憧れられる存在になりたい!女性が憧れる女性像の作り方とモデリング



「同性に憧れられたい!」そう思う人がやるべきことは?

見た目や仕事の不出来など、何かと自分の評価が気になってしまうことってありませんか?
とくに異性からの評価よりも、同性からの評価が気になってしまう……という人は多いものです。

女性同士の場合は、仕事ぶりだけでなく、顔や雰囲気、スタイル、服装、歩き方、姿勢などの細かい部分をさり気なくチェックされていることも多いですよね。これは、“憧れの女性像”、“憧れの先輩像”に含まれているのが、仕事ぶりのみでなく見た目や立ち振る舞い、家庭の有無などのステータスも含まれていることが多いからです。
では、人から「憧れの存在だと思われたい」と思っている人は、どのような行動をすれば良いのでしょうか?

あなたにとっての「憧れる女性」を明確にする

どんな人にだって「憧れの存在」と呼べる人がいる、またはいたはずです。自分のお手本としている、ロールモデルがまずは一体誰なのかを明確にしみましょう。

遠いところだと、芸能人や著名人。身近なところだと、母親や先輩など……。 あなたが憧れる女性はどんな人なのか? 誰がもっともイメージに近いのか? を思い浮かべてみてください。その人はどのような見た目で、ライフスタイルを送っているのでしょうか。趣味や特技、憧れるポイントは一体どこにあるのでしょうか。

「この人のようになりたい」と思う気持ちがあるのであれば、憧れの人を模倣してみることがもっとも簡単です。それをモデリングといいます。

自分とは程遠い世界にいる芸能人や著名人だって、ファッションやヘアメイク、姿勢や話し方、所作や動きについてはなんとなくイメージができますますよね。もし、あなたのロールモデルがもっと身近にいる人なのなら、もっと詳しく思い浮かべられるはず。最初は自分が憧れる人のマネをすることからスタートしましょう。

憧れる要素を明確にする

マネをする、と言ってもここでするべきなのは、その人に外見や見た目をそっくり似せるという意味ではありません。また、自分にとってのロールモデルは1人でいなくても良いのです。

見た目や雰囲気は芸能人のあの人、仕事の仕方は会社にいる先輩、話し方や所作はあの人のような振る舞いを……というように、自分の理想となる人物像を作り、それぞれの良いところを真似していけば良いということです。
自分が素敵だと思う女性はどういった人なのか? その人はどんな要素が素敵に見えているのか? がわかっていれば、そのような女性が行いそうなことを意識して行動に移していきましょう。

同性に「憧れられる」女性になるには自分自身の理想をより明確にすること

自分の理想像を明確にした次は、「具体的にどんなことをすればいいのか?」です。 憧れる人を模倣するだけでも、人からの印象は大きく変わってきます。 それが自分自身の板についてきたら、その次のステップに進んでいきましょう。

どんなロールモデルが求められているかを意識する

例えば、「職場の後輩に憧れられたい」と思うなら、年下女性のロールモデルになることを意識しましょう。

「年上」という武器が生かされるのは「知識」と「経験」……そして「心の余裕」でしょうか? それらはどのような場面で活きるのかを考えてみて。
自分がロールモデルとなる人のミラーリングをすることで、ある程度見た目には気を配るはずです。その上で、自分は誰に憧れられたいのか? を明確にして備えておきましょう。
自分が憧れられたい層の女性についても解像度を上げ、それに沿ったアプローチをしていきましょう。

年齢や環境を意識する

また、自分の環境を意識することも大切です。

例えば「休日は習い事をしている」とだけ聞くと、「そうなんだ」で終わってしまうかもしれませんが、「70歳でもダンスのレッスンに通っている」と聞くと、「すごいね」という印象をもちませんか? あなたが目指しているロールモデルも、評価されるタイミングがあります。それがいつ頃なのか? どんな人から見ると、輝いて見えるのかということも意識しておくと良いでしょう。

「目標」に沿って努力している姿こそが、魅力的に見える

この記事で言いたいことは「自分の目標はどこにあっても良い」ということです。
身近なロールモデルがいないと嘆く女性は多いですが、身近なところで目標を探す必要はありません。憧れの人がいるのであれば、それに近づけるように努力することが大事だということです。

まずは自分が目標とすることに近づくために分析を行い、近づけるように行動していくこと。その姿勢が同性からみても「格好いい女性」「素敵な女性」と映るはずです。
どれだけ素敵な人であっても、万人に好かれる・憧れられることはないので、自分に価値観が近い人にとっての憧れになれるよう目指していきましょう!