「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは動画クリエイターのchii hairさん。家族の転勤で引越しが多いなか“どこからでも仕事ができる”というメリットに惹かれ、セルフヘアアレンジメントの動画を作成することを決めたそうです。


今回のゲスト♡ chii hairさん

chii hair
「簡単、可愛い、時短」をテーマにしたヘアアレンジ動画をインスタで公開中。
フォロワー数は2019年9月現在18万人以上。

C CHANNEL公式クリッパー、withgirls TOP12としても活動中。

インタビューする人♡ 渡辺彩季

渡辺彩季(わたなべさき)
京都府出身、東京在住のフリーライター。
女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。
美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエなどの資格を取得。

ウーマンダイアローグ#28 【動画クリエイター/chii hairさん】

渡辺:本日はよろしくお願いいたします。

chii:よろしくお願いいたします。

渡辺:InstagramやC CHANNELで大人気のchii hairさんのお仕事について、今日はいろいろ伺いたいと思います。早速ですが、現在どのような仕事をされていますか?

chii:動画クリエイターとしてヘアアレンジの動画を作成しています。『C CHANNEL』というアプリに動画をアップすることとヘアアレンジに関する企画の提案をしています。ほかにもヘアアクセサリーのプロデュースやヘアアイロンなど、アレンジに使うアイテムのPRもやっています。

 PRの仕事に関しては元々自分が好きで愛用していたものをSNSにアップしたところ、その企業の方の目に留まり、DMを通してお話しをいただきました。

渡辺:今はハッシュタグで検索をかけるとすぐに情報が出てくるので、自社の製品について調べられますものね。エゴサーチをすることが仕事の一環になっている会社も多いと聞きます。

chii:そうですね。意外とリアクションをいただいて、ヘアアレンジに関連した仕事がどんどん展開しているのでとても楽しいです。

子どもの頃からヘアアレンジをすることが大好きでした

chii:子どもの頃からずっとヘアアレンジをすることが大好きだったのですが、特にこだわるようになったのは社会人になってからです。私は大学卒業後『サマンサタバサ』というアパレルブランドの販売員をしていたのですが、接客をするにあたって、ヘアアレンジをすることが必須でした。元々は会社の教えで意識をするようにしていましたが、実際にヘアアレンジをかわいくしているとお客様との会話も弾んだんですよね。ヘアアレンジをしっかりしていると気持ちも前向きになれるし、やっているのとやっていないのでは全然違うなと。この経験が自分のなかでとても大きなものでした。

渡辺:アパレル会社で働いていた当時も自分自身でヘアアレンジをされていたのですよね? いつもすごくきれいなアレンジをされていますが、元々美容関連の専門学校などに通われていたのですか?

chii:いいえ。どこかでヘアアレンジを習ったわけではなく、全て自己流です。幼いころから自分でしていたので、アルバムを見返したときに過去の写真どれもこだわった髪型をしているんですよね(笑)ずっとヘアアレンジをすることが好きでした。

渡辺:今まで全くヘアアレンジをしたことなかった人が突然思いつきで動画を撮りはじめても最初から上手にできないと思いますが、千鶴さんはこれまで継続してやっていたからこそスムーズにできることが多いのではないでしょうか?

chii:そうですね。自分が好きでやっていたことが仕事に直結したので、毎日コツコツいろんなアレンジに挑戦していてよかったです。動画の作成で悩むことは、割とないです。

Instagramに毎日コツコツと投稿することで、フォロワーが18万人を突破!

chii:Instagramにアカウントを作って、毎日夜の8時にヘアアレンジ動画をコンスタントにアップすることをはじめました。更新を毎日コツコツ続けて、半年後にはフォロワーが1万人に! 現在Instagramにアカウントを開設してから2年が経ちましたが、2019年8月現在18万人までフォロワーが増えました。私がInstagramをはじめた当初に比べるとヘアアレンジ動画をアップする人がたくさん出てきたのですが、それでも毎日200人以上フォロワーさんが増え続けていますね。

渡辺:たった2年で18万人!? 伸び率がすごい! ヘアアレンジを仕事にしたのはいつからですか?

chii:自分の中でフォロワーが10万人を超えるまで仕事はしないと決めていました。ブランディングを考えたときにフォロワーが最低でも10万人は必要だと思っていたので、動画クリエイターの仕事もフォロワー10万人を突破したあとに話をいただいてスタートしました。それまではどれだけ魅力的な仕事の依頼を受けても引き受けないと決めていましたよ。

渡辺:フォロワー10万人を超えるまでは仕事をしていなかったのですか?

chii:全く仕事をしていませんでした。フォロワーが10万人を超えるまでは投資の期間だったので、収入もゼロです。しかし、10万人を突破したあとはアパレル時代の収入を上回ることができました。また、10万人を超えるまでも仕事のオファーをいただく機会は多かったため、世の中の需要や情勢を知ることができました。引き受けることはありませんでしたが、勉強させていただきましたね。

2年前から動画を撮りはじめました

渡辺:ヘアアレンジ動画を撮りはじめたのはいつからですか?

chii:2年前です。結婚してからしばらく専業主婦の時期がありましたが、将来的に仕事にすることを視野に入れたうえでInstagramにヘアアレンジについての投稿をアップし続けました。

渡辺:美容関連の動画だとメイクやネイルなど他にもいろいろあると思いますが、千鶴さんがヘアアレンジにフォーカスを当てたきっかけを教えてください。

chii:まず、動画クリエイターという仕事を選んだ理由は、この先ライフステージが変わって何処で暮らしていたとしても、ネット環境さえ整っていれば動画をアップできるということにメリットを感じました。将来どうなるか分かりませんが、たとえ引越しや出産をしても自分のペースで仕事ができるので魅力的だなと感じました。

渡辺:ライターもそうですが、今は在宅でできる仕事が人気ですよね。時間や場所を気にしなくてもいいので、家事や子育てと並行して働きやすいのはありがたいと思います。

chii:2年前に動画クリエイターの仕事をスタートするにあたって、ネットでいろいろ情報収集をしたのですが、発信をしているキラキラしている女性を目の当たりにしたときに自分は同じことをしていても霞むだろうなと感じました。しかし、Instagramを見ているとファッションやコスメの投稿をしている人が多いなかで、唯一セルフヘアアレンジに特化している人がいなかったんです。今でこそ増えましたが、当時は美容師さんがヘアアレンジの写真をアップしているくらいで、私の知る限りでは動画を作っている人がいませんでした。そこで「ヘアアレンジを仕事にしよう!」と決めました。みんながやっていないことではありましたが、絶対に需要はあると思ったんです。

動画の撮影から製作まで1人でしています

渡辺:ヘアアレンジ動画の作成でこだわっている部分を教えてください。

chii:まず、サムネイル画像を絶対に晴れた日に外で撮影するようにしています。

渡辺:……もし雨が降ったら、その日は撮影中止ですか?

chii:絶対に中止です! できるだけ花や緑があるところでポートレートモードで撮影しています。iPhoneのカメラで撮って、色味を変える加工アプリは一切使いません。実は自分のなかでのこだわりがかなりあるんですよ(笑)

渡辺:セルフヘアアレンジのプロセスを伝えたいなら、色味を明るくしたり薄くしたりすると手元が分かり辛いですものね。色味がハッキリしている方が、フォロワーさんが千鶴さんのヘアアレンジを見て真似しやすいと思います! ほかに照明などでもこだわっているポイントはありますか?

chii:セルフヘアアレンジのプロセス動画は、必ず家の洗面所で撮影するようにしています。きれいに撮れるんですよね。

渡辺:ほかの部屋に比べると洗面所は狭いので、光の明るさ的にきれいに撮影できると言われていますものね。同じ理論でプリクラの機械の中やトイレで自撮りを撮っている人も多いですよね。ちなみに撮影をするときは家族や友達に手伝ってもらっているのですか?

chii:いいえ。全て自分1人でするようにしています。

渡辺:!? どうやって撮影されているのですか?

chii:カメラを固定して撮影をしています。なので、ヘアアレンジの動画を撮影するときはカメラマンもモデルもアレンジをするのも全部自分(笑) 実は、毎回1人で3役をしています。

渡辺:インスタで人気の方は周りの人に写真をたくさん撮ってもらって、そのなかで一番いいものをアップすることが多いイメージだったので驚きです! 外で撮影されるときは公園などで自分1人でカメラを回しているんですよね?

chii:そうですね。河川敷とかでもよく1人で撮影しているので、めずらしいのか「何の撮影をしているんですか?」と話しかけられることも多いです(笑) 誰かに手伝ってもらおうと考えたことがなかったのですが、今こうして話しているなかでアシスタントなどの人件費がかかっていないと気付きました。

“セルフブランディング”のこだわり

渡辺:フリーランスで活動されていらっしゃいますが、意識していることはありますか?

chii:“セルフブランディング”に強いこだわりを持っています。特にInstagramのPR案件には自分のなかでルールがあります。まず、どれだけ条件がいいものでもアカウントのトーンに合わない場合は仕事を受けないようにしています。そして自分が好きなもの且つ、フォロワーさんが求めているものしかアップしません。この見極めはとても重要なので、勇気を持って決断しています。

 フリーランスにとって収入ももちろん大事ですが、長く続けるためにも仕事を選ばなくてはならない。“セルフヘアアレンジメントと言えば千鶴さん、だから買いたい”と思っていただけるようにならなくてはいけないんですよね。

渡辺:元々自分が使っていていいものに関しては心からおすすめできますが、全く知らなかったものをフォロワーさんにシェアして、あとで何か問題が発生したら心苦しいですものね。一気に信頼も失ってしまいそう。

chii:そうですね。なので、そこは譲れないです。

渡辺:フォロワーさんのことを一番に考えていらっしゃるところも好感が持てます。ちなみにコメントにもリアクションされますか?

chii:はい。現在はコメント欄を閉じているのですが、開放しているときは必ずお返事するようにしています。自分の投稿への感想が気になる反面、エゴサーチはネガティブなコメントも出てくるので、あえて見ないようにしています。

渡辺:精神の安定を保つためにもスルースキルは必要ですものね。私も気にしだしたら止まらない性格なので、理不尽なことや心ない言葉を言ってくる人に関しては真に受けないようにしています。相手は明日になったら忘れているかもしれないのに、いちいち一喜一憂していたらもったいないような気がして。嫌がらせをしてくる相手に反応したら、向こうの思う壺ですしね。

chii:そうですよね。この仕事を続けるうえで“動じないこと”も大切だと思います。名前と顔を出して仕事をしていれば、有名になればなるだけ叩かれることも増えますが、それ以上に届く温かいコメントに支えられています。

次の目標は、ヘアアレンジの本を出すこと!

渡辺:千鶴さんの今後の目標を教えてください。

chii:自分が考案したヘアアレンジの本の出版! これはずっと掲げてきた目標なので叶えたいです。

渡辺:幼い頃からヘアアレンジにこだわってきた千鶴さんの本! 私も拝読させていただきたいです。ヘアアレンジのプロセスはもちろん、おすすめのスタイリング剤やアクセサリーの紹介もきっとされるのでしょうね。

chii:自分がやってきたヘアアレンジのなかでもお気に入りのものをピックアップして、ギュッと凝縮した1冊を完成させたいです。

 そして、以前の私のように「一歩前に進めない」「人生で何か足りていない気がする」とどこかで妥協しながら過ごしている女性が、私のinstagramやヘアアレンジを通して少しでも前に進むきっかけになれたら嬉しいです。私も仕事をはじめるときは恐くて不安で……正直、何度も泣いて諦めそうになりました。しかし、やはり自分の人生は自分でしか変えられないと思っているので、今はこの仕事があるから前向きに自分の一度きりの人生を精一杯生きています。

渡辺:素敵! 千鶴さんの本を手に取って、セルフヘアアレンジのスキルを磨いて、より一層毎日を楽しく過ごす女性が増えたらいいですね!

chii hairさんのInstagram

chii hair♡さん(@chichan01117) • Instagram写真と動画

https://www.instagram.com/chichan01117/?hl=ja

フォロワー183.3千人、フォロー中515人、投稿1,009件 ― chii hair♡さん(@chichan01117)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

インタビューを終えて…

動画クリエイターのchii hairさんと対談をさせていただきました。在宅ワークも時代の流れと共にいろんな職種が増えてきましたので、千鶴さんの働き方や考えの切り口はパートナーの転勤が多い人にとって参考になったのではないでしょうか? 結婚や出産をきっかけにキャリアを諦めなくても自分のライフワークに合った働き方を探すことができそうですね。

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」

美容師の高木琢也さんの名言です。

幼い頃から大好きだったヘアアレンジの動画を作成している千鶴さんは生き生きとしていて、心から仕事を楽しんでいる様子が伝わってきました。毎日動画がアップされるのを心待ちにしているファンの方がたくさんいらっしゃるのが分かります。そして、千鶴さんの発想や見解はとてもおもしろくて、一歩先の未来を想定して行動している姿にクレバーさを感じました。きっとセルフヘアアレンジ本の出版という夢が叶う日も近いのではないでしょうか? 1人のファンとして千鶴さんの今後に注目していきたいと思います。

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

副業を認める企業も増え、自由な働き方ができるようになった今「好きなことを仕事にしたい」と思う人はどれくらいいるのでしょうか? しかし、“なんとなく”で行動に移そうとすると、思ったよりもハードルが高く、挫折してしまうこともあります。好きを仕事にするために知っておきたい5つのことをまとめました。


「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、育児コンシェルジュの坂本ひろみさん。発達心理を学んだ経験を活かして知育に特化した託児サービスを展開されています。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

『不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術』を出版した、フリーランスのWebライター、山口恵理香さん。14歳の頃に経験した不登校と適応障害という過去を全てさらけ出し、「生きづらさ」を原動力としてきた、彼女のこれまでに迫ります。


最新の投稿


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


RANKING


>>総合人気ランキング