女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


働く女子の一人暮らしは、ワクワクした感情と共に、何か大きなトラブルに巻き込まれるかもしれないという不安もあります。同じように一人暮らしをしている女性は、どんなお部屋を選んでいるのか、気になりませんか?

そこでお部屋探しのプロであるアットホーム株式会社の西嶋 優理子さんに、働く女性に人気がある部屋の特徴と、気を付けておくべきポイントについて聞いてみました。

都内で一人暮らしをする女性に人気の間取りは「1K」

アットホームの調査で、一人暮らしをしている都内の社会人女性に現在のお部屋の間取りを聞いたところ、「1K」が60%以上、次いでワンルームが23.2%で人気だという結果になりました。

不動産の間取り表示においては、キッチンスペースが仕切られているワンルームを「1K」、仕切られていないワンルームを「1R」と区別しますが(アットホーム不動産用語集より)、キッチンの匂いが部屋に届いたり、玄関から部屋の中が丸見えになったり…という点が気になる方には、1Kが向いていると思います。逆に、手の届く範囲に何でもあるのが好きな方は1Rが向いているのではないでしょうか。
コンパクトな分、掃除がしやすいなど、1Rにも利点があります。

こだわりは「独立洗面台」「バス・トイレ別」「キッチンコンロ2口以上」!

また、設備について、どの程度が必要か? を聞いたところ、男性に比べて「独立洗面台」「バス・トイレ別」「キッチンコンロ2口以上」にこだわる方が多いようです。

調査対象:2017年6月以降に賃貸物件引越しをして一人暮らしをしている東京都在住の18~29歳の社会人女性99名

特に「バス・トイレ別」は絶対条件! という女性も多いそう。これらの条件で譲れるポイントが多ければ多いほど、家賃も安くなる傾向に。

便利かつセキュリティにも気を付けたい方には、洗濯物を外に出さなくて済む「浴室乾燥機」や「室内物干し」付きのお部屋。また最近は、テレワークの普及にともない、「インターネット接続料込み」(インターネット無料)も人気があるようです。

働く女子の一人暮らしに人気! 「1K」の間取りの例

「日当たりが良い」という条件を重視する人が多いですが、「通気性の良さ」を重視する必要もあります。

理由は、風の通りが悪い物件はカビが生えやすく、室内の空気もよどみやすくなることにあります。間取りを見る際には、「お部屋に窓が2カ所あるか」や「お風呂に窓があるかどうか」をチェックしてみると良いかもしれません。

内覧時に聞いておくべきポイント!

また、その他に内覧時に聞いておくと良いのが

・「新調する予定のものは?(フローリングは張り替えるか?新しくなる設備はあるか?など)」
・「自分で用意した方が良いものは?(照明器具・物干し竿など)」
・「周辺環境は?(近くのスーパーは何時までやっているか?工事中の場所には何が立つのか?など)」


の3点です。これらはあまり聞いたことがない人も多いと思いますが、事前に知っておくことでお部屋選びの失敗を防ぎやすくなります。

一人暮らしの女性が住むエリアの治安が心配…そんな時は?

治安面を気にされる女性は多いので、最寄り駅から家までの道が明るく人通りが多い街かどうかもチェックポイントです。治安については不動産会社に聞いてみるのも良いですし、時間があれば駅から物件まで歩いてみるのも良いかもしれません。ちなみに、アットホームタウンライブラリーでは、東京都のアクセス数ランキングも公開しています。

アットホームタウンライブラリー「東京都のアクセス数ランキング」
https://www.athome.co.jp/town-library/tokyo/

収入のうちのどれくらいを家賃に当てるのが相場なの?

調査対象:2017年6月以降に賃貸物件に引越しをして一人暮らしをしている関東在住の18~29歳の社会人女性206名

関東在住の社会人女性に家賃事情を聞いたところ、平均212,669円の収入額(総支給額)に対し、家賃は平均68,873円と、収入の約32.4%を家賃に充てているようです。

また、入居審査が通りやすい割合は、一般的には20%~30%のようです。必ずしも年収だけで判断されるものではなく、勤務先や勤続年数、家族構成、年齢等のバランスを踏まえて判断されます。

予算オーバーの場合、条件面で妥協しても良いと思うのは「築年数」と「階数」

アットホームの調査で、一人暮らしをしている社会人女性に途中で妥協したことを聞いたところ、「築年数」と「階数」がトップ2でした。「築年数」に関しては、一人暮らしをしている20代社会人の33.6%が築20年以内まで許容できると回答しています。

築20年以上でも、リフォーム・リノベーションされている場合もありますし、気になる部分はリメイクシートなどを活用して可愛くすることができます。「階数」に関しては、マンション自体が1段高いところにある場合、1階でも外から見えにくいこともあるので立地条件でカバーできる場合もありますね。築年数、階数などは数字だけで条件を絞り込みすぎず、いろいろなお部屋を見てみることをおすすめします。



一人暮らしは自由を謳歌できる空間ですが、納得いかない部屋を選んでしまうとしばらくは引っ越しするのは難しいものです。今回教えてもらったポイントを参考にしながら、予算内に収めつつも自分のライフスタイルに合う部屋を見つけましょう。

教えてくれたのはこの人!

アットホーム株式会社 マーケティングコミュニケーション部 広報グループ
西嶋 優理子


2017年アットホーム入社。家・街・暮らしの情報サイトの制作を担当したのち、
2018年より広報を担当。アンケートによる住まいや暮らしのトレンド調査に携わる

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


一人暮らし ライフスタイル

関連する投稿


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


梅雨こそお掃除のベストシーズン?! 湿気を活用したお掃除のススメ

梅雨こそお掃除のベストシーズン?! 湿気を活用したお掃除のススメ

ジメジメした梅雨時は、だるくてやる気が起きずお掃除も手を抜いてしまいがち。ですが、湿気がある梅雨時は、汚れが取れやすく、実はお掃除のベストシーズンなのです。この時期におすすめしたいお掃除スポットをご紹介します。


思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

知らず知らずの内にやっちゃってる、周りをシラけさせちゃう行動…!失敗しなためにも事前に自分の行動を見直ししよう。


30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


自分を愛するって大事だけど…。自己愛と自己顕示欲の丁度良いバランスって

自分を愛するって大事だけど…。自己愛と自己顕示欲の丁度良いバランスって

自分を愛するって女性にとって永遠のテーマ。だけど、意識しすぎて方向性が間違ってしまうと…。自己愛を目指す上で大切にしたいバランスとは。


最新の投稿


スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

皆さんは保湿をするために、どんな方法を選んでいますか? もしかすると多くの場合はスペシャルケアとしてローションタイプのマスクを使用しているかもしれません。だけど、放置時間があって、普段のケアにプラスするひと手間もあって、正直面倒ですよね。そこで保湿力抜群の新たなアイテムに置き換えて、時短してラクをしちゃいましょう!


知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

毎日、書店に通い続けていると、少しずつ感性も研ぎ澄まされていきます。今回は、本屋さん巡りの楽しみ方をご紹介します。


マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクが手放せなくなった今、目元の印象を重視している女性は多いはず。「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、日本人は目元から相手の感情を読み取ろうとするからです。そんな重要パーツ、目元を華やかに見せてくれるアイパレットを今回はお守りコスメとして紹介。プチプラで試しやすいセザンヌの新色シャドウ、ぜひお試しあれ。


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング