飲みに行くと怒ってしまう彼氏。どうしても行きたいときの対処法は?

飲みに行くと怒ってしまう彼氏。どうしても行きたいときの対処法は?

飲み会に行こうとすると嫌がり怒ってしまう彼氏……。でもどうしても行きたい飲み会はある! そんなときに大切なのが、彼氏を不安にさせないことです。では、彼が嫌がる飲み会に参加する時には、どういった点に気をつけていれば良いのでしょうか?


彼氏ができても、男友達は大事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大人になるとお酒の付き合いは増えていきます。
女子だけの女性会のときもあれば、仕事の飲み会などで男性がいることももちろん。とくに自分とあまり親しくない異性がいる場合には、恋人がいると行きづらくなってしまうものです。飲み会に行きたくても行けない……なんて困っている人も多いのではないでしょうか?

仕事の付き合いもありますし、彼氏ができたからといって男友達とは友達でなくなるわけでもないので、そういった制限がかかることにストレスを感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、彼氏は飲み会に行くのを嫌がります。友達や会社での飲み会に参加するだけなのに、機嫌が悪くなったり、怒る……なんていう束縛エピソードを耳にしたこともきっと皆さんあるはずです。

たまには、彼氏に縛られず、気ままに飲みに行きたい。そう思った時に実践すべき対処法をご紹介します。

飲み会に行くときは事前報告を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

彼氏にとってみればお酒の席は、誰が相手でも関係ありません。
「酔った勢いで変なことをされてしまうのではないか」「そのまま浮気に発展してしまうのではないか」などともしもを考えたらキリがなく、心配事が多いはずです。

心配されたり、怒ってしまうからといって、あえて言わないようにしてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんが、実はここに問題が。男性にとっては言わないで飲み会に行ってしまう方が余計心配になってしまいます。もし隠していたことばバレたときは、黙って他の男と飲んでたという事実が先に脳裏に伝わり、たとえ何も心配するようなことがなかったとしても疑いたくなってしまいます。

事前に報告するにしても「飲み会に参加する」のような曖昧な表現だと、彼氏もどんな飲み会なのかわからず、不安にさせてしまいます。会社の飲み会なのか? 友達の飲み会なのか? など、どういう集まりの飲み会なのか伝えるようにしましょう。
また、よく飲む男友達なのであれば、普段から話をして名前を覚えさせておくことで、あらかじめ免疫をつけることができます。

飲み会中に連絡を都度いれる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

飲み会に参加していない彼氏は、その場の様子が気になりマイナス思考になるばかり。ここは少々面倒ではありますが、都度連絡を入れてあげることが彼氏のためです。
「~のお店にいるよ」や「~を食べているよ」や「あなたの話をしたらいい人だねって言われたよ」など、無難な内容で問題ないです。

ただ、あまりに連絡しあうと飲み会を楽しめませんし、相手にも失礼になってしまいます。なので連絡をするタイミングは、始まる前・飲み会中(トイレなどで席を立つ時)・終わった後に連絡を入れるがオススメです。

帰宅時間を伝える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

飲み会をすると、ついつい楽しくて時間が長くなり、気づいたら夜遅くになっていたということがあります。とは言っても、盛り上がりすぎて朝帰りになってしまったり、迎えに来てもらうこととなると彼氏から信頼されることはありません。余計に飲み会への参加を嫌がり怒ってしまう原因にもなってしまいます。そうならないように、しっかりと帰宅時間を決めましょう。

そして、決めた時間はしっかり守ることが大切です。途中で帰ることになってしまうかもしれませんが、ここは自制心を強く保つことです。しばらく守り続けていれば、だんだんと信頼が貯まり、多少遅くなっても許してもらえるようになっていきます。

彼氏が厳しすぎるのであれば、別れるも視野に入れておこう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

飲み会に行くのを嫌がる彼氏。良い意味で考えれば、とても愛されているという考え方になりますが、束縛の理由は自分の自信の無さから来ているかもしれません。大好きな人が自分の目の届かない場所に行ってしまうことが心配で、束縛したくなってしまう気持ちはわからないことはないですが、お互いに疲れてうまくいかなくなる可能性も高く、徐々に息苦しくなってしまいます。
良い大人なのですから、あまりにも厳しいようなら別れるのも視野に入れておくべきです。全てを彼のいう通りにしていると、パワーバランスが崩れて自分の負担が増えるばかり。


とはいえ、できれば円満でいたいものです。
であれば対処法をきちんと実践し、信頼をできる相手になる行動に務めることです。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


恋愛 飲み会 嫉妬

関連する投稿


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第96回目は、ペンネームBOOさんのリクエスト、「男性の責め方を知りたい」というというご質問の回答です。


社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」

社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」

社内恋愛はNGだと決めつけていませんか? 「出会いがない」と嘆いている人は社内に目を向けてみるのもアリかも(もちろん社内規則は事前に確認を!)。今回は男性が、リアルにときめいた職場での出来事について直撃しました。男性心理を理解して、気になる彼からの“ドキッ”を手に入れましょう。


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング