頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


仕事がデキるのは「頭が良いから」じゃない

社会人になると、仕事ができる人とそうでない人によって、評価や賞与がわかりやすく分かれます。卒業した大学のランクや頭の良さは関係なく、ゼロベースでスタート(入社)してから、伸び率が高かった人を「仕事がデキる人」と認定されるのです。つまり有名大学を卒業したから、仕事ができる人と言われるワケではない、ということ。

この記事を読んでいる方の中で、もし自分の学歴にコンプレックスを感じている人がいるのであれば、ぜひこの記事を最後まで読んでもらえると嬉しいです。今回は「仕事ができない人」と差をつける、5つの能力についてご紹介したいと思います。

「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

考える力

仕事をこなしていく上で、もっとも大切なことが「考える力」があることです。これを「コンセプチュアルスキル」と呼びます。
自分の仕事でわかりやすく成果を挙げるためには、数字としての成果が求められるからです。例えば、花形とも言われる「企画」もその内の一つ。高く設定された目標(費用対効果)に対して、どんな企画を提案すれば良いのか、またそれを実行に移すまでの計画立案(内容・スケジュール・人員配置・コストなど)はどれくらいか、しっかりと構想を練らなければなりません。また、実行にうつした後も、改善策や問題解決策を求められるため、追求して、物事を深く考える力が必要不可欠になります。

わかりやすい数字(利益や費用対効果)は、もっとも評価に結びつきやすいものです。つまり、コンセプチュアルスキルが高い人は、昇格が早い人とも言えます。

対人関係能力

対人関係能力とは、「コミュニケーション能力」のことです。
説得力を味方につけ、商談や重要な会議など、ここぞという場所で力を活躍するために必要になります。
新人であっても、上司や同僚との付き合いがありますし、会社に利益をもたらす役割である営業、部下をマネジメントする立場である部長、会社全体の方向性を指し示す社長や役員など、どんなポジションの人であっても、必ず求められるスキルです。
仕事は人と人の関係で成り立つもの。聞く力と話す力のどちらもを、バランスよく、タイミングを見計らって使い分ける必要があります。

知識・技術

あとは業務を行っていくにあたって必要な知識や技術などです。例えば、事務の仕事であれば、エクセルやワードなどのある程度のPCスキルが必要になります。営業職であるのであれば、自分が売る商品について深く知っておくことがもっとも重要ですし、技術職においては知識や技術のアップデートは欠かせません。
新人はみんな同じところからのスタート。年齢によって知識や経験がついて来るものなので、もちろん飲み込みの早さによって違いは生まれます。けれど、学べば必ず自分の強みになるものなので、知識や技術を高める習慣は必ず自分のタメになります。

ビジネスマナー

技術や知識でカバーできないもの、それがビジネスマナーです。人に何かを伝えよう! とどれだけ良い企画書を作成したとしても、そもそものビジネスマナーや言葉遣いを知らない人は、論外だと思われてしまい、聞く耳を持ってもらえません。最低限のマナーができた上で、仕事や人間関係は構築されるもの。TPOを意識すること、人に不快感を与えないことは、とても当たり前のように思えてとても大切なことです。あらゆる活動を行うに当たって、必要になる「ベース」だと考えておきましょう。

人間力

そして、忘れてはいけないのが「人間力」です。
例えば、モチベーションを一定に保つことも人間力の一つですし、粘り強さやストレスに打ち勝つ精神的な強さ、自分から学びを得ようとする姿勢などの「マインド」が人間力を形成します。
仕事をデキる人になりたい、というのであれば自ら何らかの行動を起こす他ありません。例えば、毎日をつまらないと思って淡々と過ごしている人と、日々本を何冊も読んでいる人だと、表現の違いや、知識量に圧倒的な差がつきます。メンタルのコントールも仕事をこなしていく上では欠かせません。
日々の努力が着実に、周囲との差を広げるのです。

取り組む「姿勢」が仕事力を分ける

いかがでしたか?
仕事に取り組む「姿勢」がビジネスでの伸び代を大きく変えるのです。頭が良いから、人に好かれるからなんとかなる、と努力なしに効率よく進めていく。このような甘い考えはビジネスでは通用しません。仕事に誠意を持って取り組み、成果や結果にこだわりながら、関わる人との信頼を得ていく。これがキャリアを築く一連の流れです。

「大手の会社に入社したから、生涯安心」というこれまでの考えでは今後ますます難しくなることでしょう。転職市場と自分を照らし合わせながら「どこでも戦える能力」を身につけていきましょう。

【photo】acworksさんによる写真ACからの写真




この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

自身の目指す方向性を明確にするために必要だと言われているロールモデルですが、周りにその存在がなくて悩んでいる人も多いはず。理想の働き方に合ったロールモデルのタイプを決めて、ロールモデルを自分で作り出す方法があります。自分がどういった人を目指すのか、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


最新の投稿


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

「ウィルパワー」という言葉を聞いたことはありますか? ウィルパワーとは簡単にいうと“意志力”のことを指します。簡単に言うと、目標に向かって集中できることのできる力、のことです。ダイエットにも仕事にも、何かを成し遂げたいという目標がある方にはこの“意志力”が欠かせません。


覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

名前を簡単に覚えられる人と、覚えられない人の違いは一体ナニ? 今回は、挨拶や自己紹介の時に、しっかりと自分を「覚えてもらう」ための色々を紹介します。


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング