結婚に焦らない。独身生活がまだ長く続きそうなときに考え直したいこと



他人軸ばかり気にしている自分が嫌!

20代も後半に入ってくると、圧倒的に既婚者が多くなります。久しぶりに学生時代の友人に連絡したら「あれ?言ってなかったっけ?実は結婚したんだ!」と報告されることに……。

結婚が幸せのすべてではないと分かっていても、結婚もしていない、孫も見せていない自分に納得がいかずに、モヤモヤしていませんか?

でも出会いだけは、ご縁とタイミング次第。まだしばらくかかりそうなら、なおさら今の暮らしを見直す時期に差し掛かっています。今回は、独身生活がまだ長く続きそうなときに考え直したいことをご紹介します。

家族に優しくする

結婚もできていない、親のために孫も産めていない。そんな自分を自分が受け止めきれずに、涙が止まらない日もあるのではないでしょうか?

今まで自分なりに恋もしてきたけれど、なかなかうまくいかないし、仕事と恋愛を両立できない自分を責めている人も多いはずです。

実家で暮らしていると、モヤモヤやイライラを家族に見せてしまうときもありますよね。せっかく両親が「たまにはご飯にでも食べに行こうか」と誘ってくれているのに「ごめん、今はそんな気分じゃない」と、ストレスのあまり、冷たく接してしまったり……。

先々のことまで考えすぎて苦しくなるくらいなら、今に集中していたほうが、きっと周りに優しく接しられます。優しくおだやかな時間を積み重ねていけば、それだけでも十分、ひとつの幸せのかたちなのです。

自分を責めないで

ストレスフルになると、自分にないものだけが目立ちはじめます。外出しても、街中でカップルに遭遇するたびに、今の自分でいいのかどうかを考えてしまうでしょう。

自分としては普段、気にしていないつもりでも、こういった場面は確実にストレスとして蓄積されていきます。そしてストレスが満タンとなり、バケツから水が溢れ返りはじめると、結婚も出産もしていない自分を受け止めきれなくなってしまうんですよね……。

自分を責めても答えは出ません。寂しさや不安に押しつぶされそうなときは、波が引いていくのをじっと耐えるしかありません。その間、涙を流してもいいですし、ソファに横になりながら時間が過ぎるのを、ただひたすら待っていてもいいんです。どうか、もうこれ以上は責めないであげてくださいね。

家族と出かけているときにカップルに遭遇しても不機嫌にならない

せっかく家族と一緒に出かけているのに、カップルを見るたびに「自分はこのままでいいのか」と不安になり、挙句の果てには不機嫌になってしまう……。すべてを理解している家族は、おそらく、そんな娘の姿を見ても、何も言わずにご機嫌を戻そうと話しかけてきてくれるでしょう。

街中でカップルに遭遇しても、ほんの一部分を見ただけです。本当に幸せかどうかも分かりませんし、もしかしたら、それぞれ悩みながらも付き合っているのかもしれません。

大切なのは「今ここ」という概念と感覚です。家族と一緒に過ごせるのも、今のうちなんです。

両親が今よりも年齢を重ねてきたら、一緒にできないこと、楽しめないことも増えてきます。そのときになってから「もっと優しくしておけば、よかった」と思わないように、たとえカップルとすれ違っても、今という一瞬に集中しましょう♩

自分に優しく、家族や友人にも優しく

独身生活がいつまで続くのか、ずっと続くのかは誰にも分かりません。何となくこうなるのかなという予感があったとしても、それが絶対的な正解とも限りません。

すべてはご縁とタイミング次第。今を積み重ねていった先に未来があるならば、今を楽しく、朝から晩まで後悔しないように生きていくのみです♡家族や友人に優しく、そして何より自分に優しくをモットーに、毎日を丁寧に紡いでまいりましょう。