頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


仕事がデキるのは「頭が良いから」じゃない

社会人になると、仕事ができる人とそうでない人によって、評価や賞与がわかりやすく分かれます。卒業した大学のランクや頭の良さは関係なく、ゼロベースでスタート(入社)してから、伸び率が高かった人を「仕事がデキる人」と認定されるのです。つまり有名大学を卒業したから、仕事ができる人と言われるワケではない、ということ。

この記事を読んでいる方の中で、もし自分の学歴にコンプレックスを感じている人がいるのであれば、ぜひこの記事を最後まで読んでもらえると嬉しいです。今回は「仕事ができない人」と差をつける、5つの能力についてご紹介したいと思います。

「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

考える力

仕事をこなしていく上で、もっとも大切なことが「考える力」があることです。これを「コンセプチュアルスキル」と呼びます。
自分の仕事でわかりやすく成果を挙げるためには、数字としての成果が求められるからです。例えば、花形とも言われる「企画」もその内の一つ。高く設定された目標(費用対効果)に対して、どんな企画を提案すれば良いのか、またそれを実行に移すまでの計画立案(内容・スケジュール・人員配置・コストなど)はどれくらいか、しっかりと構想を練らなければなりません。また、実行にうつした後も、改善策や問題解決策を求められるため、追求して、物事を深く考える力が必要不可欠になります。

わかりやすい数字(利益や費用対効果)は、もっとも評価に結びつきやすいものです。つまり、コンセプチュアルスキルが高い人は、昇格が早い人とも言えます。

対人関係能力

対人関係能力とは、「コミュニケーション能力」のことです。
説得力を味方につけ、商談や重要な会議など、ここぞという場所で力を活躍するために必要になります。
新人であっても、上司や同僚との付き合いがありますし、会社に利益をもたらす役割である営業、部下をマネジメントする立場である部長、会社全体の方向性を指し示す社長や役員など、どんなポジションの人であっても、必ず求められるスキルです。
仕事は人と人の関係で成り立つもの。聞く力と話す力のどちらもを、バランスよく、タイミングを見計らって使い分ける必要があります。

知識・技術

あとは業務を行っていくにあたって必要な知識や技術などです。例えば、事務の仕事であれば、エクセルやワードなどのある程度のPCスキルが必要になります。営業職であるのであれば、自分が売る商品について深く知っておくことがもっとも重要ですし、技術職においては知識や技術のアップデートは欠かせません。
新人はみんな同じところからのスタート。年齢によって知識や経験がついて来るものなので、もちろん飲み込みの早さによって違いは生まれます。けれど、学べば必ず自分の強みになるものなので、知識や技術を高める習慣は必ず自分のタメになります。

ビジネスマナー

技術や知識でカバーできないもの、それがビジネスマナーです。人に何かを伝えよう! とどれだけ良い企画書を作成したとしても、そもそものビジネスマナーや言葉遣いを知らない人は、論外だと思われてしまい、聞く耳を持ってもらえません。最低限のマナーができた上で、仕事や人間関係は構築されるもの。TPOを意識すること、人に不快感を与えないことは、とても当たり前のように思えてとても大切なことです。あらゆる活動を行うに当たって、必要になる「ベース」だと考えておきましょう。

人間力

そして、忘れてはいけないのが「人間力」です。
例えば、モチベーションを一定に保つことも人間力の一つですし、粘り強さやストレスに打ち勝つ精神的な強さ、自分から学びを得ようとする姿勢などの「マインド」が人間力を形成します。
仕事をデキる人になりたい、というのであれば自ら何らかの行動を起こす他ありません。例えば、毎日をつまらないと思って淡々と過ごしている人と、日々本を何冊も読んでいる人だと、表現の違いや、知識量に圧倒的な差がつきます。メンタルのコントールも仕事をこなしていく上では欠かせません。
日々の努力が着実に、周囲との差を広げるのです。

取り組む「姿勢」が仕事力を分ける

いかがでしたか?
仕事に取り組む「姿勢」がビジネスでの伸び代を大きく変えるのです。頭が良いから、人に好かれるからなんとかなる、と努力なしに効率よく進めていく。このような甘い考えはビジネスでは通用しません。仕事に誠意を持って取り組み、成果や結果にこだわりながら、関わる人との信頼を得ていく。これがキャリアを築く一連の流れです。

「大手の会社に入社したから、生涯安心」というこれまでの考えでは今後ますます難しくなることでしょう。転職市場と自分を照らし合わせながら「どこでも戦える能力」を身につけていきましょう。

【photo】acworksさんによる写真ACからの写真

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


【頭と体を動かす】スキルアップや成長をのぞむときに意識したい3つの視点

【頭と体を動かす】スキルアップや成長をのぞむときに意識したい3つの視点

自己実現を叶えるためには、努力は欠かせません。けれど、目標がないままにがむしゃらな努力を重ねても意味がないのです。大切なのは、適切な方向に努力を重ねていくこと。今回は自己成長を求めた時に、考えたい3つの視点について紹介していきます。


無理せずタスクを全て完了させる! マルチタスクをうまくこなすコツ

無理せずタスクを全て完了させる! マルチタスクをうまくこなすコツ

打ち合わせやメールの返信、資料作りなど、同時にやらなくてはいけないことが重なっているときは一体どうすればいい? 今回は、無理せず仕事を終わらせるための「マルチタスクをこなすコツ」をご紹介します。


社会人の基礎を見直し! 間違いやすい「名刺交換マナー」について

社会人の基礎を見直し! 間違いやすい「名刺交換マナー」について

仕事関係の人に、自分を知ってもらうためのツールとして使われるのが“名刺”。常に持ち歩いているという人も多いのではないでしょうか? 新人研修などで、教わった人も多いとは思いますが、実は見よう見まねで覚えている人も多い名刺交換のマナー。本題に入る前に印象を台無しにしてしまわないよう、しっかりと学んでおきましょう!


「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

副業を認める企業も増え、自由な働き方ができるようになった今「好きなことを仕事にしたい」と思う人はどれくらいいるのでしょうか? しかし、“なんとなく”で行動に移そうとすると、思ったよりもハードルが高く、挫折してしまうこともあります。好きを仕事にするために知っておきたい5つのことをまとめました。


最新の投稿


ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

この秋はイメージを一新して、カーキを取り入れたトレンドメイクにチャレンジしてみてはいかが? 深いカラーのお洋服にも絶妙にマッチする、こなれ感のあるメイクHOW TOをご紹介。


外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第102回目は、女性がひとりで性欲を満たすことへの抵抗感について考えます。


スマートにプレゼントを贈る!“ソーシャルギフト”ってどんなサービス?

スマートにプレゼントを贈る!“ソーシャルギフト”ってどんなサービス?

職場の人や友人にちょっとしたプレゼントを贈りたいけど、いつも会う人でなければ、住所がわからない…。そんなときに活用したいのがソーシャルギフトです。コンビニで使えるものから特別な日に贈るようなアイテムまでSNSを通じて簡単にプレゼントが贈ることができるのです。


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング