「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


感情と臓腑はつながっている!?

「あぁ…あの時あんなこと言わなきゃよかったかな」「私が悪かったかな?嫌な思いをさせちゃったかな」このように、何かあるとすぐ自分を責めてしまったり、くよくよと悩んでしまうという人はもしかしたら胃腸が弱っているかもしれません。

と、いうのも薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)では臓腑と感情はつながっていると考えるから。
この臓腑は5つに分類され五臓(ごぞう)と呼ばれていますが、この五臓の中の1つである脾(ひ)は消化吸収を担っています。

実はこの脾、「思い悩む」という感情と関わりがあります。ですので、自分を責めやすかったり、同じことをずっとくよくよ悩んでしまうと脾の働きが低下し、胃腸の調子が崩れる原因に。
悩みすぎると胃が痛くなったり食欲不振になってしまうという経験は誰しもあるかもしれませんが、悩むと胃の調子が崩れるのはそのためです。

まずはこの3つを見直してみて。こんな食習慣ないですか?

毎朝のヨーグルトが欠かせない

お腹の調子を整えるために朝食にはヨーグルトが欠かせないという方も多いかもしれません。
しかし、脾はベタベタとした性質のものと冷たいものがとても苦手。ヨーグルトは温度も冷たくベタベタした性質ですから胃腸が元々弱い人にはあまり向きません。特に梅雨時期や雨の日は避けた方がいいでしょう。

ヨーグルトを食べるならば夏~秋が向いていますので毎日食べるというのではなくその時の天気や体調をみて摂り入れてください。

朝はパンでさっと済ませてしまう

手軽に食べられるパンは忙しい朝の心強い味方。欠かさずストックをしているという方も多いのではないでしょうか?

でも、悩まないメンタルを育みたいならばパンよりもお米を選ぶのが◎。お米には胃腸を労わる働きがあります。それに、パンの原料である小麦粉は身体を冷やしてしまうので食べ過ぎには注意が必要です。毎朝の主食は極力お米中心のメニューを心掛けて。

とはいえ、パンを楽しみたい時もありますよね。筆者は、平日はお米、週末はパンというように曜日を決めて食べるようにしています。ストックの数もあまり増やさないというのも食べ過ぎを防いでくれますよ。

仕事中はデスクに常時マグカップがある

デスクに冷めかけのコーヒーやお茶が常時あるという方は、少しその習慣を見直したいところ。
なぜなら、温度が冷たい飲み物はお腹を冷やしてしまうから。それと、常に手元にあると喉が渇いたと感じてなくてもついつい飲んでしまうので水分の摂り過ぎにつながるからです。

脾は冷たいものも苦手ですが湿気も苦手。水分を摂り過ぎることで気持ちの落ち込みにもつながりますから水分との向き合い方も意識してみましょう。

筆者は喉が渇いたら飲むということと(真夏は例外)、一度に飲みきれる量の水分をコップに注ぐことを意識しています。

自分の性格を責める前に食習慣を見直してみよう

悩みやすいのは性格が悪いんじゃないか…そう思ってしまいますよね。
筆者自身も長年自分の性格が悪いんじゃないかと自身を責めていましたが、思い悩むことで胃腸の調子も崩れるしさらに思い悩みやすくなると知ってからは、性格を責める前に食習慣を見直そうと心がけてきました。

せっかく悩むのであれば、自分を責めるのではなく「どうしたらいいか?」と考えることで脾も弱らないし胃腸の調子もいい…といい循環がうまれるんですよね。

自分を責めやすいと思う方こそ、今回ご紹介したことを意識して脾を労わってあげてくださいね。






この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連する投稿


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

誰もが予想しなかったことが起こった今年。心身、健康であることの大切さを感じる方も多かったことでしょう。 今回は、今よりもっと心身ともに健やかであるためにはじめたい3つの習慣を薬膳のプロである筆者がご提案します。ぜひ、来年の目標に加えてみてください。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

突然ですが、今日どんな飲み物を口にしましたか? 薬膳の世界では食材それぞれに効能があると考えますが、それは飲みものも一緒です。 せっかく口にするものですから、今の自分の体調にあわせて飲みものをチョイスしてみましょう。


舌をみれば不調が分かる?薬膳のプロが教える!簡単なセルフチェック術

舌をみれば不調が分かる?薬膳のプロが教える!簡単なセルフチェック術

自分の今の体の調子はどうなんだろう?そう思う時にぜひ見ていただきたいのが舌です。薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では舌を見ると不調がわかるといわれているんです! 今回は薬膳のプロである筆者が簡単にできるセルフチェックをご紹介します。ぜひ鏡を使ってご自身の今の状態をチェックしてみてください。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング