人が行列を作る心理を使いこなす「希少性」について

人が行列を作る心理を使いこなす「希少性」について

人が列を作る心理を活用して、自分の価値を高めましょう! 今回は「希少性」というキーワードをもとに、人が集まる理由と自分の価値を高めて人気を集める方法を学びましょう。


改元があり、御朱印を求める人が何時間も列をなしたという報道がされました。また、特別セールで商品を取り合う姿がニュースで流れることも、行列のできるラーメン屋さんが話題になることもあります。最近ではタピオカ屋さんが一気に増え、どの店舗にも人の列を作っていますね。

このように、人が列を作る心理はどこにあるのでしょうか? これがわかれば、あなたの会社にもお客様が列を作るはずです。

「希少性」で購買心理を高める

そこにある心理は「希少性」です。珍しいものや手に入らないものは欲しくなるという効果です。例えば、骨とう品ですが、何億円の値が付くことがあります。絵画だと何十億円です。これが「希少性」で、手に入りにくいものは貴重に思えて、価値あるもの考えるようになる心理です。

希少性にはどのような効果があるのでしょうか?
クッキーの味を評価してもらう希少性についての実験がありました。実験の被験者は以下の4つのグループに分かれ、どのクッキーが美味しかったかを評価しました。
【グループA】
びんの中の10個のうちの1個のクッキーを食べさせた。
【グループB】びんの中の2個のうちの1個のクッキーを食べさせた。
【グループC】クッキー10個が入ったびんを見せた後、他の被験者が食べたと伝え、残り2個のうちの1個のクッキーを食べさせた。
【グループD】クッキー10個が入ったびんを見せた後、スタッフの手違いだったということで8個を取 り出し、残りの2個のうちの1個のクッキーを食べさせた。

その結果、グループCの人々が最もクッキーが美味しいと評価しました。これによって、残りが少ない方が、たくさんある中から与えられるよりも美味しく感じるという結果になりました。希少性には価値を高める効果があることが証明されたのです。そして、他の被験者の存在が価値を高めることがわかりました。

希少性が働いた例

以前、品薄になって、購入するために長蛇の列になったケースがあります。例えば、ダッコちゃん、フラフープ、たまごっち、スーパーファミコン、ドラゴンクエストのソフトなどです。また、トイレットペーパーやお米も品薄になったことがあります。どこに行っても品物がなくて、これらの価値が高くなったのです。

心理的リアクタンス

希少性の心理は、「心理的リアクタンス」によるものだと説明できます。リアクタンスとは“抵抗”のことであり、禁止されたことに反発して逆にそのことをしてしまう心理のこと。
人間は昔から弾圧に対して戦ってきました。このように私たちは自由に行動したいという心理があり、これを禁止された場合、人は自由の獲得するために反発して戦ってきましたが、これも心理的リアクタンスによるものです。
皆さんの中には、「ロミオとジュリエット効果」という心理効果をご存知いらっしゃるかもしれません。ロミオとジュリエットは周囲の反対を押し切って恋に落ちてしまいます。周囲の反対が恋心に火をつけて燃え上がらせたのです。
同じように、顧客は購入する自由を制限され、心理的リアクタンスによる反発から購入意識を高めるのです。

「希少性の原理」の活用法

希少性の原理(と心理的リアクタンス)は、非常に効果の高い誘導法になりえます。私たちは、希少性の圧力を十分に理解しているにもかかわらず、その圧力になかなか抵抗できないないのです。
行列のできるラーメン屋さんは「スープが無くなり次第閉店します」などと、販売を制限している場合があります。食べる自由を奪われて、反発して食べたくて仕方なくなってしまうのです。また、特別セールは、このチャンスを逃すとその金額で購入する自由を奪われて、買いに走るのです。
「整理券は7時から配ります」というような張り紙や「先着100名様限り」というチラシのキャッチコピーが希少性を狙った展開です。あなたの会社やお店で使えるテクニックです。

希少性を促進する方法

実験でも競争相手の存在が価値を高めることがわかりました。つまり、他の購入希望者の存在によって購買意欲は高まります。オークションでも競争相手がいると、金額がドンドン上がっていきます。ラーメン屋さんも特別セールも御朱印を求めるときも同じ心理が働きます。

「影響力の武器」という心理マーケティングの書籍の事例を紹介しましょう。アメリカの通信販売のテレビ番組の最後には「みなさんのお電話をお待ちします」というメッセージをするのが定番でしたが、コリーン・スショットというマーケターがこのメッセージを「電話がつながらない時には、もう一度電話をかけ直してください」と変更したそうです。我々のイメージでは失礼な感じがしますが、メッセージを変えただけで、売上が10%も増やしたそうです。「もう一度電話をしてください」と言われると、購入希望者が大勢いることをイメージすると述べています。

まとめ

行列のできるラーメン屋さんや特別セールのように顧客が購入できるチャンスを制限し、競争相手をイメージさせることでお客様が列を作るようになるということです。皆さんのお仕事でもこの心理を活用されると売上げは伸びることでしょう。

参考文書
影響力の武器 実践編 R・Bチャルディーニ 誠信書房

この記事のライター

メンタルナビ代表・認定心理士です。
心理学の素晴らしさをお伝えするため、書籍やweb記事の執筆とアドバイスをしています。

関連する投稿


【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

職業選択をする時に、「自分の適正を知りたい」と思う人は多いはずです。自分の性格を可視化して、向いている・向いていない仕事を割り振るのに参考になるからです。今回は、人気のある診断ツールを紹介。自分をもっと深く知りたいと思う人は、ぜひチェックしてみてください。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


心の美しさがオーラに直結する♡誰よりも輝いている女性の魅力のヒミツ

心の美しさがオーラに直結する♡誰よりも輝いている女性の魅力のヒミツ

誰よりも輝いている女性は、瞳がキレイ。人知れず努力を重ねているからこそ、キラキラと輝いているのでしょう。今回は、誰よりも輝いている女性の魅力のヒミツをご紹介します。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


最新の投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

「使い勝手が悪い…」「こんな機能のあるアイテムが欲しい」。暮らしの中で「もっと」を求めてしまうことってよくありますよね。今回はCinq取材陣が、文具の最先端をいく『第30回 国際 文具・紙製品展 ISOT(イソット)』で発見した、最新の高機能アイテムをご紹介! これがあればあなたの生活が少し楽になるかも?!


RANKING


>>総合人気ランキング