瞳の奥からキラキラ輝いている!今この瞬間を楽しめている女性の特徴

瞳の奥からキラキラ輝いている!今この瞬間を楽しめている女性の特徴

今という瞬間を楽しめている女性の瞳は、いつもキラキラしている。未来を不安がる時間があるなら、今だからできることをたくさん楽しみましょう。


瞳の奥が、誰よりも輝いている

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚も出産もしていない。自ら望んで今の状況に入ったわけではなくても、希望を捨てずに、今を思いきり楽しんでいる女性たちが、たくさんいらっしゃいます。

今という瞬間を丁寧に生きている女性の瞳は、誰よりも輝いていますよね。今回は、今この瞬間を楽しめている女性の特徴をご紹介します。

恋愛以外の話の方が多く、しかも楽しそうに話す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性同士が集まると、普通なら「彼氏が~」「いい人いなくて~」と、いわゆるガールズトークになりがちです。しかし一定の年齢を過ぎ、ほどよく執着を手放せるようになると、少しずつ恋愛以外の話で盛り上がれるようになります。

お互いの仕事について近況を話したり、趣味の話をしたり……。誰よりも輝いていて、しかも今この瞬間を楽しめている女性は、恋愛だけにとらわれていません。決して諦めているわけではなく、ただ婚活をガツガツはじめるよりも自然体でいられる時間を優先しているのです。

「ダンスの発表会があるから、スタジオを借りて個人練習をしているの」「フラメンコを習いたいからスペイン語を勉強しはじめた」など、意識を高くもちながら過ごしているのが伝わってくるのです。

プライベートでもチャレンジ精神を忘れない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先日、お会いした学生時代の先輩は、なんとおひとり様ディズニーを楽しんできたと話していました。おひとり様スキルも夢の国まで行けるようになると、世界観が変わってきそうですよね。

「アトラクションは乗りづらいけど、パレードは、ひとりでいても周りからは見られないんだよ!」「夢の国だから楽しめるスイーツが、あの場所にはたくさんあるよね」と話している先輩の姿は、とても綺麗に見えました。

プライベートでもチャレンジ精神を忘れない女性って、素敵だと思いませんか?本来なら仕事だけで精一杯だからプライベートはゆるく……と、勝手に自分の限界を設定したくなりますが、お休みの日でも積極的に山に登りに行ったり、ひとり旅に行ったりしている女性の姿を間近でみると、自分ももっと人生を楽しみたいと思えるようになりますね。

習い事が趣味の領域を超えている

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ある友人は、ダンスにハマっています。彼女のお仕事は、ただでさえ体力勝負のお仕事。筆者だったら休日は夕方まで寝てしまいかねないのに、彼女はお休みの日も朝からダンススタジオへ通っています。

発表会にも積極的に参加し、自宅でも全身鏡を置いて踊っているそうです。先日、会ったときは「もっとたくさん通いたいから、通い放題のプランにしたの!」と話してくれました。しかも、一つの校舎(スタジオ)だけにとどまらず、東京・横浜の各スタジオに通っては踊っているそうです。

習い事が趣味の領域を超えはじめると、もう「かっこいい」しか言葉がでてきません。しかも仕事と同じくらい、ひょっとするとそれ以上の熱量をもちながらダンスへ通っている姿をみると、自分も彼女のように今を楽しみたいと思わざるを得ない状況に。

もちろん彼女の瞳は、誰よりも輝いています。内面からにじみ出る美しさは、ここまでひとりの女性をキラキラにさせるものなのだと、友人の姿を見ながら感じました。

結婚や出産に対する不安がないわけじゃない。でも、今を楽しむって大事♡

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今この瞬間を楽しめている女性たちの中には、結婚や出産に対して不安を抱えている人もいます。自分がしっかりしすぎると、今度はどんなパートナーを選べばいいのかも分からなくなってしまうものですよね。

でも恋愛や結婚だけは、自分の意思だけではどうにもならず、こればかりはご縁です。タイミングも、大事でしょう。

未来を不安がる時間があるなら、今を楽しく過ごす。仕事も真面目に。遊びも真面目に。そして、どんなときもチャレンジ精神を忘れずにいれば、自分の世界も広がり、きっと今の自分を「素敵ですね」と認めてくれる人があらわれます。

「今」という瞬間を、駆け抜けましょう♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


女性 自信 自分磨き

関連する投稿


女性におすすめの仕事をご紹介!長く安定した職に就きたい人へ

女性におすすめの仕事をご紹介!長く安定した職に就きたい人へ

「長く安定した職に就きたい」と考えていませんか?出産後も職場復帰して、女性だって仕事を楽しみのひとつにしたいですよね。さらには、AIに代替される仕事も増えるであろうことから、人にしかできない職に就くことも視野に入れておきたいもの。そこで今回は、長く安定して働ける「女性におすすめの仕事」を5つご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

働いている女性はマイノリティではなくなってきましたが、それでもまだ、男性が多い職場は多いものです。配属された部署や、会社が男性が大半だった場合、そこに放り込まれた女性はどう立ち振る舞えば良いのでしょういか? 男性が多い職場での女性の振る舞いについて考えていきましょう。


最新の投稿


その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

彼氏との喧嘩。とっても気まずいし、早く仲直りしたい。けどうまい対処が出来ず、また喧嘩……そんなことってありますよね? どうしたら彼氏と喧嘩したときにすっと仲直り出来るのか。恋愛メンタリストがうまい仲直り方法について解説します。これをマスターしておけばもう彼氏との喧嘩も怖くないし、繰り返さない!


上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

どんなに働いても、仕事ができる人はたくさんいる。自分以上に夢を叶えられている人も、数えきれないほど。上を見上げすぎても、苦しさの原因に。ありのままの自分を、愛しませんか?


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回はベーコン×フルーツのパンイチです。 少し意外な組み合わせかと思いますが、甘塩っぱい味は病みつきになること間違いなし!


「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第93回目は、騎乗位がうまくできない女性に向けたノウハウです。


RANKING


>>総合人気ランキング