どのニットを合わせるべき? ボトムに合わせて選ぶ冬の厚手ニットトレンド

どのニットを合わせるべき? ボトムに合わせて選ぶ冬の厚手ニットトレンド

冬は毎日でも暖かいニットを着たくなりますが、家を出る前に全体のシルエットをチェックしておかないと、ダボっとゆったりしすぎて老け見え・野暮った印象になってしまうことも…。今回は、ボトムと相性抜群のニットを紹介♩


厚手のニットはシルエットが大事!

冬は毎日でもニットが着たくなりますよね。とはいえ、ニットにもさまざまな種類があることをご存知でしょうか。「ニットなら着回し力抜群!」と全体のバランスを意識せずコーデ組みをしていると、ダボダボなシルエットで野暮ったく見えてしまったり、時には実年齢以上に老けて見えることも……。厚手のニットを選ぶ時は全体のバランスをチェックすることが大切なのです。今回は、シルエットに合わせて選ぶ、厚手ニットをご紹介。

優雅なプリーツスカートに合わせるは「タートルネックニット」

あご下までしっかりとフィットする長い襟が特徴的なタートルネックニット。首元の長い襟を折り返したり、くしゃくしゃっとたるませて着ることで暖かさとおしゃれの両立が叶います。けれど、首元にボリュームがあるタイプのニットを着るときは、ボトムとのバランスを意識するのがとても大切。暖かい分、首が短く見えたり太って見える可能性もあります。

ニット・スカート:Spick and Span(スピック&スパン)/パンプス:Odette e Odile(オデット エ オディール)

そんな時にオススメなのが、Iラインを強調するヒダがたくさんある、プリーツスカート。風に揺れるたびに表情を変えるスカートで、ニットのボリュームを押さえてあげるのがオススメです。オフモードになりすぎない抜け感ができるので、綺麗めカジュアルが完成。髪が長い人は、首元をスッキリ見せるためにヘアアレンジをしてコンパクトにまとめてみて。

綺麗めボトムスに合わせるのは「キーネックニット」

キーネックニットは、暖かいながらも鎖骨が見える女性らしいカットが可愛いとトレンドに。ニットに十分な色っぽさがあるので、ボトムに合わせるのは綺麗めのテーパードパンツ。真ん中にラインが入ったパンツでスタイルアップも狙えます。

ニット:神戸レタス/パンツ:GU/ブーツ:ベースメントオンライン

落ち着きのあるカラー小物を取り入れることできっちりとした大人印象に。露出を増やしすぎると、見ていても寒いどころか、少しお下品な印象がついてしまうので、その他は完全に露出を防いで! 小物とのバランスが楽しめるコーデに。

「クルーネックニット」はレトロな雰囲気orメンズライクに

首元が丸く詰まったクルーネックニットは、身につけるだけでレトロな雰囲気になります。メンズライクなアイテムとの相性が抜群。ただ、注意しておきたいのは丸顔さんの場合。首元のカットと丸い輪郭が悪目立ちしてしまうこともあるので、ヘアアレンジや帽子などでしっかりとカバーを忘れないように注意して。

チェックと合わせることで、秋冬ならではのこなれた雰囲気が楽しめます。裾が広がったパンツと合わせても、太って見えたり野暮ったく見えることがないので、パンツを選ばずに活用することができます。

タイトスカートに合わせるべきは「バルーン袖ニット」

手元にボリュームがあるタイプのバルーン袖ニット。上半身にボリュームが追加されるので、バランスが難しく感じますよね? 確かに、ゆったりとした広がりのあるボトムを合わせてしまうと太ってしまって残念な印象に……。
ボトムはボリュームを落としたタイトスカートを合わせてみて。視線を散らす柄物を取り入れるのもオススメです。ボトムをコンパクトにすることが綺麗見えをつくるコツ。

ニット:ZARA/スカート:dholic(ディーホリック)/イヤリング: FRAY I.D (フレイ アイ ディー)

バルーン袖ニットは、ワンピースに合わせても◎

手元にボリュームがあるバルーン袖ニットは、袖がないタイプのワンピースに合わせるのもオススメ。主役であるワンピースにニットが程よいバランスで視線を上げてくれます。

コーデュロイワンショル風ジャンスカ:PairPair(ペアペア)

今年はアシンメトリーなデザインのワンピースが多く発売されています。こちらのワンショルダーワンピースも、ニットの形が違えばなんだか単調に見えてしまっていたかも。
バランスを間違えるとつまらなくなってしまったり、ちぐはぐに見えてしまう……なんて時に活躍したいのが、このバルーンニットです。

厚手ニットを選ぶときは、全身チェックが欠かせない

毎日のように着たくなってしまうあったかニットでも、形や素材、縫い方で印象が全く違います。けれど、ゆったりと見えてしまうアイテムだからこそ、全体のバランスをみて足し引きすることが大事。全身をくまなくチェックするのがポイントです。みんなが着ているニットだからこそ、退屈にならないよう楽しみかた&コーデ組みを覚えておきましょう。

この記事のライター

関連する投稿


なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

オシャレをしても、いまいち普通になってしまう。そんな方はもしかしたらこの要素が抜けているのかも…!


30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


スタイルをよく見せたいあなたに! 着痩せ・スタイルアップの法則

スタイルをよく見せたいあなたに! 着痩せ・スタイルアップの法則

ファッションを楽しむ季節の到来。薄手になる季節だからこそ、スタイルアップ術を身につけてより自分を魅力的に見せましょう。


センスってつまり何?スタイリストが教えるファッションセンスを磨くコツ

センスってつまり何?スタイリストが教えるファッションセンスを磨くコツ

「アナタって、センスあるね!」なんて言われるようになりたい!センスアップするにはまず何をすれば良い?


夏の通勤コーデはTシャツを着回すべし! 快適に仕事するきれい見えスタイル

夏の通勤コーデはTシャツを着回すべし! 快適に仕事するきれい見えスタイル

夏の暑い時期は、毎朝何を着よう…とつい悩んでしまいます。きれいめなブラウスも肌にぴったりと張り付いて不快感があるし、とはいえ風を通さない素材のものはなるべく使いたくない…。そんな時はオンもオフも使えるTシャツを味方にしてみては? 快適に仕事ができながら、きれい見えするスタイルをご紹介。


最新の投稿


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング