10分で作れる!在宅勤務中にぴったりの時短レシピ【お肉編】



在宅ワーク中のランチ、悩みませんか?

自宅で仕事をすることが増えてから、頭を悩ませることが多いのが食事。これまでは会社に勤め、ランチは外に出て気分転換を楽しんでいたという人も多いことでしょう。ずっと家にいるからこそ、お昼休みのタイミングが取りづらく、ましてや料理をすることからスタートとなると、面倒に感じてしまいますよね。そこで今回は、ヤマキ株式会社さんが提供している「10分あれば作れるレシピ」を公開!
市販のめんつゆや白だしなどの調味料を活用して、ササッとランチが作れるように工夫していきましょう。

豚バラ肉のめんつゆマヨネーズ焼き

【材料】(2人前)
豚バラ肉……200g
マヨネーズ…大さじ3
めんつゆ……大さじ4
ごま油………小さじ1
キャベツ……適量
トマト………適量

【作り方】
①熱したフライパンにマヨネーズを入れて、豚肉を焼く。
②豚肉に火が通ったら、「めんつゆ」を加えてよく混ぜ合わせ、仕上げにごま油を回しかける。
③皿に盛り、せん切りにしたキャベツとくし切りにしたトマトを添える。

がっつりご飯を食べたいときにおすすめ!
マヨネーズを入れることで、冷めてもお肉がやわらかくなり美味しく食べられるから、お弁当のレパートリーにも追加できます♪

高野豆腐と牛こま肉の白だしさっと煮

【材料】(2人前)
高野豆腐……2枚
片栗粉………大さじ2
牛こま肉……120g
長ねぎ………1本
サラダ油……大さじ2
(A)割烹白だし……50ml
(A)水………………350ml
(A)砂糖……………小さじ2
七味唐がらし……適量

【作り方】
①高野豆腐は水でもどして水気をしぼり、1/6に切って片栗粉をまぶす。長ねぎは1cm幅の斜め切りにする。
②フライパンに油を熱し、高野豆腐と牛こま肉を焼く。高野豆腐は両面に焼き色がつくまで、牛こま肉は火が通るまで加熱する。
③(A)と長ねぎを加えて煮立て、火が通ったら器に盛り付け、お好みで七味唐がらしをかける。

和食をつくって、もう1品足したいときにオススメです。ふんわりした高野豆腐の食感も楽しんで!

北海道風 豚丼

【材料】(2人前)
ご飯…………440g
豚ロース肉…250g
小麦粉………適量
油……………大さじ2
(A)こんぶだし…1/2袋
(A)水……………30ml
(A)しょうゆ……大さじ2
(A)みりん………大さじ3
白髪ねぎ………適量

【作り方】
①豚ロース肉は小麦粉を薄くまぶし、油を熱したフライパンで両面をこんがりと焼き、一度取り出す。
②サッと拭いたフライパンにAを入れて煮つめ、少しとろみがついたところで①を戻してからめる。
③ご飯を盛り付けた丼にのせ、白髪ねぎをのせる。

タレが豚バラ肉にたっぷり絡んだ本格豚丼。タレがごはんに染みて最後まで美味しく食べられる一品です。

在宅ワークこそ「時短」が大切!

仕事とプライベートの区別がつきづらい在宅ワークこそ、時短が大切です。おうち時間を活用して料理のレパートリーを楽しく増やしてみては? どれも10分で作れる時短料理です。簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

提供:ヤマキ株式会社