ひとりだからゆっくり過ごせる!おひとりさまの極め方



ひとりって、素敵♩

彼氏もいないし、今すぐつくりたいとも思わない。結婚への興味がないわけではないけれど、それ以上に目指したいものがあったり、優先したいことがあったり。

おひとりさまって決して寂しい状態ではないんです。むしろ、ひとりでできることが増えるたびに幸せを感じられるように。

もちろん、ときどき寂しくなりながらも、おひとりさまならではの心地よさもあります。今すぐ結婚の予定もないなら、とことん今の状況を最大限に活かしてみませんか?

土日はあえて積極的に出かける

おひとりさまの中にはカップルに遭遇するたびに嫌な思いをするから、と土日は引きこもるという人もいます。けれど、それって自分の生き方を貫いているというよりもどこか負けているというか、他人に対して遠慮している気がしませんか?

失恋直後はどうしても土日にでかけてもストレスを感じやすくなってしまいますが、おひとりさまの状況に慣れはじめると、土日も自然と外出できるようになるんです。

周りがカップルだらけの中、ひとりで買い物していると自分のことながら少しかっこいいなって思ってしまったり。ひとりの時間をちゃんととることで、魂は確実に磨かれるのです。

「ひとり〇〇」のレパートリーが増えるたびに達成感!

以前よりも、おひとりさまへの偏見がなくなったと筆者は感じています。

なぜなら、ひとりで夕食をとっていても、ひとりで美術館に行っても、なにをしていても自分と同じおひとりさまに遭遇し、さらにはその状態を周りも「ひとり?」なんて思わなくなりはじめているからです。

周りからの理解も高まれば「ひとり〇〇」のレパートリーも簡単に増やせちゃいますよね。ひとりカラオケ、ひとり買いもの、ひとりディズニー、ひとり映画、ひとり水族館と、ひとりでも楽しめるコツが分かりはじまると、ますますおひとりさまというライフスタイルならではの心地よさが分かるように。友達や仲間と楽しく過ごす時間は必要ですが、ひとりで行くことにも意味があるのです♩

おひとりさま向けサービスの最新情報を少しずつ集めておく

さらに少しずつおひとりさまを極めるためには、おひとりさま向けサービスの最新情報を常に集めておくことが大切です。

たとえば、今はおひとりさまといっても実家で暮らしていれば両親もしくは兄弟・姉妹がいるでしょう。ですから、ほんとうの意味ではひとりではない状態の方もいらっしゃいますよね。

万が一、ひとりの状態になっても様々なサービスを活用することで、生活も心の調子も現状維持できるかもしれません。社会の課題に対し疑問を抱き、強い意志のもとサービスを立ち上げる人たちは日に日に増えている印象を受けます。

生涯独身率が年々高まるのを目の当たりにすれば、課題解決に向けて必ず動き出す人たちがいるでしょう。数か月前は誕生していなかったおひとりさま向けサービスがまた新たにスタートしている可能性もあります。

おひとりさま向けの家事代行サービス、体調不良時のサポート、海外旅行の同行サポートなど、おひとりさま向けサービスの最新情報を常に集めておけば、ちょっと困ったときも助けを求められるのです。

これからもずっとひとりとは限らないけれど…

これからもずっと独身とは限りません。実際に筆者の周りでも「もうこの人は結婚をしないだろうなぁ」と勝手ながら思っていた人から「結婚します」と、つい先日もハガキが届きました。

ただ、絶対に結婚すると覚悟を決めるのも少し違うと感じているおひとりさまも多いのではないでしょうか。

今、おひとりさまならその生き方を思いきり楽しむことが大切♩将来に向けて対策はとりながらも、もっと「ひとり」を極めたら、さらに新しい世界へとたどりつけそうです。