時間は有限!本来の仕事とSNS更新を両立させるために気をつけたいこと

時間は有限!本来の仕事とSNS更新を両立させるために気をつけたいこと

本来の仕事とSNSの更新業務。二つの仕事を同時進行で進めていくって意外と大変。SNSに対して、いつも高いモチベーションをもてるわけでもないし……。疲れない範囲で、目の前の仕事を進めてまいりましょう。


本来の仕事を進めながら、SNSも更新するって意外としんどい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

Webライター歴6年目に入りますが、SNSについては、まだまだ研究中の身。フリーランス女子に限らず、会社員の方でも本来の業務とは別にSNSを更新している方もいらっしゃるでしょう。

たとえば、Webライターの場合はサイトに載せる記事を書くのが本来の業務であって、SNSはあくまでもメインのお仕事ではありません。

ただ今の時代背景を考えると「私はSNSが嫌いなので致しません」とは宣言できないのも事実ではないでしょうか。

24時間という限られた時間の中で、仕事とSNS更新を続けていくためには、精神的に潰れないように工夫をする必要があります。今回は、本来の仕事とSNS更新を両立させるために気をつけたいことをご紹介します。

SNSのための写真撮影とお出かけの目的が逆になりすぎないように気をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

SNSの中でも写真が重視されているのはInstagram。オシャレな写真が大集合していて、デザインやインテリアの勉強ツールとしても使えます。

しかし自分のSNSを盛り上げようと、オシャレな写真を撮るのに夢中で、せっかくのお休みが仕事っぽい雰囲気になっていませんか?

ONとOFFの境目を気にしていると、たしかに仕事はできなくなりますが、SNSの写真を撮影するのに夢中で、お出かけする(リフレッシュする)という目的が逆にならないように気をつけましょう。

たとえば「今日はお休みの日」と決めたなら、彼と一緒に出かける。その間は、あまり写真にもこだわらずに、オシャレなものがあったら少し撮影する程度におさえます。

SNSに載せるための写真を撮りたい気分なら、彼ではなく、自分と同じようにSNS更新をお仕事として(あるいは本気で)、がんばっている人を誘い、一緒に撮影を進めていった方が、よりメリハリがつきやすくなります。

いきなり更新するではなく、スキマ時間で原稿を書いておく(ストックしておく)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

SNSを更新するのは、言葉も写真も慎重に選ばなくてはいけません。いわゆる「炎上」ばかり狙っていても、仕事が成立しなくなってしまいます。あくまでも自分のアカウントをフォローしてくれる人たち、あるいはチェックしてくれる人たちが「この人の世界観って素敵だなぁ」と思えるように、作り込む必要があります。

Webライターの場合は、文章を書くお仕事ですから、どうしてもInstagramよりもTwitter重視(テキスト重視)になります。ただし、そのときの勢いで書くというよりも、できればスキマ時間でSNS用の原稿を書き、ストックをしておくと更新する手間も少し省くことができます。

Instagramを更新するときも、一度、文章を別の場所に書き起こしてみると、より反応が得られやすいかもしれませんね。

SNSの方向性を決める(似ている人、憧れの人をリストアップしておく)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事とSNSの更新作業を同時に進めていくうえで、心が折れる瞬間は何度もあります。たとえば、自分は「この言葉は届くだろう」と思いながら載せても、そのときのタイミング次第では反応が悪かったり、数字が伸びなかったりします。

一方「えっ?」と思うような投稿をしている人には、なぜかフォロワーがついていたりと、自分の信念をもっていなければ、SNS更新は続けられません。

心が折れかけたときに助けてくれるのは、憧れの人のアカウント。もしくは目指していきたい方向性にすでに辿り着いている人のアカウントです。

その人の世界観に近づいていくためには、自分は何が足りないのか。どういう写真が必要なのかを考えているうちに、モチベーションも少しずつ復活しているはず。

ダラダラチェックは時間の無駄!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事とSNS更新をこれからも続けていくためには、ダラダラチェックが習慣にならないように気をつけましょう。

ライバルを研究したいなら、スマートフォンだけではなくノートとペンも横に置いて、そのアカウントの分析をはじめます。貴重な時間をすべてSNSに奪われないように、ご自身なりの対策を考えてみてください♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


SNS 仕事 両立 効率化

関連する投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

やならければいけないことがあっても、仕事をお願いされるとつい引き受けてしまう。断ると嫌な人って思われそう、なんて不安を抱いている人いませんか? 時にはきちんと拒否をすることも大切。相手に嫌な思いをさせない断り方を身につけましょう。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング