女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

働いている女性はマイノリティではなくなってきましたが、それでもまだ、男性が多い職場は多いものです。配属された部署や、会社が男性が大半だった場合、そこに放り込まれた女性はどう立ち振る舞えば良いのでしょういか? 男性が多い職場での女性の振る舞いについて考えていきましょう。


男性ばっかりの職場(部署)に放たれた女性はどうすれば良い?

働く女性が増えてきたと言われている昨今ですが、それでも男性が多い会社はまだまだ多いのが実情。女性が働きやすい職場かなと期待して入社したハズなのに、ほとんどが男性社員だった……なんてことも少なくはありません。

女性同士の争いはなく、過ごしやすそうだと感じる一方で、セクハラをされたり、雑用ばかりで大きな仕事を任せてもらえない……などと悩みを抱えている女性もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、「男性が多い職場での女性の振る舞い」について考えてみましょう。

女性が職場に残ることはまだまだ"マイノリティ"である現実

https://cinq.style/articles/282

働く女性は比率的に見ても増えていますが、実際は転職をしたり、雇用形態を変えたりと同じ職場に残って働いている女性はまだまだ少ないようです。ごく変わらず正社員として働き続けるにはどうしたらどうしたら良いのでしょうか?

可愛がってもらえる……なんて期待しない!

男性が多い職場に女性がひとり入ると、逆ハレーム的なシチュエーションに「甘えられる」と一見期待してしまいがち。けれど、女性だから許してもらえるであろう、なんて油断は禁物。男性が多い職場だからこそ、男性の扱いには気をつけて。露出も控えて、男性に媚びているような印象がつかないように要注意。

同じ職場だからといって下心を持って近づいてくる男性がいないとは限りません。もしそんな人がいたら、注目の的になってしまったり、変な目で見られたりと会社に居づらい状況を作ってしまいます。職場は職場、とハッキリ割り切って平等な評価を求めるようにしましょう。

身だしなみに気をつける

もちろん服装などの身だしなみに気を配る必要もあります。男性ばかりの職場にいると、女性としてのビジネスルールがあやふやになっていることもあり、あまり服装などに関して注意されることはないかもしれません。けれど、セクハラなどの被害を防ぐためには、見た目からの武装も決して忘れてはいけないのです。露出は最小限に控えて、キッチリとした服装で仕事に向かいましょう。

「多少のセクハラは許してくれそう」と、見た目で判断されてしまわないように、自分の身は自分で守る必要があるのです。職場の男性社員たちと仲良くなるのももちろん大事ですが、時には一匹狼で過ごすことも忘れずに。

スルースキルを身につける

男性社員の中に「嫌いな人」が出てくることもあるかもしれません。厄介な言いがかりをつけてきたり、やたらと自分の仕事に口を挟んできたり……。けれどそんな時には「スルーする」というスキルを高めておくことが大切です。
男性と女性は脳の作りも違っているだけでなく、体力や筋力にも差があります。男性と真っ向勝負をしようと思っても、なかなか勝てるわけがありません。イライラしてもうまくかわせるよう、冷静にいることに努めましょう。

女性ならではの気配りや心配りは最強の武器に

周囲の男性と差をつけるには、女性ならではの強みを活かすほかありません。社内で自分の声が通りづらかったとしても、社外の人にはその気配りや心配りは伝わります。
メールの返信方法であったり、直接あった時の対応だったり。そういった印象の良さは後々大きな財産になります。長い目でみた時に、仕事としてかえってくることもあるので、他にはない繊細な女性らしさは存分に発揮すると良いでしょう。

自分なりの仕事を見つける

仕事に関しても、男性と同じ領域で仕事をするより自分流の仕事を見つけた方が働きやすくなるでしょう。男性なりの仕事の取り方と、女性の仕事の取り方はイコールではないからです。
どんな職場でも同じですが、自分のスタイルというものは人それぞれ違います。
男性と女性は物事の捉え方や脳の構造が違うため、男性が多い職場環境であるのであれば、なおさら働き方を変えた方が、比べられることなく過ごせるはずです。

体力をつける

そして大事なことが体力をつけることです。
男性が多い職場は、生理や貧血など、女性特有の辛さをなかなか理解してくれません。そしてそれを大きな声で訴えることもできないので、辛い・しんどいと感じる場面も多いはずです。本当に疲れが溜まっているときや体が不調な場合はしっかりと休養をとることが大切ですが、メリハリをつけて過ごす必要があります。基本的な体力はつけておいて損はありません。

違いを理解して、うまく付き合って

男女平等がどれだけ叫ばれていても、男性と女性には体の構造に違いがあるためどうしても理不尽を感じるような出来事が生まれてしまいます。そして、どちらが良い・悪いだけの問題でないこともたくさんあるのです。まずは違いを理解して、うまく付き合っていけるための知識を武器にしていきましょう。男性が多い職場で過ごすことのメリットももちろんあるので、どんな職場を選ぶかは自分次第。どうしても辛いことがあった時には、転職を選ぶのも手段なので、マイナスに受け止めすぎずに頑張っていきましょう!






この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア 女性 職場環境

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

20代後半から親族や友人、同僚の赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ることが多いものです。でも、お祝いしたい気持ちはあるのに忙しくて「忘れてた、どうしよう…」という状況になる人も意外と多いものです。今回は出産祝いが遅くなってしまった時の対処法をご紹介します。


女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性の副業の中でも人気が高い「美容モニター」について美容モニター歴1年以上のCinq編集部ライターが、おすすめ「美容モニターサイト」を4つご紹介します。始める際の注意点や、向いている人や向いていない人についてもまとめてみました。ぜひご参考にしてみてください。


乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

夏でも、アルコールや手洗いで指先が乾燥してしまいがち。保湿とUVカットできる美白*ハンドクリームがあれば、美しい手元を保てます!SPF14以上のSNSで人気商品の中から試してよかったおすすめの逸品をご紹介します!


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング