先行きが見えない将来に不安…。ダウナーな気分を回復する方法



私、このままどうなっちゃうんだろう。

コロナウィルスの影響もあり、日本の社会情勢が大きく揺らいでいる今。こんな状況でも仕事がある方はまだ良いのですが、なかには明日のご飯を食べていけるかどうかの緊急事態に陥っている方も多いはず。とくに接客業をしている方々は仕事もですが、健康面への心配もありますよね。

今日明日はどうにかなっても2〜3ヶ月先はどうなるか分からない不安を抱えている方に向けて、今からできる対策と不安を解消するコツをご紹介いたします。

まずは気持ちを落ち着けよう

まず、大切なのは不安な気持ちに取り込まれすぎないことです。もちろん、明日の生活がかかっている緊急事態だった場合はそんな悠長なことは言っていられないかもしれません。しかし、不安や気持ちがマイナスであればあるほど、それに対する解決策というのはなかなか出てきません。

こんな時だからこそ気持ちを強く持たなくてはならないのです。そのためにも一旦、心をほぐす時間を作ってください。おすすめは心身をリラックスできるアロマを焚いて、一人の時間を作ることです。アロマなどが手元にない方は、家の周辺を5〜10分ほど散歩して外の風に当たることでも気分がリフレッシュします。

不要不急の外出は控えなくてはいけませんが、鬱屈した心を回復させるには適度な散歩も時には必要です。あまりがんじがらめになり過ぎず、何も考えずにいられる時間を持ってくださいね。

テレワークに必要なものをツールを揃える

経済状況がガラリと変化すると、多くの人が先々に備えて貯金を始めるかと思います。もちろん、それ自体が悪いことではないのですがお金は貯める以上に何より増やすことが大切。この先、仕事がなくなってしまう可能性も考えられるならば尚更、それに変わる仕事を今から見つけていく活動を始めましょう。

そこで今、重要になっているのが「在宅でできる仕事」です。最近では在宅の事務や在宅のコールスタッフ、在宅秘書といったテレワーク型の求人もかなり増えてきています。そしてこれからも増えて行くことでしょう。いざとなった時にそうした仕事に就けるよう、まずはPC・ネット回線・オフィスソフトなど必要なツールを揃えましょう。

スマホでできるテレワーク案件もあるにはあるのですが、条件が絞られる上に稼ぎの良い仕事に直結しにくい印象があります。できれば大きな出費は避けたいところですが必要経費と捉えても良いくらいではないでしょうか。中古のPCであれば4〜5万円台で購入もできますし、お知り合いの中で使用していないPCを譲ってもらえないか交渉にも当たってみるも1つの策です。

不安はチャンスに変えられる

自粛ムードが続く昨今、ニュースは「心配」「不安」というマイナスな言葉が飛び交っています。もちろん、それに間違いはないのですが長期的に見れば、その不安はより良い生活を送るチャンスに変えることができます。

在宅勤務になったことで家族との時間を作れるようになった。自炊するようになって健康への意識が高まった。働きすぎていた労働状況が解消された。不安の裏には、かすかな希望や別の意味での豊かさも隠されているのです。

大きく変わる時代、ただ悪化する状況を受け入れるだけではなくそれを乗りこなすために必要なこと、今のご自身ができることをぜひじっくり考えてみてくださいね。