職場での人間関係を良好に!叱り方・叱られ方、褒め方・褒められ方のマナー

職場での人間関係を良好に!叱り方・叱られ方、褒め方・褒められ方のマナー

人を叱るのが苦手な上司、叱られた時にどういう態度をするのが正解なのかわからず戸惑ってしまう部下…。他人に、叱る・叱られる、褒める・褒められるをされることは少なく、職場での人間関係にふと悩むことがありますよね。今回は仕事でミスをしてしまった時の対処法として、正し叱り方・叱られ方、褒め方・褒められ方について考えていきます。


仕事でミスが発覚! そんなとき、どうやって叱るのが正解?

仕事でミスが発覚!
そんな時、どうやって部下のことを叱っていますか? これは意外と、働く女性が抱えている悩みでもあります。若い世代が、叱られることにあまり慣れていないからこそ、ちょっとした注意で自信ややる気を失わないように、しっかりと伝えつつケアをしてあげる必要があります。ここで、部下のことを叱る時のポイントについて考えていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人前で叱らない

人前で相手を厳しく叱ることで、相手の自尊心を傷つけてしまうことがあります。周囲への見せしめのように叱る行為はやめておきましょう。また、その場にいる全く関係のない社員にも威圧感や緊張感を与えてしまい、ピリピリとした雰囲気を作ってしまいます。人前は避けて、個別に話す時間を作ることです。

感情的にならない

叱ることと、怒ることは違います。ミスが起きてしまった事実は、相手を責めたことでなくなるわけではありません。また、話すタイミングを間違えないように配慮しましょう。自分の感情に任せて怒りをぶつけるのではなく、冷静にミスが起きた要因や今後繰り返さないためにはを話すことです。

叱ったあとのフォローを忘れない

叱ったあとはどうしても重苦しい空気になってしまいます。ですが、その空気を引きずらないためにも、伝えるべきことが終わったらしっかりと切り替えを。「もしわからない場合はいつでも相談してね」と添えたり、「じゃあ、ここからは切り替えてまた頑張ろう!」と前向きな言葉で締めるようにしましょう。

もし叱られてしまったら…

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分のミスや不注意を叱られた時は、相手の目を見て真剣に話を聞きましょう。何か言いたいことがあるのであれば、相手の話が終わってから自分の意見を伝えるように。自分がミスを犯してしまったのであれば、言い訳をせず、心から謝罪の言葉を述べましょう。
叱られて終わりではなく、具体的な解決策を考えて、同じ失敗を繰り返さないようにどうすれば良いのか? を考えます。
ちなみに、叱られたのは自分の「仕事」についてのことであって、自分自身を否定されたわけではないので、後を引きずったり無駄に考えすぎることのないように、仕事だと割り切って気持ちを改めていきましょう。

どうしたら人間関係が円滑に? 褒め方のポイント

褒められた人はもちろんのこと、褒めた方も気分が良くなり雰囲気もパッと明るくなります。自分のことをしっかりと見ていてくれる、評価してくれていると感じることによって、仕事もモチベーションも高まります。部下の良いところを見つけたら、積極的に褒めるようにしましょう。

具体的な仕事ぶりについて褒める

仕事で出した成果や具体的な行動に意識して褒めることで、仕事の質がより向上していきます。長々と褒めてしまうと、感動が薄れてしまうので、なるべく完結にポイントを絞って褒めて。
「どういった行動が、評価されたのか」がわかるようにハッキリと指導していきましょう。

こまめに褒める

人の中心に立つ人が、特定の部下だけを褒めてしまうと、他のメンバーのモチベーションが下がってしまいます。普段から、部下や後輩の行動にしっかりと目を配り、それぞれの良いポイントを見つけて褒めるようにしましょう。チームに一体感が生まれるはずです。

褒められたら、素直に喜んで◎

上司や先輩に褒められたて「いえいえ、そんな…」と謙遜してばかりいるよりは、素直に喜んだ方が可愛げがあるように見えませんか? 過剰な遠慮や謙遜は必要なし。前向きに「ありがとうございます、これからも頑張ります」と気持ちの良い返事ができると良いですね。
上司や先輩を立てようと思った時は「◯◯さんに教えていただいたおかげです」と伝えると、褒めた側の気持ちも上がります。

言い方と受け取り方のバランスが大切

言い方ひとつで印象が変わることもあれば、受け取り方一つでこれまでより大きな力を発揮できるようになったりと、コミュニケーションはとても奥が深いものです。
より良い仕事環境をつくるためには、言い方と受け取り方のバランスを整えることが大切。自分の立場にたった気持ちで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

周囲の環境はどんどん変わっていくいくのに、なぜか自分だけは、人に認めてもらえない。そんな人は「なぜ自分だけが?」と気になることでしょう。その場合は、もしかしたら周囲へのアピール方法を変える必要あるかも知れません。今回は、人に評価されるコツについてご紹介します。


会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

決まった時間で働くルーティンワークに飽き飽きしている人も居れば、会社に居る意味がわからない、と悩む社会人も居る。会社に存在意義をみつけるためには、何をどう行動するのが正解なのでしょう?


職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

ハラスメントが話題になることの多い昨今ですが、職場での「いじめ」は一体どんなところで起こるのでしょうか。働く女性が悩みを抱えることの多い人間関係問題の中から、退職のきっかけやウツ病の原因にもなってしまう「いじめ」について考えていきます。


挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

ビジネスシーンでの第一印象は今後の付き合いを左右するとても大切なもの。もちろん見た目を整えることも大切ですが、第一声を発する「挨拶」に着目してみてはいかがでしょうか。今回は挨拶で交渉の承諾率をアップさせるポイントを紹介。商談のシーンや会議の前に、ぜひ取り入れてみてください。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング