【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯14

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯14

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第14回目は「自立心と恋の終末」について。


♯シャネル、アーサーとの破局

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャネルはアーサーというパートナーの献身的なサポートのおかげもあり、自身の商才を伸ばしていきます。もともとシャネルは時流を読むことが得意。世の中に今何を求められているのかを素早くキャッチし、それをビジネスとしてアウトプットしていく才能に長けていました。しかし、どんなにシャネルに才能豊かな一面があっても、世間一般的に女性が自立して働くことはまだ、異例中の異例という時代。社会がシャネルの生き方を許さなかった時代だったのです。

そんな折に出会った魅力的なパートナーであるアーサーは、シャネルそのものの生き方を認め、愛すことのできる唯一無二の異性でした。彼の精神的・物理的な支援のおかげで、シャネルは自身の才能を開花させていくことができます。自分自身でお金を稼いで生きていきたいとずっと望んでいたシャネルにとってアーサーは本当にかけがえのないパートナーだったのですね。しかし……。

シャネルがどんどん自分の手を離れて自立していく様子を目の当たりにしたアーサー。心のどこかで「シャネルは僕がいなくても一人で生きていけるのか……」と、えも言われぬ寂しさを覚えたのではないでしょうか。結果的に彼はシャネルとは全く別の魅力を持ち、社会的地位のある女性と結婚をすることになりました。

♯引き際の美学すらも覆した、愛しい人

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

強烈に引き寄せられる二人が選んだ結末が決別。シャネル自身も、自分が自立をするほどにアーサーの心が少しずつ離れていっているのを予感したのでしょうか。別の人と結婚をすることを承諾したのか、その真偽は定かではありませんがこういった言葉を残しています。

「恋の終わりは、自分から立ち去ること」

きっと、アーサーが抱えていた寂しさも理解をしていたからこそ、自分と一緒にいることが苦痛になった彼を引き止めることもなく送り出したのではないでしょうか。しかし、それでもシャネルは自分史上もっとも愛した異性を失った直後は、どうにもできないほど苦しく、辛く、離れがたい思いをしたようで……。結婚後も何度かアーサーと逢瀬を重ねることもあったようですね。道ならぬ情事があったかどうかまでは史実として明らかにはされていませんが、少なくとも二人にはまだお互いに対する熱い情熱を抱えていたということは明白だったのではないでしょうか。

♯突然の死による別れ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

晩年、シャネルは雑誌のインタビューで自身の恋愛観について先の名言を伝えています。しかし、この言葉にはまだ続きあるのをご存知ですか?

「 立ち去る勇気が持てないときは、いつも死によって引き裂かれた 」

シャネルは恋愛においては引き際が大事と言いながらも、どうしても人生でもっとも愛したアーサーを自分の手で手放すことができませんでした。いけないとは思いつつも、彼との関係を断ち切れないままでいたそのタイミングで、アーサーは交通事故に遭い突然彼女の前からいなくなってしまったのです。実は、この数十年後に出会うもう一人の最愛の恋人とも彼女は死別をするのですが、晩年に発言したこの言葉は哀しくも寂しいシャネルならではの人生そのものを物語っていますね。

恋をして、幸せな人生を歩むこともできた。シャネル本人がそれを望もうと思えば、いくらでもそのチャンスはあった。でも、そのチャンスを前に彼女がいつも選んだ道は、自分の力で地に足をつけて生きることでした。それでも彼とだったら……と思えた相手とは、もう二度と会えない距離にまで離れてしまったことで、彼女は半ば強制的に自立した人生を歩まざるを得なかったのではないでしょうか。シャネルの類稀なる才能は、孤独な人生を歩むことと引き換えに天から与えられた、悲しくも美しいギフトだったのかもしれません。

♯自立とは

自立して生きるというのは、自分の一切に責任を持つこと。自分の力で稼ぐ、自分の力で生き抜いていく。とても強く壮大な目標を持っている人は素晴らしいと思います。しかし、もう1つ大切なことを覚えておいてください。人は、どんな人でも弱い生き物だということを。

女性も男性も大人も子どもも関係なく、人はだれかに甘えて寄り添って、頼られて生きていきたいと願う生き物。自立して生きる強さを求めるあまり、その弱さをはねのけて生きていこうとすると、誰もあなたを頼れなくなってしまいます。シャネルの生き方は、誰が見ても素晴らしいものでしたが当の本人は、晩年になればなるほど孤独を感じていたのではないでしょうか。孤独だったからこそ、あそこまでの世界的に有名な作品を作ることができたと思えば、なるべくしてなった人生だったのかもしれません。

でも、それが全ての人に当てはまる「幸せのかたち」とは限らないのです。ぜひ、シャネルの人生を通してご自身の幸せのあり方にも向き合ってみてください。

Back Number

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


スキルアップだけじゃない! 仕事のセンスの磨き方

スキルアップだけじゃない! 仕事のセンスの磨き方

センスは生まれ持った才能でもなければ、スキルによって磨かれるものではありません。正しいセンスの磨き方って一体なんなのでしょう?


今の仕事を続けていて将来は明るい?見極める、たったひとつの方法|MY WORK ヒント#73

今の仕事を続けていて将来は明るい?見極める、たったひとつの方法|MY WORK ヒント#73

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第73回目は、人生の方向転換をする時に注目したいことについてです。


「夢を追いかける勇気こそが、夢を叶える」 ウーマンダイアローグ#13

「夢を追いかける勇気こそが、夢を叶える」 ウーマンダイアローグ#13

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、税理士の脇田弥輝(わきたみき)さん。仕事、家事、育児を両立されている、素敵な女性です!子育てと並行して税理士試験に挑戦した過去や自宅に事務所を構えたことについてお話を伺いました。


最新の投稿


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング