「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


感情と臓腑はつながっている!?

「あぁ…あの時あんなこと言わなきゃよかったかな」「私が悪かったかな?嫌な思いをさせちゃったかな」このように、何かあるとすぐ自分を責めてしまったり、くよくよと悩んでしまうという人はもしかしたら胃腸が弱っているかもしれません。

と、いうのも薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)では臓腑と感情はつながっていると考えるから。
この臓腑は5つに分類され五臓(ごぞう)と呼ばれていますが、この五臓の中の1つである脾(ひ)は消化吸収を担っています。

実はこの脾、「思い悩む」という感情と関わりがあります。ですので、自分を責めやすかったり、同じことをずっとくよくよ悩んでしまうと脾の働きが低下し、胃腸の調子が崩れる原因に。
悩みすぎると胃が痛くなったり食欲不振になってしまうという経験は誰しもあるかもしれませんが、悩むと胃の調子が崩れるのはそのためです。

まずはこの3つを見直してみて。こんな食習慣ないですか?

毎朝のヨーグルトが欠かせない

お腹の調子を整えるために朝食にはヨーグルトが欠かせないという方も多いかもしれません。
しかし、脾はベタベタとした性質のものと冷たいものがとても苦手。ヨーグルトは温度も冷たくベタベタした性質ですから胃腸が元々弱い人にはあまり向きません。特に梅雨時期や雨の日は避けた方がいいでしょう。

ヨーグルトを食べるならば夏~秋が向いていますので毎日食べるというのではなくその時の天気や体調をみて摂り入れてください。

朝はパンでさっと済ませてしまう

手軽に食べられるパンは忙しい朝の心強い味方。欠かさずストックをしているという方も多いのではないでしょうか?

でも、悩まないメンタルを育みたいならばパンよりもお米を選ぶのが◎。お米には胃腸を労わる働きがあります。それに、パンの原料である小麦粉は身体を冷やしてしまうので食べ過ぎには注意が必要です。毎朝の主食は極力お米中心のメニューを心掛けて。

とはいえ、パンを楽しみたい時もありますよね。筆者は、平日はお米、週末はパンというように曜日を決めて食べるようにしています。ストックの数もあまり増やさないというのも食べ過ぎを防いでくれますよ。

仕事中はデスクに常時マグカップがある

デスクに冷めかけのコーヒーやお茶が常時あるという方は、少しその習慣を見直したいところ。
なぜなら、温度が冷たい飲み物はお腹を冷やしてしまうから。それと、常に手元にあると喉が渇いたと感じてなくてもついつい飲んでしまうので水分の摂り過ぎにつながるからです。

脾は冷たいものも苦手ですが湿気も苦手。水分を摂り過ぎることで気持ちの落ち込みにもつながりますから水分との向き合い方も意識してみましょう。

筆者は喉が渇いたら飲むということと(真夏は例外)、一度に飲みきれる量の水分をコップに注ぐことを意識しています。

自分の性格を責める前に食習慣を見直してみよう

悩みやすいのは性格が悪いんじゃないか…そう思ってしまいますよね。
筆者自身も長年自分の性格が悪いんじゃないかと自身を責めていましたが、思い悩むことで胃腸の調子も崩れるしさらに思い悩みやすくなると知ってからは、性格を責める前に食習慣を見直そうと心がけてきました。

せっかく悩むのであれば、自分を責めるのではなく「どうしたらいいか?」と考えることで脾も弱らないし胃腸の調子もいい…といい循環がうまれるんですよね。

自分を責めやすいと思う方こそ、今回ご紹介したことを意識して脾を労わってあげてくださいね。

この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連する投稿


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


不安高まる今こそ人と接して! 幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させる方法

不安高まる今こそ人と接して! 幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させる方法

思うように外出ができなくなり、見えない不安と戦っている今、毎日ストレスを感じている人が多いのではないでしょうか? そんな時、少しでもストレスを解消できる方法をご紹介します。


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


【大人の心理テスト】あなたの自信の無さはどこからきてる?

【大人の心理テスト】あなたの自信の無さはどこからきてる?

「自信がない」「自分ってなんでこうなんだろう…」と自分に自信が持てない方が多い現代社会。忙しさに囚われて自分を見つめ直すことが少ない今だからこそ、心理テストで自分を見つめ直してみませんか?


心がボロボロ!「自分らしさ」がなかなか戻ってこないときに試したいこと

心がボロボロ!「自分らしさ」がなかなか戻ってこないときに試したいこと

つらい出来事が起きた後は、しばらく自分らしさが戻ってきません。あれこれと試行錯誤しているつもりでも、心はヘトヘトの状態。少しずつかつての感覚を取り戻してまいりましょう♩


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング