【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

今、 「美尻」というワードが多くのメディアで取り上げられていて、美尻を持つ美女たちがフィーチャーされています。その人たちのお尻に共通しているのが、ふっくらとした丸みとハリ感があって、キュッと上向きであるということ。
顔と同じようにお尻も年齢を重ねるごとに垂れ、ハリがなくなり、シワができるパーツなので、「後ろだから」と気を抜かず、「お尻は後ろ姿でいう顔」だと思ってしっかりとケアをすることが大切です。

磨いて、潤して、引き上げる

ざらつきのないなめらかなお尻をつくるために欠かせないのが、スクラブでの角質ケアとジェルでの保湿ケアです。お尻以外のボディパーツにも使えるスクラブやジェルを使うのも良いけれど、お尻は意外とデリケートなので、専用のコスメを使うとより効果的。

(中央)@cosme touch ヒップポリッシュ 150g ¥1600
(右)スウィートボディ ヒップケアジェル 180g 1300

スクラブは、ソルトよりもマイルドな肌あたりのシュガータイプを。「@cosme touch」のスクラブは古くなった角質をオフできるうえ、3つのイソフラボンでお尻をふっくらに。週1〜2のペースでスクラブケアすると、なめらかなお尻をキープできます。

お風呂上がりには、「スウィートボディ」で保湿を。下着を身につけてもベタベタせず、お尻にパンッとしたハリ感が出ます。毎日使うものだから、1300円とプチプラなのも嬉しい♪ お尻を下から上にグッと持ち上げながら塗ると、上向きヒップに! 

マッサージとエクササイズで上向き美尻に

美尻マッサージ

お尻は、なにもしないでいると年齢とともにどんどん垂れていきます。そうすると脚も短くなり、タイトなスカートやジーンズがキレイに履けなくなります。
そうならないように、今日から毎日お尻を引き上げるマッサージとエクササイズを取り入れて。お風呂上がりの血行が良くなっているときがベストタイミングです。

座っている時間が長かったり、冷えたりすることでお尻はカチコチに固くなります。まずは、お尻を手で揉んで柔らかくなるまでほぐします。

柔らかくほぐれたら、足の方に垂れてしまったお尻を上にかきあつめるようにグーで寄せ集めます。左右それぞれ10回ほど。

仕上げに、脂肪をギュッとつまめるギアを使ってさらに上にかきあつめます。左右それぞれ10回ほど。
この一連の流れを毎日続けることで、お尻と足の境目がくっきりして女性らしいま〜るいフォルムになり、足も長く見えるようになります。

美尻エクササイズ

壁に片手をついて、足を前後に上げ下げするエクササイズもお尻に効果抜群。TVを観ながら、歯を磨きながら行えるので、私は毎日左右それぞれ50回を目安に行っていますが、数回でも毎日行うことが大切です!

お尻は後ろ姿の顔! 

自分はあまり見ないけれど、後ろ姿は意外と他人からよく見られています。目指すは、後ろ姿から見たときに「顔も見たい」と思われるような美尻。水着になったときには、触れたいと思われるようななめらかな質感に整えておきましょう。