その言い方は避けて! 人に嫌われやすい地雷フレーズ

その言い方は避けて! 人に嫌われやすい地雷フレーズ

自分は嫌味を言ったつもじゃないのに、なぜか相手を怒らせてしまったり気まずい雰囲気になってしまった……という経験はありませんか? 言葉一つで相手と親密度が上がることもあれば、瞬時に距離を空けられてしまうこともあります。今回は、つい言ってしまいがちな“地雷フレーズ”をご紹介。


「そんなつもりで言ったんじゃないのに……」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なんの気なしに口にした一言で、相手をムッとさせたり、怒らせたりしまったりという気まずい経験をしたことはありますか? 「自分はそんなつもりで言っていない」と後からフォローしたとしても一度言葉のやりとりでねじれると、人間関係の修復には時間がかかってしまうものです。

「自分はそんなつもりで言っていない」のであれば、最初から誤解を生む発言は避けるべき! 今回は、人との会話では使うのを避けてほしい“地雷フレーズ”についてご紹介! 無意識に使っている人はご注意を。

避けるべき地雷フレーズ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「そんなこと言った覚えはない」

自分は言った覚えはなくても、相手が「そう言った」と主張しているとき「そんなことはない」と否定していませんか? 言った・言わない問題はどんな関係の人でも起こることではありますが、頭ごなしに否定するのは信頼を失ってしまう原因になりかねません。
自分が言葉を相手が誤解して受け取っていることもあります。勘違いさせた言い方に問題があったかもしれないと考え、「言い方が悪かったかも知れない」と一歩引いた態度を示しましょう。

「そんなことも知らないの?」

上司が言ってしまいやすいフレーズです。自分の知っていることは、相手も知っているのが当然だという思考があるからこの発言に繋がるのです。ニュースでたくさん取り上げられている話題だとしても、誰しもが、必ず知っていることだとは限りません。

コミュニケーションは共通の話題があれば楽しい空気になることもありますが、知らない情報を交換することで刺激が生まれることもあります。もし、仕事をするに当たって、知っておいた方が良い情報であるならば「そんなことも知らないの?」ではなく「知っておくと役立つから教えるね」と説明してあげましょう。

「みんなそう言ってるよ」

人に忠告をするときに、自分の意見ではなく「みんな」の意見として伝えるのは基本的にNGと考えてください。同調圧力をかけられているようで、卑怯な行動だと思われます。「みんな」と言われると相手は反論ができないうえに「みんな」から悪く思われていると傷ついてしまいます。

そもそも、自分の周囲にいる人の数人での会話を「みんな」と表現するのも、正しいとは言えません。調査データなどを用いた会話でない限り、仕事のシーンで「みんな」というワードを使うのは適切ではないのです。もし相手に何かを忠告するのであれば、自分の意見として伝えるのが大人の対応です。

「参考になりました」

感謝のつもり述べた言葉も、実は相手をムッとさせてしまう原因になり得ます。その中で代表的なのが「参考になりました」という言葉です。上から目線のような印象を相手に与えてしまい、目上の人に対して使用するには失礼な表現なのです。

“参考”とはあくまで手掛かりや助けのこと。言われた側は「参考程度にしかなっていない」と気分を悪くすることもあるので気を付けましょう。返す時は「大変勉強になりました」と伝えるのが正解です。

「本当はこんなこと言いたくないのだけど」

「本当は言いたくないのに、あえて言います」ということを表している言葉です。ビジネスシーンでは、本当は自分の口から言いたくないことも、口に出さなければいけない時があります。

けれども、この言葉を前置きに使ってしまうことで、「こんなこと言わせるのはあなたが悪い」と相手を責めている印象になるだけではなく、「言いたくないのなら、言わないで」と反発されることもあります。その後にアドバイスをしたとしても、その嫌な前置きがあると相手は聞く耳をもつことができません。アドバイスをしたいのであれば、もっとストレートに伝えてあげましょう。

言葉選び一つで、相手の捉え方は変わる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

言葉はとても繊細なもの。使い方を間違えると、簡単に人を傷つけてしまいます。

「いつも一言多い」、「それは言わなくてもいいことだよ」と人から指摘されたことのある人は、話す前に「これは言っても大丈夫なことなのか?」と一度考えるクセをつけるようにしましょう。言葉一つで捉え方は変わりますが、その逆に、使い方を誤らなければ好感度もグンと上がります。ぜひ日々の会話で意識してみてくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

皆さんには苦手な上司や顧客などに頭を悩まされた経験がありませんか? 人間関係についての悩み事は、絶えることがありません。今回は、心理学で用いられる「態度の類似性」についてご紹介。洋服を変えるだけで、苦手な上司との距離が近づくかも⁈ ぜひ参考にしてみてくださいね。


素直に「ごめんなさい」が言えない!? 職場にいる謝らない人の心理

素直に「ごめんなさい」が言えない!? 職場にいる謝らない人の心理

素直に謝ればコトが大きくならずに済むのに、なぜか自分が悪いのに謝らない人っていますよね。謝らないことで人間関係がこじれたり、職場の空気が悪くなることもあります。今回は謝らない人の心理について考えていきます。


品は、言葉でつくられる 大和(やまと)言葉の使い方

品は、言葉でつくられる 大和(やまと)言葉の使い方

洋服やメイクで外見がきれいな女性はたくさんいるけれど、言葉遣いが悪くてがっかり…。 という残念な人にはなりたくない。 時折つかう言葉を「大和(やまと)言葉」にして言葉遣いも美しい女性になりましょう。


最新の投稿


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

まだまだ冷房の中にいる9月。冷房の中でデスクワークを続けているとどうしても足のむくみが気になりませんか? そんな足のむくみは、毎日のケアが必要になってきます。休憩時間や帰宅時を利用して、すっきりとむくみを流してあげましょう。そこでむくみケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング