パワースポットや占いって本当に効果ある?心理学が教える幸運の引き寄せ方



実際どうなの? 初詣やパワースポットの効果って

みなさん年をあけたタイミングで、初詣やパワースポットには行ってみましたか?
毎年行っているという人もいれば、今年はたまたま行っただけ、という人もいることでしょう。しかし「初詣に行ったり、わざわざパワースポットに行くのって本当に良い効果があるの?」と疑問に思うこともありますよね。昔からあるしきたりや、おまじないや占いなど。開運を引き寄せるために有効だと言われている方法はいくつかありますが、それが実際に効果があるのかなんて実際にはわからないもの。過剰に話すぎると、なんだか変な団体に勧誘されそう……と疑いの目を持ってしまうことすらもあるでしょう。

そんなあなたに面白いデータを紹介したいと思います。 心理学者のライサン・ダミッシュが行った実験です。被験者にはパターゴルフをしてもらいました。その直前に1つのグループには「これはパワーがよく入る素晴らしいボールだよ」と言ってパットを打たせ、もう1つのグループには「ただのボール」と伝えた上でパットを打ってもらい、カップインする回数を比較するというものです。その結果、素晴らしいボールだと伝えたグループは平均6.4回カップイン。ただのボールと伝えたグループは平均4.7回カップインしたという結果に。そう、人間は「運が強い」や「ご利益がある」思い込むことで、それを実現化させる力があるということがわかったのです。
これを『自己成就的予言』といいます。例えば「おみくじを引いたら良い運勢だと書いてあった」、「パワースポットに行ったから悪いことから守ってもらえるはず」というように、信じることで本当にその結果に沿う行動を人間は取るというものです。

なのでまずは「絶対にご利益がある」「今年は私の年よ!」とポジティブに考えることが幸運を引き寄せるためには大切です。信じるものが勝つ。これは全く根拠のない言葉のように思えるかもしれませんが、心理学でも度々目にするものです。疑ってばかりいないでまずは信じてみること。

幸運を引き寄せたい時は、周りの人を○○で固める!

今あなたの周りの人を、見つめ直してください。友人や家族、同僚など、どんな人が思い当たりますか? 仕事を楽しんでいる人もいれば、そうでない人もいるでしょう。婚活してる人がいたり、結婚してる人も。さまざまな方々が周囲にいるはずです。

あなたが幸運を掴むために取るべき行動は「自分の周りを幸せそうな人たちで固める」ことです。暗い人や、不幸そうにしてる人とは一旦距離を置いてみましょう。新婚生活を楽しんでいる人や仕事が順調そうな人、プライベートが充実していてイキイキと毎日を楽しんでいる人。こういったタイプの人を周りに置いてください。
よく「笑顔は伝染する」と言いますが、心理学をみてみても「幸せは伝染」するということがわかっています。周りの人が幸せだと自分も幸せになってくる。そんなデータがあるのです。
ハーバード大学が行った調査で、1万人以上を対象として、約30年を掛けたものがあります。長いので細かい説明は省略するしましょう。それによると日々接している人間(家族、友人など)が幸せを感じていると、自分も幸せを感じる可能性が15%も上昇する、ということです。周りが幸せなだけで、あなたも幸せを感じるようになるのです。これは何故かというと、周りが幸せを実感していると、その話を聞いたり、同じ体験をすることでポジティブな気持ちになり、小さな幸せやちょっとした感謝を感じられるようになるため。

イメージするとわかりやすいのですが、開放的な自然溢れる場所で、イライラしている友人と過ごしていると素直に幸せを実感できない、なんてことはありませんか? 逆に、幸せそうにしている友人と過ごしていると、自分自身も一緒に幸せを感じられるはずです。よく旅行や遠出に行った時こそ友達との本当の相性がわかると表現されますが、これも同じこと。
今年が良い年になるか否か。それはあなた自身だけでなく、あなたと関わる周りの人間にも左右されるということなのです。

不確かなものだからこそ信じる

占いもパワースポットも、初詣もおまじないも目に見えないものなので「本当にあるのか?」と言われるとその効果はわかりません。統計データも取れない不確かなものにすぎません。しかし本当に信じれば、ご利益や不思議な力を得られるのは確かなこと。
「あるのか無いのかわからないものを信じる」のは難しいかもしれませんが、信じることで幸運になれたり、自分のもつ力を引き出すことができるのであれば、こんなに安いものはありません。

「今年はパワースポットに行ったから大丈夫」、 「おみくじでイイ人と出会えるって書いてあったから素敵な人に会えるかも」。こう信じることで、その結果に沿うような行動をあなたは選択して行きます。

「周りは幸せそうな人たちでいっぱいだから幸せ」と嫉妬ばかりせず周りを認め、祝福すれば、あなたもポジティブなところに目が行きやすくなり、日々の小さな幸せを実感できるようになります。それが周囲の人に伝わり、さらに大きな幸運を呼び寄せることができる。

不幸そうにしている人のところに幸運はやってきません。例えやってきたとしても気づかない、もしくは疑ってしまうことでしょう。「騙されているんじゃないか?」、「なんで自分なんだろう?」というように。

まずは小さな幸せを認識すること。それがあなたが幸せに過ごせる最強の、そして唯一の方法かもしれません。