やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


仕事がこなせるのと、仕事を獲得するのは別問題

フリーランスになってから、実感するようになったこと——。

それは、「与えられた仕事をこなせるのと、仕事そのものを獲得できるのは、まったくの別問題である」という営業面についてです。与えたれた作業は、とても素晴らしくこなせるけれど、そもそも仕事を取ってくるのが苦手だという方も多いのではないでしょうか?

そんな私も、過去を振り返るとたくさんの失敗をしました。
すべての仕事がトントン拍子に決まったわけではなく、「ああ、これは時間を使ったけれど成果が出なかったな…」と後から後悔することもあります。

そこで今回は、あまり効果がなかったと思う営業活動方法についてご紹介したいと思います。

1. セミナーや交流会に参加しまくる

まずひとつめは、セミナーや交流会に参加しまくったことです。もちろん、それをきっかけに仕事が増えたり人脈が広がったりすることもあるかもしれませんが、私の結論としてはセミナーや交流会は、本当にたまーーにで良いと思っています。参加した数に比例して、チャンスが転がっているわけではない。と表現した方がわかりやすいでしょうか。

「何か良いヒットに巡り会えるかもしれない!」「名刺をたくさん持って、営業しよう!」と意気込んで毎週のようにセミナーや交流会に行っていた時期があるのですが、あるとき気づいたのです。

——みんな同じ気持ちで来ている、と。

そう、私と同じようにみんな何かチャンスが落ちているのではないか?と外部にヒントを求めにくるのです。講師をしている人、参加している人、名刺交換をした人。残念ながら、セミナーや交流会の中にチャンスは落ちていないと思います。なぜなら、チャンスは「自分の中」にあるからです。

答えを探してチャンスを期待して参加するより、自分の中で方向性を考えてコツコツ積み重ねる方が未来に繋がると思います。

2. 過度なブランディングを作る

もうひとつは、過度なブランディングです。「ブランディングが大事」だと、一回は聞いたことがあるのではないでしょうか。何も個性がない人には仕事は来ない、あなたの肩書きはなんですか?と。

もちろん、ブランディングを考えることはとても大切だと思います。しかし、過去に自分で考え過ぎたからこそ感じるのは、「ありのままの自分」が自然とブランディングになる。ということです。

自分の強みはきっとこれだ!と、「〇〇ライター」と名乗っていた時もありますが、今はそれをやめて臨機応変に柔らかく考えるようにしました。これは、ライターに限らずですが、「〇〇専門家」と名乗っていたとしても、最終的にイメージや肩書きを決めるのは、世間様です。

自分で作りこんで視野を狭くしてしまうより、広い視点で仕事をすることで、柔軟な提案ができたり面白い発想ができたりするかもしれないですよね。

名刺のデザイン(カラーやフォント)ひとつにもこだわり過ぎていた過去ですが、それよりなにより、「またこの人に会ってみたい」「この人と何かしたい」と思われるような人間性を磨くことの方が大切なのでは?と感じています。

内を磨けば、運気が集まる!

頑張っても頑張っても空回りな時は、ふと足を止めて深呼吸をしてみましょう。答えを探すのではなく、自分らしさを見つけるのが仕事の近道かもしれません。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

『不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術』を出版した、フリーランスのWebライター、山口恵理香さん。14歳の頃に経験した不登校と適応障害という過去を全てさらけ出し、「生きづらさ」を原動力としてきた、彼女のこれまでに迫ります。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング