飲みに行くと怒ってしまう彼氏。うまく理解してもらえるようになるには?

飲みに行くと怒ってしまう彼氏。うまく理解してもらえるようになるには?

飲み会に行こうとすると嫌がり怒ってしまう彼氏……。けれど、どうしても飲み会にいきたい時もある。そんなときに大切なのは「彼氏を不安にさせないこと」です。では、彼が嫌がる飲み会に参加する時には、どういった点に気をつけるのが正解なのでしょうか?


彼氏ができても、男友達は大事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大人になると、お酒の付き合いは増えるものです。
同性だけが集まる女子会の場合もあれば、仕事の飲み会などで異性がいることも。もちろん、長い付き合いの男友達と「飲みに行こう!」と話題になることもあるでしょう。

けれど、飲み会への参加に好意的でない恋人がいると少し「行きづらい」と感じる人も多いようです。本当は飲み会に行きたいけど、遠慮しちゃって行けない……なんて困っている人も多いのではないでしょうか?
付き合いもありますし、彼氏ができたからといって大事な男友達と疎遠になる必要もないので、恋人からの制限にストレスを感じてしまうこともあります。友達や会社での飲み会に参加するだけなのに、機嫌が悪くなったり、怒る……なんていう束縛強めの恋人がいた場合、どう対応するべきなのでしょう。
「たまには彼氏に縛られず、気ままに飲みに行きたい」
そう思った時に実践すべきことについて考えていきたいと思います。

飲み会に行くときは事前連絡を

彼氏にしてみれば、お酒の席は心配要素だらけ。
「酔った勢いで変なことをされてしまうのではないか」「そのまま浮気に発展してしまうのではないか」などと“もしも”を考えたらキリがなく、マイナス思考が働いてしまうこともあります。

心配されたり、怒ってしまうからといって、あえて彼には言わず出かけるという方もいらっしゃるかもしれませんが、実はココに問題が。事前に伝えず飲み会に行ってしまった=やましいことがあるから秘密にしていた、という発想になってしまう可能性が。もし隠していたことがバレたときには、「黙って他の男と飲んでいた」という事実が先に伝わり、たとえ何も心配するようなことがなかったとしても、疑いたくなってしまいます。

事前に連絡するにしても「飲み会に参加する」のような曖昧な表現だと、どんな飲み会なのかがわからず、不安になってしまう人もいるので、その飲み会が会社の飲み会なのか、友達との飲み会なのか。自分以外にどういった関係の人が集まっているのかを伝えておきましょう。仲の良い男友達の場合は、普段から話をして名前を覚えさせておくのも大切です。

飲み会中に連絡を都度いれる

飲み会に参加していない彼氏は、その場の様子が気になるあまりスマホチェックが激しくなっているはずです。ここは少し面倒ではありますが、都度連絡を入れましょう。

「~のお店にいるよ」や「~を食べているよ」や「あなたの話をしたらいい人だねって言われたよ」など、無難な内容で問題ありません。きちんとあなたを気にしています、ということが伝わることが大切です。

ただ、連絡の頻度ばかりを気にかけていると飲み会を楽しむことができませんよね。飲み会の相手にも失礼になってしまいます。なので連絡をするタイミングは、始まる前・飲み会中(トイレなどで席を立った時)・終わった後などの合間を使うことがベストです。

帰宅時間を伝える

飲み会中、盛り上がってしまい時計を見るのを忘れて、夜遅くになってしまうこともあるでしょう。けれど、それは彼の心配をさらに煽る行為だと考えておいて。朝帰りになってしまったり、迎えに来てもらうとなると、彼氏から信頼されることはありません。

余計に飲み会への参加を嫌がる原因になってしまいます。そうならないように、しっかりと帰宅時間を決めておき、その時間を越す場合には理由を連絡しておくことです。
次第に、信頼が生まれて多少の遅刻は許容してもらえるようになるはずです。なので慣れないうちは、自制心を強く保ち、時間を意識しておいてくださいね。

彼氏が厳しすぎるのであれば、別れるも視野に入れておこう

飲み会に行くのを嫌がる彼氏。
良い意味で捉えると「とても愛されている」ということではありますが、束縛の理由は「自分の自信の無さ」から来ていることもあります。大好きな人が自分の目の届かない場所に行ってしまうことが心配で、束縛したくなってしまう……その気持ちは理解できますが、激しい束縛はお互いを疲れさせてうまくいかなくなってしまう可能性も高く、次第に息苦しくなってしまいます。

良い大人なのですから、あまりにも厳しいようなら別れるのも視野に入れておきましょう。全てを彼の言う通りにしていると、パワーバランスが崩れて自分の負担は増える一方です。

そうならないためにも、対処法をきちんと実践して、信頼をできる相手になるように務めていきたいですね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


恋愛 飲み会 嫉妬

関連する投稿


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

好きな人を大事にしたい気持ちが強くなると、関係性が窮屈になりがち。でも、実は本当にすべきなのは期待や心配をかけるより相手を「信頼する」ことです。今回は、人を信頼する大切さについてご紹介。


彼にも料理をしてほしい…!彼を料理好きに変身させるための指導テク

彼にも料理をしてほしい…!彼を料理好きに変身させるための指導テク

「なんで私ばかり料理してるんだろう?」「たまには彼にも料理をしてほしい」女性なら誰しも一度はパートナにこう思ったことがあるのではないでしょうか。 とはいえ、料理好きでない限りなかなか男性は料理に対して消極的なもの。そこで今回は、彼を料理好きにする3つの方法をご紹介します。


最新の投稿


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


RANKING


>>総合人気ランキング