頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

周囲の環境はどんどん変わっていくいくのに、なぜか自分だけは、人に認めてもらえない。そんな人は「なぜ自分だけが?」と気になることでしょう。その場合は、もしかしたら周囲へのアピール方法を変える必要あるかも知れません。今回は、人に評価されるコツについてご紹介します。


認められなくてモヤモヤ......

いつも頑張っているのに、評価されないし、昇給もない。
周りの環境はどんどん変わっていくのに、自分だけはずっと同じ場所。

こんなことに気づいたら、焦るどころか、やる気も下がり気味に…。「なぜ自分だけが認めてもらえないのか?」つい気になってしまいますよね。

他人から「評価される対象」になるにはどうすれば良いでしょう。単純に頑張りが足りない、これだけが一概の原因ではないはず。今回は、今の頑張りが正当に評価されるためのコツについてご紹介します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

評価されるのはこんな人

「頑張っているのに、評価されない」という人は、自己アピール力を磨く必要があります。

上司といえども、全てのことが見えているわけではありません。自分の頑張りや成果は、自分で評価するものではなく他人がするもの。ですがそれが目に見えづらい場合や、なかなか人に気づいてもらえない場合には積極的に成果の「報告」をするべきです。

なかなかハードルが高いように感じるかもしれません。ですが、これは仕事の基本と言われる「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」の一つ。成功事例を共有することなので、仕事でもプラスに働いてくれるに違いありません。

大切なのは、自分の仕事の「頑張り」を感情論で伝えるのではなくあくまで「施策と結果」を報告すること。これで、自然なアピールができます。

評価されるポイントは大きく分けて3つ。年代や役割によって磨くべきポイントは異なりますので、今の自分に何が足りていないのか、チェックしましょう。

信頼できる

上司や先輩からかわいがられる「親しみやすさ」を身につけましょう。親しみやすさは、若い頃に持っておくとかなり有利です。仕事に食わず嫌いをせず、まずは挑戦をすることが大切です。

人は、誰かに仕事を依頼することになった場合、仕事面での力量が同じなら、話しやすい人や普段から交流の深い人に頼みたくなるものです。
スキルや実績を作っていくことはもちろんですが、周囲の人や社外の人にも自分の印象を良くしておくことが大切だということがわかります。仕事は人と人で成り立っているからです。上司の立場からすれば自分に対して素直な人間を評価したくなりますし、引き上げてやりたいという気持ちが生まれます。

専門性がある

専門性というのは、職種という意味ではなく自分の「強み」という意味です。自分自身がこれまでやってきた仕事とその経験によって身につけたスキルを通して発揮できるものは何か? 棚卸しをする必要があります。その分野においてどれほど深く思考をこらし、工夫して成果を出すことができたかがポイントです。

自分の専門性を見いだし、さりげなくアピールすることで、やりたい仕事ができるチャンスもありますし、得意分野で評価される可能性が高まります。

ミスが少ない・ミスをした時の態度がしっかりしている

仕事をする上で、多少のミスはつきものです。しかし、あまりにもミスが多いと、周囲にはどうしてもその印象が強く残ってしまいます。「ミスをする人」というイメージがついてしまうと、それを払拭するのは難しいもの。
仕事も任されにくくなり、頑張っても認められない状況ができてしまうので、ミスしたときはどうすれば改善が出来るのか? 必ず考えるようにしましょう。

また、ミスをした時に言い訳をしてしまうと逆に評価を下げることになってしまいます。
一番大切なのは、ミスをしたときは素直に認め謝罪をすること。自分をかばう発言をするような言い訳は信用されづらくなります。ミスをしたからといって人から嫌われるとは限りません。謝罪の姿勢もとても大事なものなのです。

客観的に自分を捉えよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一生懸命やった仕事だとしても、相手がその仕事に対して同じように感じるとは限らないもの。大きな組織になると、社員はたくさんいます。自分一人をずっと見ていてくれるわけではありません。ときには自分からアピールをして評価してもらう流れを作るのは大切ですし、頑張りや成果がある以上、妥当な評価を求めることは悪いことではありません。

時には頑張っても報われないこともあります。
そんな場合は、自分なりに工夫して道を切り拓いていくことも方法として「自分はこんなに頑張っている」や「どうして報われないの!」という自分中心な考えは一度捨て、客観的に何が原因なのか? を考え直すことです。
環境が問題なのか、自分の行動に問題があるのか。自分を、自分の上司になった気持ちで客観視して見てください。モヤモヤした気持ちをリセットし、評価される人を目指しましょう。




この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア 上司 自己嫌悪

関連する投稿


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


「わかったつもり」になってない?きちんと理解し、記憶に残す勉強術

「わかったつもり」になってない?きちんと理解し、記憶に残す勉強術

キャリアアップのために読書・セミナー・勉強を重ねる。それはとても大事なことではあるけれど、一度見た・聞いただけでわかったつもりになっていることってないですか?


「仕事の質問をすると怒られてしまいます...」#これってハラスメントですか?!

「仕事の質問をすると怒られてしまいます...」#これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

エビングハウスの「忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが行った記憶に関する実験で分かった結果を表したグラフの名前です。人に記憶を定着させるためには、どのような勉強法がベストなのか、実験結果から確認していきましょう。


時間が足りない…。本業の傍らで資格取得をするための、時短テク|MY WORK ヒント#2

時間が足りない…。本業の傍らで資格取得をするための、時短テク|MY WORK ヒント#2

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第2回目は、本業をこなしながら効率的に勉強する方法を考えたいと思います。


最新の投稿


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


毛穴悩みは永遠?!集中的に毛穴ケアできるアイテム3つ

毛穴悩みは永遠?!集中的に毛穴ケアできるアイテム3つ

肌悩みの中でも毛穴問題はどの年齢でも気になる模様。 スキンケアを効率的にするためにも、毛穴をキレイにケアすることは美肌への近道です。そこで今回は毛穴の集中ケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


「細かいところに気がつく!」仕事でひと手間かけられる人がやっていること

「細かいところに気がつく!」仕事でひと手間かけられる人がやっていること

とくに指定の誰かがいるわけではなくても、近くにいる人にちょっとしたお願いをしたり相談をしたくなることって誰にでもありますよね。そんなちょっとしたことでも「おっ、この人は気がきく人だなあ」と気づく瞬間ってありませんか? そんな優秀認定される人は、一体どんなことに気をつけているのでしょう。


なんでも「若さ」が有利だとは限らない!能力別でみた年齢のピークについて

なんでも「若さ」が有利だとは限らない!能力別でみた年齢のピークについて

アラサーになってくると全てが「下り坂」だなんて思っていませんか? 確かに身体能力や記憶力に関しては若い人の方が有利かも知れません……。ですが、知能に関することは、まだまだ発展途上。今回は能力別でみた年齢のピークについてご紹介します。


転職せずに年収をアップさせたい! 現職に務めたまま給与交渉するには?

転職せずに年収をアップさせたい! 現職に務めたまま給与交渉するには?

「今の会社でもっと給料が上がらないかな」。転職によって環境が変わるリスクは避けたいけれど、年収はもう少しアップさせたい。勤続年数が増えれば増えるほど、そう考えてしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、現職に務めたまま給与交渉する方法について考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング