【読者100人アンケート】生理がきた時どうしてる? 働く女子と生理のホンネ

【読者100人アンケート】生理がきた時どうしてる? 働く女子と生理のホンネ

月に一度やってくる生理。もちろん女性の体には大切なものなのだけれど、働く女子には腹痛や腰痛などの生理痛や、冷えやむくみ、PMSなどに悩まされている人も少なくはありません。仕事に穴をあけることはできないけれど、生理がつらい…。そんな働く女子と生理について、読者の方100名にアンケートを実施しました。


生理は女性にとっても欠かせない大切なもの。
けれど、毎日忙しく働く女性にとってはこの生理が悩みのタネになることもあります。下腹部や腰に鈍痛が続く生理痛や、いつもよりイライラしたり、情緒不安定になったりする心の変化、さらには冷えやむくみなど……。
男性には理解してもらうことができないし、だからと言ってわざわざ「生理なんです」なんて発言するのも恥ずかしい。なかなか人には相談しづらい悩みも多い生理について、働く女子にアンケートをとってみました。

仕事に行きたくない…。 生理の日は「働きたくない」のが本音

生理についての症状は置いておいて、まずは単純に「生理の日は働きたくないって思う?」という問いを投げかけたところ、やはり84%という大多数の人がYESに回答しました。

体のダルさや眠気など、寝て起きた瞬間に違和感を感じるという方も多く、やはり生理は働く女子を憂鬱にさせていることがわかります。

生理の日に工夫していること

そんな本音を抱きつつも、いつも通りに頑張って働く女子たち。
一体どんな工夫をして、生理と仕事を両立しているのでしょうか? 「生理の日に工夫していること」についても聞いてみました。

温める

みなさんとにかく、生理の時はお腹や腰を温めるように注意している様子。オフィスでもなるべく暖かいドリンクを飲むようにしたり、ブランケットを使ったり。冷えて血液の滞りが悪くなってしまうと生理痛がひどくなってしまうこともあるので、夏場でもホッカイロを使っているという意見も。

腹巻きをしてしてお腹を冷やさないこと(tomomiさん/31歳/秘書)

暖かい飲み物を飲む
(ゆうほさん/25歳/編集)

腰とお腹を温める。
冷房が効いているので、夏でもホッカイロを貼って過ごしています
(ゆうきさん/歯科衛生士/29歳)

なるべく早く休むように

また生理の時は過ごし方にも変化があるという意見が多数。単純にお腹や腰が痛いから、眠気がひどいから「動きたくない」という気持ちにもなりますが、貧血や疲れを感じやすい生理の日は大人しく過ごすのがベストなのだとか。暖かくしてお家でゆったりとリラックスタイムを取りましょう。

疲れやすいので、なるべく早めに寝るようにしています(snさん/25歳/ホテル業)

外食の予定はなるべく外す、お腹が冷えるのでお酒を飲まない(ゆきさん/27歳/営業事務)

薬やピルに頼る

辛い時はガマンをせずに、薬を飲む。これも女性にとってはとても大事なことです。また、病院に行って低用量ピルを処方してもらってから、ひどい生理痛への悩みが緩和されたという意見もありました。痛みやPMSがあまりにもひどい時、「耐える」だけではない方法も取り入れて行きましょう。

痛みを無理せず、ロキソニンと一緒に胃薬を飲む。
腰痛がひどいから、カイロを腰に貼る。普段はハードタイプを使っているけれど、ソフトタイプのガードルを使う(ちーさん/36歳/パート)

生理痛がひどかったので、普段から低用量ピルを内服しています。PMSも経血量も減っていいことだらけ。(ゆうさん/23歳/看護師)

さらには洋服選びまで

生理の時には洋服選びにも変化が。
「ナプキンのズレが怖いから、絶対にパンツを選ぶ」という意見や、「経血が漏れてしまったら怖いので、なるべく濃い色のアイテムを選ぶ」などの意見があがりました。朝から夜まで外で働いている女子は、急な生理で衣類を汚してしまうこともあり、すぐに着替えができない状況であることも多いので、家を出る前に対策をしているのです。

スカートやパンツはとにかく暗い色を選ぶ!(ゆか/29歳)

洋服の色味を気をつける
機嫌の悪さを表に出さないこと
(あーかさん/26歳/不動産営業兼モデル)

「生理日休暇」があればいいのに…

また、生理日休暇に関してもアンケートを実施。

労働基準法の第68条をみると「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」という生理休暇が定められていますが、実際に自分から「生理痛がひどいからお休みを頂戴します」とは申告しづらいものです。

もっとカジュアルに休暇を取れるようになればいいのに…。
実際に、職場に生理日休暇が設けられている会社は、読者の3割ほど。生理日休暇が設けられていない会社もまだまだ多く、生理日休暇が設けられていない会社で働く女子の78%が、「生理日休暇が欲しい」と願っているようです。

生理の日だって、頑張ってます

いかがでしたか?
洋服選びから過ごし方まで、みなさんそれぞれに生理の日は、自分へのケア心がけています。それでも、時にはイライラしたり、急に泣きたくなったりすることもあるかもしれません。本来であればもっと「生理だから、今日は休もう」なんて働き方の選択肢が増えるのが理想ですが、まだまだ全ての会社で生理日休暇の取得は浸透していないのが実情です。
だからこそ、生理の時は自分がいちばん自分のことを大切にしてあげて。誰よりも、自分に優しく過ごしてあげましょう。生理の日だって頑張っている、働く女子の気持ちをいつかもっとみんなが理解してくれますように。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


生理 体調

関連する投稿


【医師監修】これって正常? 働く女性と「生理」に関するQ&A

【医師監修】これって正常? 働く女性と「生理」に関するQ&A

仕事の日にくる生理は何かとトラブルも多くお悩みの方も多いのでは? 生理に関する映画が上映されたり、生理休暇を導入している企業もあったりと、少しずつ「生理」の話題はオープンになってきましたが、抵抗があったり不安を抱えているという人も多いはずです。そこで、働く女性の生理についての疑問に医師がお答えします。


みんなが知ってる食材で健康&美容をサポート!香り高い「シナモン」の秘密♡

みんなが知ってる食材で健康&美容をサポート!香り高い「シナモン」の秘密♡

シナモンが好きな人とそうでない人と別れるかもしれませんが、実はシナモンには体調や美容をサポートしてくれる効果を期待できるのをご存知でしたか? 単純に香りをプラスするだけの食材ではないので、今日から取り入れてみましょう。


【喉のために揚げ物をかじる?!】イケメン声優 梶裕貴が実践する驚きの喉ケア

【喉のために揚げ物をかじる?!】イケメン声優 梶裕貴が実践する驚きの喉ケア

都内で行われた「Dyson(ダイソン)花粉対策トークイベント」に今をときめくイケメン声優、梶裕貴さんが登壇。声のプロが行っている、花粉症対策含めや喉のケアって一体どんなもの? 


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


最新の投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症に、これまでとは違う生活様式。夫婦のどちらもがリモートワークになり、家庭で仕事をしているという方も多いはずです。お互いにみることの少ない仕事中の相手を見ることができるのは新鮮である反面、トラブルも元になることも。そこで今回は、夫婦で過ごすリモートワークでも快適に過ごすコツを紹介。


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング