簡単で安心! 紛失・漏えいから守るパスワードの「管理方法」とは?

簡単で安心! 紛失・漏えいから守るパスワードの「管理方法」とは?

公私共に管理しなければならないパスワードはたくさん。漏えいを避けるため複雑なパスワードにしている人も多いですが、みなさんはどんな管理方法をしていますか? 今回は紛失・漏えいから守るパスワードの管理方法についてご紹介します。


各種ツールでパスワードが必要な時代

会社で取り扱うツールや、自分の口座やSNSのアカウントなど……公私ともに管理しなければならないパスワードがたくさんあってアタフタしていませんか? 全てを統一していれば管理がある程度簡単になりますが、文字数の制限や使用する文字に指定があったりと何かとパスワードは増えていくものです。

そのため、今こそ気を付けなければいけないのが「情報漏えい」です。覚えやすい簡単なパスワードで使いまわしている人もいますが、もし1個流出されてしまうと2次、3次被害へと発展せざる得ません。
また、これらを避けるために複雑なパスワードを作ってしまうことによって必要なときにパスワードがわからなくなってしまうこともあります。
複雑なパスワードをいくつも生成し、忘れないように管理をするにはどのような方法をとればいいのでしょうか?

アナログで管理する

パスワードを管理する方法として、紙に書いておくというアナログな方法があります。最近では100円ショップでもパスワードを管理する用のノートが発売されているので非常におすすめです。

新しく会員になった通販サイトなど、ユーザー名やパスワードを紙に残しておくと自分がどれだけのサイトに登録しているのかを把握することができるので、最近利用していないものがあった場合は、すぐに解約することもできます。

アナログで管理するデメリットとしては、記録した紙を紛失した場合のリスクがあること。全て大切な情報が書き込まれていますので、取り扱いには十分注意が必要です。

アプリで管理する

アナログな方法でパスワードを残すのはあまり気が乗らない……という人におすすめなのが、「Lastpass」「1Password」といった、スマホのアプリでパスワードを管理する方法です。アプリを使うことで、推測されにくいパスワードの生成からパスワードの一元管理までが簡単になります。

各サイトのパスワードなどを記録して、ログインする際にはスマホに内蔵されている指紋認証機能を使うようにしておけば、スマホを落としてしまったとしても安心です。
また、銀行のアカウントや通販サイトにも対応しているため、クレカ情報もしっかりと保管できます。

もちろんアプリで管理する方法もデメリットはあります。
ハッキングをされてしまえば流出してしまう可能性も。ご紹介した「Lastpass」や「1Password」は安全性が高く評価されていますが、そのような危険が起こる可能性も無くはない、ということは頭の片隅に入れておいた方が良いでしょう。

デメリットもあるけど、リスクはかなり抑えられる!

アナログもアプリでの管理もデメリットはありますが、一番リスクが高いのが

・同じパスワードを使いまわす
・何年も同じパスワードを使っている
・名前・誕生日など自分の情報にちなんだパスワード
・「12345」など連続した文字列のパスワード


です。これらのことを行っている人は、危険なのですぐにやめましょう。
パスワード管理に正解はありませんが、トラブルを未然に防ぐために、工夫して安全に管理をしていきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


情報 スマートフォン

関連する投稿


【エディターレポート】今更聞けない! 接触確認アプリ「COCOA」の活用メリット

【エディターレポート】今更聞けない! 接触確認アプリ「COCOA」の活用メリット

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」は皆さんダウンロードをしましたか? スマホを所持している人はダウンロードしておくべきアプリですが、まだまだダウンロード数が少ないのが現状。今回は、接触確認アプリ「COCOA」の活用メリットと使用感について解説していきます。


SNSにアップした写真から身バレ?! 個人情報流出を防ぐ写真の撮り方

SNSにアップした写真から身バレ?! 個人情報流出を防ぐ写真の撮り方

SNSで写真を投稿する機会も多い今。個人情報漏えいのリスクについてはしっかりと理解しておきたいところ。1枚の写真から「まさかそこまでわかる人がいるの?!」と驚くほどに情報が映り込んでいるものです。身バレやプライベートを守るため、撮影時に気を付けるべきポイントについて紹介します。


スマホの中身もキレイに!溜まりがちなデータ整理のポイント3つ

スマホの中身もキレイに!溜まりがちなデータ整理のポイント3つ

年末の大掃除を終えて一息つきたい所ですが、スマホやパソコンの中身もスッキリさせてみませんか? 消したら戻ってこない、という理由からつい不要なデータも残しがちになってしまうもの。どのように整理していけば良いのでしょうか?


必要な情報はこうやって収集する! 「アンテナ力」を高める方法

必要な情報はこうやって収集する! 「アンテナ力」を高める方法

必要な情報をいち早くキャッチするためには「アンテナ力」が大事。何気ない日常の中で、どんなときも感性を研ぎ澄ませておきましょう♩


寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていませんか? ついつい夜寝る前にも触ってしまうスマホですが、電子機器から発せられる強い光は、私たちの目を冴えさせ睡眠不足を引き起こします。今回は、寝る前スマホをやめるのが難しいアナタに「Night Shift」というiPhoneの便利機能を紹介!


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング