頑張っているのに認めてもらえない……。会社で評価される人とは?

頑張っているのに認めてもらえない……。会社で評価される人とは?

周囲の環境はどんどん変わっていくいくのに、なぜか自分だけは、人に認めてもらえない。そんな人は「なぜ自分だけが?」と気になることでしょう。その場合は、もしかしたら周囲へのアピール方法を変える必要あるかも知れません。今回は、人に評価されるコツについてご紹介します。


認められなくてモヤモヤ......

いつも頑張っているのに、評価されないし、昇給もない。
周りの環境はどんどん変わっていくのに、自分だけはずっと同じ場所。

こんなことに気づいたら、焦るどころか、やる気も下がり気味に…。「なぜ自分だけが認めてもらえないのか?」つい気になってしまいますよね。

他人から「評価される対象」になるにはどうすれば良いでしょう。単純に頑張りが足りない、これだけが一概の原因ではないはず。今回は、今の頑張りが正当に評価されるためのコツについてご紹介します。

評価されるのはこんな人

@lyrique__2019

「頑張っているのに、評価されない」という人は、自己アピール力を磨く必要があります。

上司といえども、全てのことが見えているわけではありません。自分の頑張りや成果は、自分で評価するものではなく他人がするもの。ですがそれが目に見えづらい場合や、なかなか人に気づいてもらえない場合には積極的に成果の「報告」をするべきです。

なかなかハードルが高いように感じるかもしれません。ですが、これは仕事の基本と言われる「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」の一つ。成功事例を共有することなので、仕事でもプラスに働いてくれるに違いありません。

大切なのは、自分の仕事の「頑張り」を感情論で伝えるのではなくあくまで「施策と結果」を報告すること。これで、自然なアピールができます。

評価されるポイントは大きく分けて3つ。年代や役割によって磨くべきポイントは異なりますので、今の自分に何が足りていないのか、チェックしましょう。

信頼感

上司や先輩からかわいがられる「親しみやすさ」を身につけましょう。親しみやすさは、若い頃に持っておくとかなり有利です。仕事に食わず嫌いをせず、まずは挑戦をすることが大切です。

人は、誰かに仕事を依頼することになった場合、仕事面での力量が同じなら、話しやすい人や普段から交流の深い人に頼みたくなるものです。
スキルや実績を作っていくことはもちろんですが、周囲の人や社外の人にも自分の印象を良くしておくことが大切だということがわかります。仕事は人と人で成り立っているからです。上司の立場からすれば自分に対して素直な人間を評価したくなりますし、引き上げてやりたいという気持ちが生まれます。

専門性

専門性というのは、職種という意味ではなく自分の「強み」という意味です。自分自身がこれまでやってきた仕事とその経験によって身につけたスキルを通して発揮できるものは何か? 棚卸しをする必要があります。その分野においてどれほど深く思考をこらし、工夫して成果を出すことができたかがポイントです。

自分の専門性を見いだし、さりげなくアピールすることで、やりたい仕事ができるチャンスもありますし、得意分野で評価される可能性が高まります。

ミスが少ない

仕事をする上で、多少のミスはつきものです。しかし、あまりにもミスが多いと、周囲にはどうしてもその印象が強く残ってしまいます。「ミスをする人」というイメージがついてしまうと、それを払拭するのは難しいもの。
仕事も任されにくくなり、頑張っても認められない状況ができてしまうので、ミスしたときはどうすれば改善が出来るのか? 必ず考えるようにしましょう。

また、ミスをした時に言い訳をしてしまうと逆に評価を下げることになってしまいます。
一番大切なのは、ミスをしたときは素直に認め謝罪をすること。自分をかばう発言をするような人間は信用されなくなります。ミスをしたからといって人から嫌われるとは限らないのです。謝罪の姿勢もとても大事なものなのです。

客観的に自分を捉えよう

miho_styles

一生懸命やった仕事だとしても、相手がその仕事に対して同じように感じるとは限らないもの。大きな組織になると、社員はたくさんいます。自分一人をずっと見ていてくれるわけではありません。ときには自分からアピールをして評価してもらう流れを作るのは大切ですし、頑張りや成果がある以上、妥当な評価を求めることは悪いことではありません。

時には頑張っても報われないこともあります。
そんな場合は、自分なりに工夫して道を切り拓いていくことも方法として「自分はこんなに頑張っている」や「どうして報われないの!」という自分中心な考えは一度捨て、客観的に何が原因なのか? を考え直すことです。
環境が問題なのか、自分の行動に問題があるのか。自分を、自分の上司になった気持ちで客観視して見てください。モヤモヤした気持ちをリセットし、評価される人を目指しましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア 上司 自己嫌悪

関連する投稿


頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

仕事はたくさんあるのに、人員は足りないし、給料は低い。 不満もいっぱいありつつ頑張って仕事してるのに、なんで上司にまでこんなに気を遣わなきゃいけないの? 嫌われる上司と好かれる上司のパターンについてご紹介します。


トラブルが起きるのには理由がある?! 仕事でミスが起こりやすい傾向と改善

トラブルが起きるのには理由がある?! 仕事でミスが起こりやすい傾向と改善

仕事で度々トラブルに見舞われる人は、ミスを起こしやすい原因について、自分で深掘りしてみましょう。今回は、トラブルが起こりやすい3つの傾向から、ミスを繰り返さない改善方法まで紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。


少しの工夫で見えかたが変わる! 仕事がデキる女性がこっそりと工夫していること

少しの工夫で見えかたが変わる! 仕事がデキる女性がこっそりと工夫していること

仕事ができる大人の女性は、さりげない場面で本領発揮。かっこいい姿に後輩女子も、うっとりの状態。今回は、仕事ができる大人の女性がこっそりしていることをご紹介します。


【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第91回目は、働く女性が住む場所についてです。


最新の投稿


MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

マドンナがプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」が、5周年を迎えた記念に、限定キットを発売。話題のクロームクレイマスクをはじめとする、限定キットの全貌をご紹介。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

ビジョンボードとは、なりたい私や叶える夢を表すもの。今は想像の世界だけど「絶対に叶う」と信じ続けていれば、いつかはきっと現実になりますよ♩


「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

15歳から芸能界という世界で活躍してきた咲嬉さん(旧:瀬戸早妃)が、会社を設立し、アパレル・セレクトショップ「mon trésor」を立ち上げました。コンセプトは“身につけることによって人生がより華やかに、心が前向きになれるお洋服”。その着想とブランドに込めた思いを聞きました。


【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、英語の勉強に使えるおすすめの洋画についてです。


RANKING


>>総合人気ランキング