モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

「女性は一歩引いて、男性を立てるべき」。このような価値観は、女性の社会的進出が進むと同時に古い考えへと変わりつつあります。そこで今回は、婚活女子にこそ理解しておいてほしい、間違ったモテについてご紹介。


モテるためにやってるソレ…本当は違うかも

か弱くて素直で男性をたてる女性がモテる…?
そんな感覚を持っていたら、今すぐ考えを改めた方が良いかもしれません。これまでは、美しい日本人女性を表す言葉として「大和撫子」という考えが定着していましたが、今や“女性は一歩引いて男性を立てるべき”という考えが古いものになりつつあるからです。

女性は、家庭を守るものだと思っていた価値観が崩れるのと同時に、男性から求められる女性像も変化しています。婚活女子こそ、間違ったモテの価値観に囚われないよう気をつけて! 今回は、モテるためにやらなくて良い努力についてご紹介します。

モテるためにやらなくて良いこと

「常に一歩下がって男性を立てる」ことへの意識

「女性は男性を立てるのが当たり前」「亭主関白で頼り甲斐のある夫に、慎ましい妻」
そんな考えは時代錯誤。今やお互いを尊重することが必要であって、二人の関係に格差をつける必要はないという考えに変わりつつあります。相手をいたわったり、意見を受け入れることはもちろん大切ですが、相手の意見に流されるのではなく自分の意見をしっかり持った女性の方が好まれるはずです。

家事も育児も完璧にできる! 家庭的アピール

家事や得意な女性にネガティブイメージはありません。もちろん男性からしても家事が得意な女性はとても魅力的に見えるはずです。けれど、共働き夫婦が当たり前になっている今の世の中、「女性だけが家事をするものだ」という先入観を持たせるのは危険です。たとえ家事が得意であっても、分担して行えるように、過度な家庭的アピールは控えましょう。

か弱い・守ってあげたくなるアピール

男性が家計を、女性が家庭を守るものという時代は残念ながらもう終わり…。男性に「守ってもらいたい!」「こうして欲しい!」と自分に都合良く進めるために、あざとくか弱いアピールをするのはやめましょう。何もできない女性より、今後は自立した女性であることが求められるようになってきます。モテファッションやぶりっこなどを「量産型」「メンヘラ」というようなワードでまとめられることもあるので要注意。

常に彼氏を優先してしまうこと

彼の希望に合わせたスケジュール、彼にとっての理想の女性になるために努力…。
何かあるたびに彼氏を優先させてしまう女性もいますが、やりすぎると男性から「重い」と思われてしまいます。もちろん家庭やパートナーシップは大切ですが、精神的にも自立した女性を好む現実的な男性が今後は増えていくことでしょう。男性を優先してばかりいると、自分自身にもストレスがかかるだけでなく、社会的な扱いにも損が生まれるかも。

高収入である自分を隠すこと

年功序列による収入の違いや、男女の格差社会が徐々に緩和されつつある今。「高所得な女性はモテない」という価値観も古いものに変わっていくでしょう。今後は家計も二人で支える時代になってきます。これまでは男性から避けられがちだった高収入女子も今後は自分を偽る必要がありません。キャリアアップ思考を高め、経済状況にも自立を求められるようになってくるはずです。

「モテ」の価値観をアップデートせよ!

いかがでしたか?
もちろん“イイ女”の定義は年齢によって様々ですが、女性の社会的進出が進む今、女性はただただ守られるだけの存在ではなくなってきているということです。そのため、男性に従う従順な自分を無理に取り繕うことはありません。今後求められるのは「自分らしさ」を追求し、精神的にも経済的にも自立ができる女性。古めかしいモテの価値観を持っている方は今すぐ、アップデートしておいて損はありません。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


恋愛 価値観 婚活

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


同棲して初めて分かる!旦那さんには向いていない彼氏の特徴

同棲して初めて分かる!旦那さんには向いていない彼氏の特徴

同棲してみないと分からない「事実」が、実はたくさんあります。一緒に暮らしてようやく分かった彼の本当の顔に戸惑っていませんか? 旦那さんに向いていない彼と無理やりゴールインするのは、かなり危険…!?


【そんなのアリ!?】楽して本命彼女になる方法

【そんなのアリ!?】楽して本命彼女になる方法

「彼氏作るためにはキレイにならなきゃ」 「もっともっと女子力上げなきゃ!」 こう意気込んでもだんだん面倒になったり、やる気がなくなるものです。そんな大人女子に朗報!今回は「楽して本命彼女になる方法」を伝授。あなたは頑張る必要はありません。


『嫌われる勇気』から学ぶ!男性が手放したくない魅力的な女性になる方法

『嫌われる勇気』から学ぶ!男性が手放したくない魅力的な女性になる方法

135万部のベストセラーで、TVドラマ化した『嫌われる勇気』から、あなたが男に逃げられない魅力的な女性に変身する方法論を考えてみたいと思います。この本の考え方のベースになっているのは"アドラー心理学"。 このアドラー心理学を理解し、上手に活用すれば、悩めるあなたの幸せ度がぐんとアップする。


仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きだから、一生懸命頑張っている。でも、ときどき揺らいでは何が答えなのか分からなくなっているのでは?結婚したくなるその気持ちも、自分の一部なのです。少しずつ絡まった糸をほどき、整理整頓を始めましょう。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング