「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?



働く女性の本音:労働時間・働き方への不満

「労働時間が長い」、「深夜残業が当たり前」、「安定した休みがない」、「定時では帰りづらい雰囲気がある」。入社当時は目の前のことをこなすのに一生懸命で気づかなかったことが、時が経つことにつれて辛くなってくるパターンです。若いときは体力勝負で挑むことができたことも、年を重ねていくことで「この先もこの仕事を続けていられるのか?」といった疑問を感じるようになります。

最近は特に、SNSなどを通して他人の”充実感”を目の当たりにすることも多く、仕事終わりや休日に理想のライフスタイルが生まれ、転職をしたいと考えるようになった働く女性も多いように思えます。
また、好きな業種と休みの希望が一致しないことも職場への不満としては多いでしょう。「接客業が好きだけれど、土日の休みが欲しい」と自分の理想の働き方と働くことの条件が一致していなかったり、「ネイルがしたいのにネイルが不可な職場」だったりと、働く環境への不満も多いように思えます。プライベートを重視する人は、友達との予定が合わなくなってしまうことがかなりのネックになることも。

働く女性の本音:給与が低い

生きていくためにはお金は欠かせません。なので、「何のために働くの?」と聞かれた時に「お金のため」なのはあながち間違ってはいません。残業代を貰わないとやっていけない環境だったり、どんなに評価されたとしても給与が上がらないと嘆く人も多くいます。やはり何か成果を出すのであれば、それなりのお金を貰わないとモチベーションも上がりません。

しかし「給与が低かったので」と伝えるのは、給与面だけに固執していると判断される恐れがありますので説明には注意が必要です。

働く女性の本音:業界が自分に合っていなかった

「営業は好きだけど、配属された部署が違うところで思っていた商材と違った」と、自分の就いている業種は好きだけれど、業界をチェンジしたいという理由もあります。自分が好きだと思える業種なのであれば、さまざまな業界へ飛び込んで、経験を積み重ねていくことは大変良いことです。前向きな思考でジョブチェンジを考え、今までのスキルが実際に活かされる場所がみつかるのであれば、どんどん挑戦していきたいところ。
仕事に「やりがい」や「スキルアップ」などを求めるタイプの人は、自分のスキルを発揮できる場を積極的に探しに行きたいものです。

働く女性の本音:やっぱり人間関係には悩むもの

人間関係が上手くいかないから会社を辞めたい、というのが最も多い転職理由。毎日顔を合わせるからこそ「この人の性格が嫌だ」とか、「癖が嫌いだ」などと不満が募っていくこともあります。上司や同僚との性格の不一致、指導方法などにストレスを感じている方も少なくないはず。また言葉遣いの悪さや気遣いの無さなど、一度目についてしまえばどんどんと気になってきてしまうこともありますよね。

職場という環境には色々なタイプの人が集まっているので、転職をしたところでまた同じような悩みを抱えてしまうといった可能性はあります。ただ、悩むストレスで毎日辛いというのであれば、潔く転職をするのもいい手段だといえるのではないでしょうか。

働く女性の本音:そもそも仕事が楽しくないし働きたくない

なんだかんだ最終的に行き着く理由かもしれません。「好きなことをずっとやっていたい」「月曜日になるたびに鬱だ」と率直で素直な意見もあります。仕事が楽しくないと意欲を持つこともできません。そんな時に「頑張れ」と声をかけられたところで、マイナスに出てしまうこともあります。

とはいえ好きなこと、好きな働き方にシフトしていく人も最近増えていますが、そこに行きつくまでの努力は今の仕事以上に棘の道のりだと思った方が賢明です。仕事を辞めてから「やっぱり辞めなければよかった」と後悔しないようにご注意を。まずは自分の仕事に興味を持つことからはじめてみてはいかがでしょうか。

転職は慎重に見定めて

辞める理由は人それぞれ。転職して大成功を収めた人もいれば、上手くいかずに新しい職場を転々としている人もいます。キャリアアップではない、ネガティブ転職は望ましくないのでは? と思いがちですが、実際には多くの人がそんな理由で働く場所を変えています。

生活するために「働く」ということは必要な手段ですが、不満を抱えたまま何年も経ったときの就職市場はどんな状態なのか、これは予想もできません。

「やっぱり転職したい」と思った時には遅かった。
そんな風に自分の理想とは別で、限られた仕事の中でジョブチェンジをすることになってしまった、ということもあるので、今の仕事に満足していないというのであれば転職を視野に入れておくのは間違いないでしょう。自分の強みや魅力を活かした、素敵な仕事に出会えますように。