1年以内に離職する人が急増。新入社員が抱える悩みと解決策とは?

1年以内に離職する人が急増。新入社員が抱える悩みと解決策とは?

新入社員の「10人に1人」は1年以内に辞めてしまうという、悲しい結果があるのをご存知でしょうか? なぜ辞めてしまうのか。退職理由はそれぞれでしょうが、早々に辞める決断をする前に、先輩の私たちに何かできることはないのでしょうか。 今回は新入社員にありがちな悩みと解決策についてご紹介します。


新入社員の「10人に1人」は1年以内に辞めてしまう

多くの会社では4月になると新入社員を迎えます。
そんな大きな変化から、4月はもっとも活気に溢れている時期といっても過言ではないでしょう。これまでは「後輩」として親しまれてきた人たちも、後輩を迎えるにあたって、ワクワクに加えてちょっとした緊張感を感じたはず。

けれど、2015年の厚生労働省の調査を見てみると、新入社員の「10人に1人」は1年以内に辞めてしまう悲しい結果がでています。以前から新入社員は「3年で3割が辞める」といわれていますが、それよりももっと短い結果に辞めてしまう人が増えているのです。実際に、筆者の大学の同級生の数名も、入社半年で退職を選びました。

なぜ辞めてしまうのか……。
理由はそれぞれでしょうが、先輩の私たちに何かできることはないのでしょうか? 今回は新入社員にありがちな悩みと解決策についてご紹介します。

先輩・上司との見えない壁がある

新入社員が抱える悩みの一つに「人間関係」があります。学生時代とは違い、職場にはいろいろな年代・考え方の人がいます。特に、これまでアルバイト経験がなく入社した人は人間関係に悩みやすい傾向があり、たとえ先輩・上司が近い関係で接していたとしても、新入社員は遠い存在のように感じてしまいます。

また、うまく人間関係をつくっている同期をみてみても、悩むは次第に増えている様子。やがて会社で「自分の居場所」がなくなり、疎外感を感じるようになるのだとか。社内に精神的フォローをしてくれる人がいないと思いこんでしまっているため、上司や同期ではなく、友人に相談する回数が増えていきます。

この時はまさに「隣の芝は青い」状態。
うまくいっているようにみえる、同世代の友人と自分を比較してさらに落ち込んでしまいます。同年代の友人に相談することによって「それは辛いね。転職したら?」と転職をすすめられることもあり、辞めてしまうことが多いといわれています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先輩・上司にできることは率先して声かけをするということです。

先輩や上司が受け身の態勢でいると、新入社員は歩み寄ることができません。これまではわからないことがあったらすぐに聞くのが当たり前だったかも知れません。しかし、入社してそれほど経っていない新入社員からすると、質問をすることのハードルが高く感じてしまいます。
なので「あなたを気にしていますよ」とわかるようにしてあげることが大切。関心を持って聞いてあげることで安心して相談できる場ができ、適切なフォローを行えるようになります。

仕事がうまくいかない悩み

興味や憧れがあって入社したものの、実際に仕事し始めると思うように上手くいかず「私はこの仕事が向いていない」と感じるように。先輩社員を見よう見まねでやっているつもりでも、電話対応のように全く同じ内容では上手くいかないケースがあります。
もちろん新入社員も「どうすれば良いのか」を考えますが、経験が少ないこともあり自分だけで解決することは難しく課題は山積みに。

しかも仕事が出来ていないという自覚だけはあるので、自分が質問をすれば先輩社員等に「さらに迷惑をかけてしまう」と考え、自分から質問できない状況に陥ってしまっている新入社員も少なくないのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先輩・上司としてできることは、具体的な改善点を新入社員のやり方に合わせて基づいてわかりやすく指導することです。そして上手くできたならば積極的に褒めることも忘れずに。入社してばかりの社員に自信をつけることで、どんどんと意欲が出てステップアップするように成長していきます。経験がない分、たくさん吸収して大きく成長できるのが新入社員の良い所なのです。

まとめ

2つの悩みに共通していえることは率先して新入社員に関わることが大切だということです。

繰り返しになりますが、上司・先輩と新入社員には見えない壁が存在しています。まずは社会人として活躍する上司・先輩が率先して壁を乗り越え、右も左もわからない新入社員たちに手を差し伸べてあげること。

今、みなさんの周りにも悩みを抱えたままの社員がいるかも知れません。よく観察し、言いにくそうであればこっそり聞いてあげるなどをして、時間を取ってあげてくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


ゆとり世代・悟り世代への上手な教え方は?心理学から見た部下の上手な育て方

ゆとり世代・悟り世代への上手な教え方は?心理学から見た部下の上手な育て方

世代間ギャップが話題になることの多い昨今ですが、年齢差のある部下に仕事を教えなければならない時にはどうすれば良いのでしょうか? 今回は、心理学でみた部下の上手な育て方について考えていきたいと思います。


褒めて育てるor厳しいスパルタ? 部下の成長を促す「オペラント条件付け」

褒めて育てるor厳しいスパルタ? 部下の成長を促す「オペラント条件付け」

人間は、良いことをして褒められると、再度褒められたいがために、良いことを繰り返し行うようになります。この心理傾向を「オペラント条件付け」と呼びますが、この心理を使うことで、部下を上手に指導することができるようになります。部下の成長を促すマネジメント法を学んでいきましょう。


頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

周囲の環境はどんどん変わっていくいくのに、なぜか自分だけは、人に認めてもらえない。そんな人は「なぜ自分だけが?」と気になることでしょう。その場合は、もしかしたら周囲へのアピール方法を変える必要あるかも知れません。今回は、人に評価されるコツについてご紹介します。


服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

皆さんには苦手な上司や顧客などに頭を悩まされた経験がありませんか? 人間関係についての悩み事は、絶えることがありません。今回は、心理学で用いられる「態度の類似性」についてご紹介。洋服を変えるだけで、苦手な上司との距離が近づくかも⁈ ぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


婚活疲れしているあなたへ ~「運命の出会い」を考える~

婚活疲れしているあなたへ ~「運命の出会い」を考える~

前向きに婚活しているにも関わらず、結婚につながる出会いがない…! と、いつの間にか婚活疲れしていませんか? 今回は「出会い」についてを見直したいと思います。


グローバルな”できる女”は違う!他と圧倒的差をつけるために必要なものとは?

グローバルな”できる女”は違う!他と圧倒的差をつけるために必要なものとは?

いくら仕事ができて、器量があったとしても、他の人と圧倒的な差をつけるにはどうしたらいいだろうか。今後グローバルな“できる女”に必要なのは、まだまだ日本では広く浸透しきっていない世界の知識です。徹底的に研究して、オリンピックまでに“できる女”として周囲との差を広げてみては?


自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。


翌朝のベース違う! クリスマス前に仕込むスペシャルなスキンケア&ボディケア

翌朝のベース違う! クリスマス前に仕込むスペシャルなスキンケア&ボディケア

彼とのデートを控えている人、必見♡ クリスマスに向けてやるべきスペシャルなスキンケア、ボディケアを紹介します。


自分じゃどうすることもできない。解決できない悩みとの向き合い方

自分じゃどうすることもできない。解決できない悩みとの向き合い方

みなさんそれぞれに「悩み」はあるはずです。けれど、時にはその悩みに解決策がない時や、自分ではどうしようもできない場合もありますよね。そんな解決できない悩みに出会った時は、どうやって付き合っていけば良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング