恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

彼氏はほしいけれど、ガツガツ攻めるのも苦手……。恋愛をお休みする時間が長くなりはじめても今は焦らず、彼と出会う日をゆっくり待ちましょう♩


恋人がいてもいなくても、幸せならそれでいい

前回の恋が終わってから、早くも数年が経過……。一年があっという間で、彼がいない空間にもすっかり慣れてしまっているのでは?

でもきっと、ふとしたときにこのままでいいのか、今すぐ彼をつくる必要があるのではないかと自問自答している瞬間もあるでしょう。

恋愛お休み期間が長くなっても大事なのは、いつも自分らしく生きること♡彼氏がいてもいなくても幸せならそれで十分なんです♩

生涯独身と決めなくていい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大失恋をすると、新しい恋をはじめるだけのエネルギーが残っていません。次々と恋を楽しめる人がうらやましいとも感じるでしょう。

けれどヘトヘトになっているということは、それだけ前回の恋にエネルギーを注いだ証拠。今すぐ新しい恋をはじめられるほど傷も癒えてはいないはずです。

こんなとき、私たち女子はどうしても「もうずっとひとりでいい」「恋をするほうが面倒くさい」と可能性を閉じてしまいたくなりますが、たとえご無沙汰期間が長くなったとしても、生涯独身と決める必要はありません。

いないならいないで、シングルを楽しむ。もし途中で運命的な出会いを果たしたなら、そのときは目の前の彼を大切にする。「いてもいなくてもいい」と思えると、状況は一変します。

周りの人との交流を閉鎖しない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

恋愛をお休みしていると、どうしても周りの人たちとの交流も閉じてしまいたくなります。

それぞれが結婚したり、ママになったり彼がいたりする中、自分だけがシングルでいるという事実を受け止めきれなくなると、なかなか周りの人たちと交流したいとは思えなくなりますよね。

しかし自分の世界を閉鎖したら毎日のリズムも鈍くなります。もしかしたら、ひとりよがりな考えになってしまい、さらに孤独を感じるかもしれません。

今までのように頻繁に会えなかったとしても、たまには懐かしい友人に会ってみる。自分から声をかけてみる。周りの人たちとも「今」という時間を大切に育むことで、その先に運命の相手が待っているはず。

いつか恋が再開したら彼とどこに行きたい?

「いてもいなくてもいい」が基本方針だとしても、たまにはワクワクした気持ちになりたいはず。そんなときは、いつか彼に出会ったときに一緒にどこに行きたいのかを考えてみませんか?

元彼とは行っていない場所でもデートがしたいし、過去の思い出を塗り直したいですよね。彼と出会ってから考えていると、意外と間に合いません。

事前に考えておくことで、リストを参考にしながら新しい彼ともデートを楽しめます。ほんとうに出会えるかどうかは「神のみぞ知る」の領域ですが、たとえ今の時点では妄想だったとしても、不思議とほんの少し明るい気持ちになれるのです♡

いてもいなくても、いつも自分らしく今を生きる♡

絶対に彼氏をつくるべき。絶対にもう一生ひとり。自分の未来に「絶対」はありません。可能性を閉じてしまう言葉は口にせず、あくまでも「いてもいなくてもいい」くらいの気持ちでいましょう。

彼氏がいなくても寂しがる必要はないのです。でも、彼がいたらそれはそれでたくさんのメリットがあります。

どんなときも、自分らしく生きていく。今を大切にする。一日一日を丁寧に後悔のないように過ごしていれば、いつかはきっと今とは違うステージにたどり着けるでしょう♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


恋愛 お休み おひとりさま

関連する投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

「女性は一歩引いて、男性を立てるべき」。このような価値観は、女性の社会的進出が進むと同時に古い考えへと変わりつつあります。そこで今回は、婚活女子にこそ理解しておいてほしい、間違ったモテについてご紹介。


自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


最新の投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症に、これまでとは違う生活様式。夫婦のどちらもがリモートワークになり、家庭で仕事をしているという方も多いはずです。お互いにみることの少ない仕事中の相手を見ることができるのは新鮮である反面、トラブルも元になることも。そこで今回は、夫婦で過ごすリモートワークでも快適に過ごすコツを紹介。


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング