちになれました!

そして、仕事をバリバリこなすだけではなく、家族との時間やコミュニケーションを大切にされていて、まさに両立がこなす素晴らしい女性だなと感銘を受けました。子どもと過ごせる時間が限られているなか、その成長過程を間近で見れるというメリットを考えると、自宅を職場にするというのもひとつの選択肢だと思いました。今回の脇田さんのお話は、将来の働き方に悩んでいる方の大きなヒントになったのではないでしょうか?

「All our dreams can come true if we have the courage to pursue them.(夢を追いかける勇気こそが,夢を叶える。)」

子育てをしながら、自分のやりたいことに向かってまっすぐ進んだ脇田さん。

続ける勇気を持つことは簡単なことではありませんが、「やり抜く力」を身に付けることは今後の人生の財産になってくるはずです。既に苦労をされてきたから、執筆やTV出演など新しい仕事のオファーがきても、戸惑うことなく楽しみながら取り組むことができるのかもしれませんね!

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


「やりたい仕事」ではなく「できる仕事」に視点を。キャリアップの近道とは?

「やりたい仕事」ではなく「できる仕事」に視点を。キャリアップの近道とは?

仕事で大成功を収めている人たちの中には、とにかく努力し続けてきた人と、自分が「できる仕事」で結果を伸ばした人たちがいます。そこで今回は、自分のキャリアについて悩んでいる人に知ってもらいたい「できる仕事」に視点を置く理由について、紹介していきたいと思います。


「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

15歳から芸能界という世界で活躍してきた咲嬉さん(旧:瀬戸早妃)が、会社を設立し、アパレル・セレクトショップ「mon trésor」を立ち上げました。コンセプトは“身につけることによって人生がより華やかに、心が前向きになれるお洋服”。その着想とブランドに込めた思いを聞きました。


最新の投稿


信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

どうすれば夢や目標が叶うまでの日々を楽しく生きられるのか……ゆっくり、一緒に考えてまいりましょう♩


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング