いよいよアラサー。30歳になる前に確認したいこと



いよいよ30歳!

女性にとって、30歳は大きな節目。
30歳を基準にしながら結婚や転職を考えている人も多いのでは?

アラサー世代に突入する前に、これからの自分について、ゆっくりと考えてみましょう。
そこで今回は、30歳になる前に確認したいことをご紹介いたします。

結婚した後のキャリアプランを考える

今すぐ結婚の予定がなくても、いずれ結婚・子育てを考えている場合、今の職場で働き続けるのか、一度退社してからキャリアを築き直すのか、今のうちから考えておくべきでしょう。

そのときになってから慌てて考えるのも、なかなかしんどいものです。結婚した後も今の職場で働き続けたいと思っても、自分よりも上の先輩たちが一人も復帰していなければ、とても環境が整っているとはいえません。

もちろん自分が前例になる、というやり方がありますが、どうしてもつらければ、産休・育休の環境が整備されている職場へと移る必要があります。時間に余裕があるいまのうちから、キャリアプランについては、よく考えておきましょう。

両親との付き合い方を見直す

実家に住んでいる場合は、両親との付き合い方も見直さなくてはいけません。

あきらかに両親の体力が下がってきて横になっている時間が多いなら、一番若い自分が率先して家事をこなさないと、両親にますます負担をかけるだけに…。

とはいえ、今の段階から全身で甘えられても、娘としてはイラっとするでしょう。今までのように、友達親子で居続けるのも限界があります。ほんの少しだけ距離を置いて、それぞれが自由に過ごす時間があってもいいのでは?

結婚の予定がなければ一人暮らしを検討する

結婚をしていない=自立していない、と認識されることに抵抗をもっている女性も多くいらっしゃるはずです。

普通に働いて、家にもお金を入れて、一通り必要なものも全部払っているのに、家を出ていないだけで自立をしない、と親から言われ、我慢の限界を迎えていませんか?

両親としては、子どもが心配だからこそ厳しく言っているのかもしれませんが、あまりにも過干渉すぎると、娘は娘でストレスを感じやすくなります。しばらく結婚をする予定がないなら、一人暮らしを始めてみるのもありかもしれません。

一人の時間が増えれば、少しは家族との関係性も安定するかも!?

これからも付き合っていきたい友人を選ぶ

大人になればなるほど、それぞれがないものねだりになって、自分とは価値観の合わない友人と距離を置きたがるものです。

学生時代は、あれだけ仲良くできていたはずなのに、今はすっかり疎遠に…。

友人が減り始めているなら、次のステップへ進みなさい、というサインです。時間があるときに、改めてこれからも付き合っていきたい友人リストをつくり、ご縁のある人を見極めましょう♡

30歳になっても、学ぶことだらけ!

いかがでしたか?
30歳になっても、まだまだ目上の人からしてみれば「未完成」の年代。

どんな家庭をもちたいか、どんな仕事をしていたいか…ときどき夢を膨らませながら、今という一瞬を丁寧に過ごしてまいりましょう♡