女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

働いている女性はマイノリティではなくなってきましたが、それでもまだ、男性が多い職場は多いものです。配属された部署や、会社が男性が大半だった場合、そこに放り込まれた女性はどう立ち振る舞えば良いのでしょういか? 男性が多い職場での女性の振る舞いについて考えていきましょう。


男性ばっかりの職場(部署)に放たれた女性はどうすれば良い?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

働く女性が増えてきたと言われている昨今ですが、それでも男性が多い会社はまだまだ多いのが実情。女性が働きやすい職場かなと期待して入社したハズなのに、ほとんどが男性社員だった……なんてことも少なくはありません。

女性同士の争いはなく、過ごしやすそうだと感じる一方で、セクハラをされたり、雑用ばかりで大きな仕事を任せてもらえない……などと悩みを抱えている女性もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、「男性が多い職場での女性の振る舞い」について考えてみましょう。

女性が職場に残ることはまだまだ"マイノリティ"である現実

https://cinq.style/articles/282

働く女性は比率的に見ても増えていますが、実際は転職をしたり、雇用形態を変えたりと同じ職場に残って働いている女性はまだまだ少ないようです。ごく変わらず正社員として働き続けるにはどうしたらどうしたら良いのでしょうか?

可愛がってもらえる……なんて期待しない!

男性が多い職場に女性がひとり入ると、逆ハレーム的なシチュエーションに「甘えられる」と一見期待してしまいがち。けれど、女性だから許してもらえるであろう、なんて油断は禁物。男性が多い職場だからこそ、男性の扱いには気をつけて。露出も控えて、男性に媚びているような印象がつかないように要注意。

同じ職場だからといって下心を持って近づいてくる男性がいないとは限りません。もしそんな人がいたら、注目の的になってしまったり、変な目で見られたりと会社に居づらい状況を作ってしまいます。職場は職場、とハッキリ割り切って平等な評価を求めるようにしましょう。

身だしなみに気をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もちろん服装などの身だしなみに気を配る必要もあります。男性ばかりの職場にいると、女性としてのビジネスルールがあやふやになっていることもあり、あまり服装などに関して注意されることはないかもしれません。けれど、セクハラなどの被害を防ぐためには、見た目からの武装も決して忘れてはいけないのです。露出は最小限に控えて、キッチリとした服装で仕事に向かいましょう。

「多少のセクハラは許してくれそう」と、見た目で判断されてしまわないように、自分の身は自分で守る必要があるのです。職場の男性社員たちと仲良くなるのももちろん大事ですが、時には一匹狼で過ごすことも忘れずに。

スルースキルを身につける

男性社員の中に「嫌いな人」が出てくることもあるかもしれません。厄介な言いがかりをつけてきたり、やたらと自分の仕事に口を挟んできたり……。けれどそんな時には「スルーする」というスキルを高めておくことが大切です。
男性と女性は脳の作りも違っているだけでなく、体力や筋力にも差があります。男性と真っ向勝負をしようと思っても、なかなか勝てるわけがありません。イライラしてもうまくかわせるよう、冷静にいることに努めましょう。

女性ならではの気配りや心配りは最強の武器に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

周囲の男性と差をつけるには、女性ならではの強みを活かすほかありません。社内で自分の声が通りづらかったとしても、社外の人にはその気配りや心配りは伝わります。
メールの返信方法であったり、直接あった時の対応だったり。そういった印象の良さは後々大きな財産になります。長い目でみた時に、仕事としてかえってくることもあるので、他にはない繊細な女性らしさは存分に発揮すると良いでしょう。

自分なりの仕事を見つける

仕事に関しても、男性と同じ領域で仕事をするより自分流の仕事を見つけた方が働きやすくなるでしょう。男性なりの仕事の取り方と、女性の仕事の取り方はイコールではないからです。
どんな職場でも同じですが、自分のスタイルというものは人それぞれ違います。
男性と女性は物事の捉え方や脳の構造が違うため、男性が多い職場環境であるのであれば、なおさら働き方を変えた方が、比べられることなく過ごせるはずです。

体力をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして大事なことが体力をつけることです。
男性が多い職場は、生理や貧血など、女性特有の辛さをなかなか理解してくれません。そしてそれを大きな声で訴えることもできないので、辛い・しんどいと感じる場面も多いはずです。本当に疲れが溜まっているときや体が不調な場合はしっかりと休養をとることが大切ですが、メリハリをつけて過ごす必要があります。基本的な体力はつけておいて損はありません。

違いを理解して、うまく付き合って

男女平等がどれだけ叫ばれていても、男性と女性には体の構造に違いがあるためどうしても理不尽を感じるような出来事が生まれてしまいます。そして、どちらが良い・悪いだけの問題でないこともたくさんあるのです。まずは違いを理解して、うまく付き合っていけるための知識を武器にしていきましょう。男性が多い職場で過ごすことのメリットももちろんあるので、どんな職場を選ぶかは自分次第。どうしても辛いことがあった時には、転職を選ぶのも手段なので、マイナスに受け止めすぎずに頑張っていきましょう!

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア 女性 職場環境

関連する投稿


「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第84回目は、相手の本音を探るヒントについてです。


「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第83回目は、自分の向いていることを探すヒントについてです。


人材業界を16年経験した元キャリアアドバイザーが、今お伝えできること

人材業界を16年経験した元キャリアアドバイザーが、今お伝えできること

「転職したい」と考える人は多いものです。けれど無計画に転職活動を始めるのはとても危険なこと。3,000名以上の転職者の転職活動に携わった、元キャリアアドバイザーが、“業界の裏側”について話します。これをきっかけに「転職すること」について真剣に考えてみましょう。


「私がやらないと…」と言う思い込みを捨てると楽になる|MY WORK ヒント#82

「私がやらないと…」と言う思い込みを捨てると楽になる|MY WORK ヒント#82

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第82回目は、責任感の強い女性が感じやすいプレッシャーが軽減する考え方についてです。


4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律の1つである「働き方改革関連法案」をご存知でしょうか? 有給休暇5日間取得の義務化など、私たち労働者であれば誰しが知っておきたい内容です。この機会にどんな内容なのか、確認してみましょう。


最新の投稿


法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

みなさんは法人と個人事業主の違いがしっかりとわかっているでしょうか? フリーランスで働いている人や、起業を考えている人にはぜひ知っておいて欲しい違いがあります。わかりやすく解説していきましょう。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

鏡をよーく見てみたら、フェイスラインがむくんで大ピンチ! そんなむくみやすい女子のお助けアイテムとして紹介したいのが「カッサ」です。一時は話題になったことのアイテムも、使うのが面倒くさい……と眠ったままになってはいませんか。漢方精油と一緒に使うことで簡単にむくみ対策リフトアップ! 正しい使い方を身に着けてみて。


RANKING


>>総合人気ランキング