能力が低い人ほど「過大評価」する?! 知らないと恥ずかしいクルーガー効果

能力が低い人ほど「過大評価」する?! 知らないと恥ずかしいクルーガー効果

“成果を出す”ことが仕事では求められますが、自分の能力を必要以上に過信してしまってはいませんか? 今回は、知らないと恥ずかしい「クルーガー効果」について詳しく紹介。もしかしたら自分のことを過大評価しすぎてしまっているかも⁈


頑張っているのに周りから評価されない。そんな人は「認知的バイアス」を疑って

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

皆さんは、自分のことを仕事がデキる人間だと思いますか?
それとも周りからの自分の評価は妥当なものだと思っているでしょうか。こう聞かれると、自分のことを客観的に見ようと思う心理が働くものの、自分にしかわからない頑張りを「もっと周りの人に理解して欲しい!」と思う気持ちも生まれますよね。

自分はもっとデキる人なのに、周りから評価されない。
こういった自分に寄った偏りがある考えのことを「認知的バイアス」といいます。(バイアス=思考の偏りのこと)

自分と他人を、公平に評価することができない状態。これでは、世間の評価と自分の評価のズレに苦しみ、ストレスを増やす原因にもなってしまいます。そこで今回は「ダニング=クルーガー効果」について詳しく紹介していきたいと思います。

自分のことを、仕事が「デキる人」だって思い込んでない?

能力が低い人ほど、自分を過大評価する傾向があります。
逆に、能力が高い人ほど、自分を過小評価しています。このことをダニング=クルーガー効果と呼びます。これはダニングとクルーガーが「自己と他人を評価する」研究で明らかになったバイアスで、心理学などで用いられます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダニング=クルーガー効果によると、能力が低い人が、自分を過大評価してしまう理由は「自分の知識に限りがあるから」。つまり、能力が低いことこそが、自分がデキると思い込んでしまう理由でもあると述べられています。
自分が知っていることが全てだと思い込んでしまうことによって、自分は能力が高いと錯覚をしてしまうということです。

逆に、能力が高い人は自分の知識以上の知識がほかにあるかもしれないということを知っているため、人に対して謙虚に接するようになります。知識や出会った人の幅が、自己評価にも差をつけていることがわかります。

「どれだけ努力しても理解してもらえない」
こういった考えがある方は、認知的バイアスが強いことによって、自分にストレスをかけているかもしれません。

自分のことを過大評価するのではなく、肯定してモチベーションに

「自分はもっと評価されるべきだ」と悩んでいる人は、自分のことを自分で評価しようするのではなく、自己肯定感を高めて「自分はもっとできる」という心の持ち方に変化させた方が効果的です。なぜなら、自分はもっとできるという前向きな心の持ち方なら、それをモチベーションに変えて、頑張ることができるからです。
こういった心の持ち方が自分の能力を伸ばすことや、成果に繋がります。

話は少しズレますが、経営者などの社会的立場のある男性は、家庭ではパートナーの尻に敷かれていることが多いのだそう。これは、社会的に立場があり弱みを見せることができない男性が、家庭では信頼できる妻に、決定権を委ねているという図が成り立っているからです。

「えらい人はなんでも器用にこなせる」
こういったバイアスを外し、人間関係を構築していきましょう。人には向き、不向きがあります。自分のことを客観視して、伸ばせるところと伸ばせないところ、評価されるべきところと、飲み込むべきところを理解できるようになれば、一人前かもしれませんね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア 評価

関連する投稿


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

新卒から大手不動産会社に勤務。 バリバリの営業として成果を上げ、評価がついてきたことも実感した20代半ば。出世コースも目の前に迫っていた彼女が、上司からの打診を断り、家の近くにある小さな会社に転職した理由とは?


インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

何かを学び、知識を取り入れることをインプット(入力)と言い、学んだから何かを生み出すことをアウトプット(出力)と言います。どちらもビジネス用語としてよく使われる言葉ですが、情報の仕入れとその反映は、どういったバランスでとるのがベストなのでしょうか?


大人になった今だからこそ!30歳を目前に考えたい自己実現の方法

大人になった今だからこそ!30歳を目前に考えたい自己実現の方法

このまま今の仕事を続けていていいのかな…?ふと疑問に感じた時に考えたい、自分の人生プランについてご紹介します。


思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

実は今とは違う仕事をしてみたい…。異業種・未経験の仕事への転職に、二の足を踏んでいる方にオススメする成功率UPする転職活動法をご紹介!


最新の投稿


婚活疲れしているあなたへ ~「運命の出会い」を考える~

婚活疲れしているあなたへ ~「運命の出会い」を考える~

前向きに婚活しているにも関わらず、結婚につながる出会いがない…! と、いつの間にか婚活疲れしていませんか? 今回は「出会い」についてを見直したいと思います。


グローバルな”できる女”は違う!他と圧倒的差をつけるために必要なものとは?

グローバルな”できる女”は違う!他と圧倒的差をつけるために必要なものとは?

いくら仕事ができて、器量があったとしても、他の人と圧倒的な差をつけるにはどうしたらいいだろうか。今後グローバルな“できる女”に必要なのは、まだまだ日本では広く浸透しきっていない世界の知識です。徹底的に研究して、オリンピックまでに“できる女”として周囲との差を広げてみては?


自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。


翌朝のベース違う! クリスマス前に仕込むスペシャルなスキンケア&ボディケア

翌朝のベース違う! クリスマス前に仕込むスペシャルなスキンケア&ボディケア

彼とのデートを控えている人、必見♡ クリスマスに向けてやるべきスペシャルなスキンケア、ボディケアを紹介します。


自分じゃどうすることもできない。解決できない悩みとの向き合い方

自分じゃどうすることもできない。解決できない悩みとの向き合い方

みなさんそれぞれに「悩み」はあるはずです。けれど、時にはその悩みに解決策がない時や、自分ではどうしようもできない場合もありますよね。そんな解決できない悩みに出会った時は、どうやって付き合っていけば良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング