イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ

イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ

喧嘩するたびに仮病をつかって会社も友人との予定もキャンセル…。あまりにも振り回されていると、自分らしさがどんどんなくなるかも!?今回は、彼と喧嘩をしても不安定にならないコツについてご紹介いたします。


彼と喧嘩をすると情緒不安定に!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

彼と喧嘩をすれば、このまま別れるのではないかという思いでいっぱいになるでしょう。
勝手に別れを想像して、つい感情的な態度をとっていませんか?

きっと今は、彼も一人でゆっくり考えたい時期なのでしょう。自分が苦しい思いをしてまで追いかける必要はナシ!そこで今回は、彼と喧嘩をしても不安定にならないコツをご紹介いたします。

今まで通りのペースを崩さない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

喧嘩をしても、安定的な生活を送るためには、とにかく気にしない。そして今まで通りのペースを崩さないことが基本です。たとえば、彼と大喧嘩をしてたくさん泣いても、翌日に仕事があるなら、夜遅くまで泣かない。目が腫れたまま会社に行けば、みなさんから「どうしたの?」と言われてしまいます。

もちろん、あまりのつらさに会社をずっとお休みするのも、社会人的には、よろしくありません。彼と喧嘩をしても、仕事には行き、習い事もすべて通い切ったうえで、ゆっくりする時間をとりましょう。

ルーティンを味方に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんな状況になろうとも、安定的に過ごすためには、数々のルーティンを設定しておくといいかもしれません。たとえば、朝起きたら、顔を洗う→歯を磨く→お水を一杯飲む→瞑想をする→朝ご飯を食べる、など、基本的な流れをすべて決めておくのです。

すべて自分の中でルール化しておくことで、たとえ彼と大喧嘩をしても、日々の習慣を繰り返していくだけで、不安定な状況にならずに済むのです。同じことを繰り返すことで、乱れた心も元に戻っていくでしょう。

どんな状況になろうとも、安定的に過ごすためには、数々のルーティンを設定しておくといいかもしれません。たとえば、朝起きたら、顔を洗う→歯を磨く→お水を一杯飲む→瞑想をする→朝ご飯を食べる、など、基本的な流れをすべて決めておくのです。

すべて自分の中でルール化しておくことで、たとえ彼と大喧嘩をしても、日々の習慣を繰り返していくだけで、不安定な状況にならずに済むのです。同じことを繰り返すことで、乱れた心も元に戻っていくでしょう。

自分からは連絡をとらない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

彼と大喧嘩をした後は、しばらく冷却期間が必要です。今はどんなに「ごめんなさい」と謝っても、それは彼の心に響くことはありません。時間を置いてみないと、相手がなぜあのときにあんなことを言ったのかも分からないものです。

自分からは連絡をとらずに、彼から連絡が来るのを待ちましょう。待っている間は、返信の催促も禁止です。そのうち、相手からなにかしらのアクションを起こしてきます♡

喧嘩したぐらいで、不安定にならないで!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか?

彼と喧嘩をして不安定になるのは、喧嘩=別れると決めつけているから。そして彼のことが本当に大好きだからでしょう。

しかし、一度喧嘩したくらいで別れを突きつけられるくらいなら、元々お互いに別々の方向を向いていたのです。

喧嘩をしても、感情的な態度さえとらなければ、自然と仲直りできるはず♡

落ち込んでいられない。つらいときでも「いつもの私」に戻る方法

https://cinq.style/articles/1052

仕事でミスった。恋人と喧嘩をした。家族にまで八つ当たりしちゃった…。このまま負の連鎖へと突入する前に、いつもの私に戻りましょう。今回は、つらいときでも「いつもの私」に戻る方法をご紹介します。

もう潮時? マンネリを感じている彼がみせる4つのサイン

https://cinq.style/articles/162

彼の様子が最近おかしい…。そのまま破局する前にどうにかしてストップをかけないと! 今回は、マンネリを感じている彼がみせる4つのサインをご紹介いたします。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング