アドラーの心理学から学ぶ「ありのままの自分」を受け入れる必要性

アドラーの心理学から学ぶ「ありのままの自分」を受け入れる必要性

みなさんは、何かしら劣等感を抱えていませんか?しかし、「ありのままの自分」を受け入れることで、もっと明るく前へ踏み出すことが出来ます。その考えを提示したのは心理学者アドラー。「ありのままの自分」とは一体なんなのでしょうか?


「自己啓発の父」と言われている、オーストラリアの心理学者、アドラー。大ヒットした『嫌われる勇気』でも、アドラー心理学を詳しく解説していたりと現在の自己啓発の基礎となる考え方です。

数あるアドラーの残した考え方で今回着目するのは「劣等感」について。
みなさんは、仕事ができる人や美人な人と自分を比べてしまい「なんで自分はこんなにダメなんだろう……」と考えてしまった経験はありませんか?
自分が劣っているという気持ちが強くなりすぎると、自分を責めてしまったり、時にはその気持ちをごまかすために相手を攻撃したり嫉妬したりしてしまいます。そんなことをしたとしても状況は変わらない、そう理解しているにも関わらず、です。では、どんな風に思考を変えたらもっと明るく、前向きに過ごすことができるようになるのでしょうか?

『嫌われる勇気』から学ぶ、男が手放したくない女になる方法

https://cinq.style/articles/305

135万部のベストセラーで、TVドラマ化した『嫌われる勇気』から、あなたが男に逃げられない魅力的な女性に変身する方法論を考えてみたいと思います。この本の考え方のベースになっているのは"アドラー心理学"。 このアドラー心理学を理解し、上手に活用すれば、悩めるあなたの幸せ度がぐんとアップする。

ありのままの自分を受け入れる「自己受容」

@_masmin_

例えば、年齢を重ねていくうちに「あと数十年若かったらもっと別の仕事をするのに」と、考えたとします。それは、「若かったら」という、今持っていない年齢という数字に焦点を当てて、それを理由にあきらめているのです。

ありのままの自分でいようというのは、こういった「今持っていないもの」に執着するのではなく、今のままの自分で前に進もうという意味です。ありのままの自分で、つまりは今の年齢、今の自分の状態で、夢を追いかけようと考えることです。

しかし「ありのままの自分」では人に認めてもらえないのでは? 人に嫌われてしまうのでは? と、思うかもしれません。

ですが、人の視線を気にして生きていくというのは、とても生きずらいこと。自分が望む人生を貫くのは障壁もありますし、嫌われることもある。それって当然のことなのです。自分を無理によく見せること必要もなければ、誰にだって自分の思いを主張する権利はあります。そういう意味で、ありのままの自分でいようと考えてみることです。

「自己肯定」とは似てるようで違う

アドラーが考える「自己受容」に似たような言葉で「自己肯定」というものがあります。
しかし、字面は似ていても、意味合いは大きく違っています。

「自己肯定」には、自分ができていない部分についても「自分はなんでもできるんだ」と100点評価を与えて励ます意味合いが込められています。

しかし「自己受容」は、自分が仮に30点であっても問題はなく、先ほど申し上げた「ありのままの自分」にOKを出すことです。

自己肯定をし自分を高めることはもともとポジティブな人であれば、力を発揮しますが、劣等感を抱えている人にとっては自分自身に変なプレッシャーを与えることになってしまいます。30点である自分を自己受容し、自分のことを好きになる。それが悩める私たちにとって必要なことといえます。

「自己受容」はスタートライン

ありのままの自分を受け入れることは、他のことに目を向けるきっかけとなります。

ありのままの自分を受け入れることで、関心を外へ向けて、新しいことに挑戦することができるところが、私たちのスタートライン。人生一度きりですから、たくさん挑戦をし、自分を成長させるためにも、まずは「ありのままの自分」を受け入れることをはじめてみませんか?
上手くいかないときの、内向きな負のサイクルにはお別れを。

マリリン・モンローから学ぶ、"劣等感" の活かし方

https://cinq.style/articles/915

数多く活躍する女優の中でも、500年に1人の逸材として名高い、マリリン・モンローには「劣等感」が常にあったのだとか。彼女の生き方から読み解く、劣等感を魅力へと変化する方法とは。






この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


考え方 心理学

関連する投稿


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


「見た目で判断される」はどこまで?自分の評価を上げる小物テクニック

「見た目で判断される」はどこまで?自分の評価を上げる小物テクニック

「人は見た目が大事」と言われることが多くありますが、なぜそこまで見た目が大事だと思いますか? 「見た目で判断される」が一体どれほどのものなのか、そして自分の評価を上げるためには実際どうすれば良いのかを解説していきます。


あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

あなたが嫌われやすいポイントがわかる! 大人の心理テスト

「あれ、なんか避けられてる?」自分に思い当たる節はなくても、なぜか人から嫌われたり、避けられてしまうことがあります。でもそれってなぜなのでしょうか? そんなモヤモヤを、深層心理がわかるテストで解説していきます。


デキる人は色を使い分ける! 色彩心理学でなりたい自分を引き寄せる方法

デキる人は色を使い分ける! 色彩心理学でなりたい自分を引き寄せる方法

皆さんは色彩心理学を知っていますか? 色が持つパワーが人間の心理に作用するというもので、これは自分が作りたい印象をつくるのに役立ってくれるものです。目的に合わせた色選びで、好印象を引き寄せていきましょう。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング