「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。「上司が私のSNSをチェックしてくる」これはハラスメントに入る?


#metoo運動が全世界で話題になり、セクハラやパワハラなどのハラスメント問題について考える機会が多くなりました。ハラスメントの被害を声に出すことが以前よりも

一方でセクハラ被害者の多くは泣き寝入りをしているというデータもあり、深刻なセクハラ被害では声を上げにくい現状は根強いといえます。本企画では、セクハラ被害のの現状と、それに対する適切な対応について、セクハラや浮気・不倫などの解決に定評のある弁護士「齋藤 健博」が解説いたします。

Q.上司が私のSNSをチェックしてきます......

私はプライベートでよくSNSを利用しているのですが、ある日会社の上司が、私の鍵付きアカウントにフォロー申請をしてきました。確か2に身バレするような名前やプロフィール画像を設定していた自分にも原因はあると思うのですが、個人的には会社の人とSNS上で交流はしたくないな、と思っています。

気づいていないフリをするのが一番なのかな? と思い、許可をせずフォロー申請をそのままにしていたら、上司が職場で「なんで承認してくれないの?」と迫ってきました。上手く言い訳ができなかったので、その場でなくなく承認はしたのですが、職場と関係ない愚痴をSNSに投稿しているのに関わらず「これって俺のこと?」と都度聞いてきたり「俺、いつも”いいね”を押して上げてるのに俺の投稿には返してくれないんだね」と言われるようになりました。プライベートは自由に過ごしたいのに、いつも上司に監視をされているようで嫌な気分になってしまいますし、これを拒否すると評価にも影響するのではないかと不安になっています。この場合、どのように対処するのが正解なのでしょうか? ハラスメントには該当しないかもしれないですが、対処法を教えて欲しいです。(かえで/情報通信業 事務/24歳)

A. ハラスメントを超え、プライバシー権の侵害が!

プライベートの領域に対する介入は、当然ハラスメントが成立します。
というのは、上司という立場の方が、そもそも個人の判断である領域であるはずの「誰を承認する」、「誰を承認しない」の判断に立ち入ることは、私的領域への不当な介入であると判断されます。そもそもSNSで個人を特定できる形で書き込みなどをしているものでもない状況で、執拗に私的領域に介入する行為はハラスメントを超え、プライバシー権の侵害ともいえます。対処法としては、毅然とする対応が考えられますが、ハラスメント相談窓口などを活用し、ハラスメントのみならずプライバシー権侵害の被害に遭っていることを相談するのは一つの手段です。

回答者:弁護士 齋藤 健博

自身のLINEIDを公開しており、初回相談はLINEで無料で行うことが可能な弁護士。ハラスメント問題や浮気・不倫問題の解決に定評があり、過去には弁護士ドットコムのランキングトップに名を連ねた経験も。YouTubeではセクハラ時の対応に関する動画なども公開している。多くの被害者の悩みである「セクハラの線引き」や、「残すべき証拠」などを動画で分かりやすく伝えている。
YouTube動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=gd8rwOXDKp0

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


「女性はすぐにセクハラ扱いする」と言ってくる上司がウザい #これってハラスメントですか?!

「女性はすぐにセクハラ扱いする」と言ってくる上司がウザい #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「最近はすぐにセクハラ扱いされるから…」とアピールしてくるようになった上司の話です。


休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は休憩中の対応についての相談です。


「ずっとコンプレックスだったものが武器になった」ウーマンダイアローグ #39

「ずっとコンプレックスだったものが武器になった」ウーマンダイアローグ #39

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、株式会社ウィルオブ・スポーツ スポーツビジネス部の小嶺美沙樹さん。2019年には仕事と両立しながら『ミス・ユニバース・ジャパン』に挑戦し、見事沖縄代表に選ばれた素敵な女性です♡


女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は先輩からこんな助言を受けた人のお話。


「自分にしかできない仕事」は理想論。誰にでもできる仕事にある価値について

「自分にしかできない仕事」は理想論。誰にでもできる仕事にある価値について

自分が今やっている仕事が「誰にでもできる仕事」だから、将来に不安を感じる。自分にしかできない仕事を追及したくなる。でも、そんな仕事ってあるのでしょうか? そして、その選択は幸せになれるものなのでしょうか? 今回は「誰でもできる仕事にだからこそある価値」について考えていきたいと思います。


最新の投稿


引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

恋の終わりを感じたら...。潔く身を引くべき?それともすがり続ければいつかは...?恋のピリオドを打つタイミングについてご紹介します。


え、簡単! テレワーク中のさまざまな誘惑は、「青」が解決してくれる?!

え、簡単! テレワーク中のさまざまな誘惑は、「青」が解決してくれる?!

テレワークが続き、家の中にいることが多くなると、さほどストレスを感じていないように思いながらも、なんだか勝手にイライラしてしまったり、集中できなくなったり……なんてことってありませんか? そんな時の対処法をご紹介します。


現状の支出を把握してライフプランを叶える! 確実な貯蓄計画化シート

現状の支出を把握してライフプランを叶える! 確実な貯蓄計画化シート

仕事でもらえる給与については理解していても、固定費や変動費などの支出を明確化できていない人は多いのではないでしょうか? 今回は、今の家計を見える化して、確実に貯蓄ができるライフプランをつくるための方法を紹介。


副業をはじめてみたのはいいけれど…。副業に向いてる人・向いてない人の性格

副業をはじめてみたのはいいけれど…。副業に向いてる人・向いてない人の性格

副業を解禁する企業が増えたこと、そしてリモートワークを導入する会社が増えたこと、さらには経済的ダメージも話題になる今だからこそ副業に興味を持っている人も多いのでは? 今回は、副業に向いている人と向いていない人の性格について考えていきたいと思います。


【ワンフレーズ英会話 vol.4】学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現

【ワンフレーズ英会話 vol.4】学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現です。


RANKING


>>総合人気ランキング