30代で失恋したら…? 失恋後に先走ってしまうNG行動と正しい立ち直り方



20代よりも30代の失恋は、ちょっときつい……。

20代で失恋するのもつらいけれど……30代で失恋はもっとつらい!

今度こそ同棲も結婚もできると思っていたのに、あっという間に終わってしまった恋。再びおひとりさまの生活がはじまり、すっかり落ち込んでいるのでは?

失恋後は心が繊細な状態。間違った方向に進まないように、もうしばらく心の整理整頓を。

失恋後のNG行動「可能性のない男友達に声をかける」

30代で失恋をすると正直「焦る」というのが本音ではないでしょうか。

いずれ結婚したいと願っている場合、少しでも早く新しい彼氏を見つけようと焦る人がいます。焦りすぎてしまった結果、可能性のない男友達にまで声をかけて、あとから後悔したり。

どう考えても恋人候補として見られない、でも相手は気があると分かっていてデートするのは、さすがに可哀想かも……。

きっと彼と無理やり付き合おうと思っても心は正直です。一度「無理!」と思ったら、永遠にそれが答え。

いくら結婚したいとはいえ、やはりフィーリングが一致していない人に声をかけてもまったく進展しないものですよね。

失恋後のNG行動#2「傷ついているのに無理やり婚活を始める」

30代で失恋した場合、もしかしたら元彼はあっという間に新しい人を見つけて、すぐに結婚する可能性があります。そこで気をつけたいのは元彼と張り合うように、無理やり婚活を始めないようにすることです。

深く傷ついたまま婚活をスタートしても、おそらくまったくタイプではない男性に出会うばかりで、さらにイライラする原因に。

今は傷を癒やすことが最優先事項。癒やす方法として新しい恋愛を探すのも大切ですが、婚活がうまくいかないたびに傷が深くなっているなら、もう少し休憩期間を挟みましょう。

改めて自分はどんな人をパートナーにしたいのか、どんな価値観を大切にしたいのかをじっくり考えます。

失恋からの立ち直り方「結婚だけを目標にしない」

失恋から立ち直るためには、結婚だけを目標にしないことが大切です。

よく周りを見渡してみましょう。全員が必ずしも結婚しているとは限りませんし、結婚してもママになっているわけではないはずです。結婚しても子どもをもたない夫婦もいれば、あえて入籍しない二人もいますね。「私は自由でいたいから」と早い段階で独身を貫くと宣言する人もいます。

大切なのは、固定概念にとらわれずに自分らしく生きるということ。結婚だけしか意識しなくなると、パートナーと出会えていないだけで失格、と自分を責めることに。

仕事や趣味を通して仲間と出会い、多くの人たちとの交流を楽しむのもそれはそれで一つの人生であり、周りはきっとそんなあなたが輝いて見えるでしょう。

恋愛の傷を恋愛で埋める必要はなく、むしろ恋以外の要素で傷を癒やした方が最終的には運命のパートナーとも巡り合いやすいのかも♩

失恋からの立ち直り方#2「おひとりさまの自分を否定しない」

30代で失恋し、さらには付き合っていた人が別の女性と結婚となると、自分の存在を全否定された気持ちになります。決してそうではないと頭では分かっていても、結婚相手として選んでもらえなかったという事実が傷を深くするのです。

しかし付き合っていた彼はただ学ぶべき相手であって、生涯の伴侶ではなかっただけ。運命の相手はおそらくこれからまた人生を過ごす中で再び出会えるはずなんです。

今はとにかくシングルである自分自身を否定せずに、ありのままの私を大切にしてあげること。悲観的になればなるほど、マイナスオーラが放出されるかも。

おひとりさまらしく毎日を丁寧に過ごそうと思っていると、少しずつ新しい恋の気配を感じるようになるはずです♩

30代で失恋しても、まだまだ人生は続いていく

30代で失恋しても、たったそれだけで人生のすべてを投げ出す必要はありません。元彼に対してたくさん言いたいことはあっても、今は我慢して古い過去を手放す。結婚への焦りや不安も積極的に手放し、今は毎日を丁寧に過ごすことだけに意識を向けましょう。

少しずつ傷が癒えれば、いつかはまた「この人なら自分の人生を預けてもいいかもしれない」と思える人と巡り合えますから♡