【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「お尻ケア」について紹介します。


今、 「美尻」というワードが多くのメディアで取り上げられていて、美尻を持つ美女たちがフィーチャーされています。その人たちのお尻に共通しているのが、ふっくらとした丸みとハリ感があって、キュッと上向きであるということ。
顔と同じようにお尻も年齢を重ねるごとに垂れ、ハリがなくなり、シワができるパーツなので、「後ろだから」と気を抜かず、「お尻は後ろ姿でいう顔」だと思ってしっかりとケアをすることが大切です。

磨いて、潤して、引き上げる

ざらつきのないなめらかなお尻をつくるために欠かせないのが、スクラブでの角質ケアとジェルでの保湿ケアです。お尻以外のボディパーツにも使えるスクラブやジェルを使うのも良いけれど、お尻は意外とデリケートなので、専用のコスメを使うとより効果的。

(中央)@cosme touch ヒップポリッシュ 150g ¥1600
(右)スウィートボディ ヒップケアジェル 180g 1300

スクラブは、ソルトよりもマイルドな肌あたりのシュガータイプを。「@cosme touch」のスクラブは古くなった角質をオフできるうえ、3つのイソフラボンでお尻をふっくらに。週1〜2のペースでスクラブケアすると、なめらかなお尻をキープできます。

お風呂上がりには、「スウィートボディ」で保湿を。下着を身につけてもベタベタせず、お尻にパンッとしたハリ感が出ます。毎日使うものだから、1300円とプチプラなのも嬉しい♪ お尻を下から上にグッと持ち上げながら塗ると、上向きヒップに! 

マッサージとエクササイズで上向き美尻に

美尻マッサージ

お尻は、なにもしないでいると年齢とともにどんどん垂れていきます。そうすると脚も短くなり、タイトなスカートやジーンズがキレイに履けなくなります。
そうならないように、今日から毎日お尻を引き上げるマッサージとエクササイズを取り入れて。お風呂上がりの血行が良くなっているときがベストタイミングです。

座っている時間が長かったり、冷えたりすることでお尻はカチコチに固くなります。まずは、お尻を手で揉んで柔らかくなるまでほぐします。

柔らかくほぐれたら、足の方に垂れてしまったお尻を上にかきあつめるようにグーで寄せ集めます。左右それぞれ10回ほど。

仕上げに、脂肪をギュッとつまめるギアを使ってさらに上にかきあつめます。左右それぞれ10回ほど。
この一連の流れを毎日続けることで、お尻と足の境目がくっきりして女性らしいま〜るいフォルムになり、足も長く見えるようになります。

美尻エクササイズ

壁に片手をついて、足を前後に上げ下げするエクササイズもお尻に効果抜群。TVを観ながら、歯を磨きながら行えるので、私は毎日左右それぞれ50回を目安に行っていますが、数回でも毎日行うことが大切です!

お尻は後ろ姿の顔! 

自分はあまり見ないけれど、後ろ姿は意外と他人からよく見られています。目指すは、後ろ姿から見たときに「顔も見たい」と思われるような美尻。水着になったときには、触れたいと思われるようななめらかな質感に整えておきましょう。

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連するキーワード


美容 ボディケア 美金

関連する投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、伊勢丹新宿店『ビューティアポセカリー』のアシスタントバイヤーを務める鳥谷悠見さん。はじめて伊勢丹新宿本店を訪れたときに感銘を受けて、入社を決意されたそうです♡


背中のザラザラ&ニキビ対策に! 視線を引きつけるなめらか背中の作り方

背中のザラザラ&ニキビ対策に! 視線を引きつけるなめらか背中の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「背中ケア」について紹介します。


◯◯が原因で肌の潤いがなくなる⁈ 美容家 千波さんによる超小顔マッサージ

◯◯が原因で肌の潤いがなくなる⁈ 美容家 千波さんによる超小顔マッサージ

ファンケルから働く女子向けの新ブランド「AND MIRAI(アンドミライ)」がデビュー。スマホやPCなどのデジタル機器を使用することの多い現代女性の生活習慣に寄り添ったスキンケアブランドです。今回はスキンケアのときにやっておきたい小顔マッサージも、美容家・エステ講師の千波さんが紹介してくれました。


最新の投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング