モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

「女性は一歩引いて、男性を立てるべき」。このような価値観は、女性の社会的進出が進むと同時に古い考えへと変わりつつあります。そこで今回は、婚活女子にこそ理解しておいてほしい、間違ったモテについてご紹介。


モテるためにやってるソレ…本当は違うかも

か弱くて素直で男性をたてる女性がモテる…?
そんな感覚を持っていたら、今すぐ考えを改めた方が良いかもしれません。これまでは、美しい日本人女性を表す言葉として「大和撫子」という考えが定着していましたが、今や“女性は一歩引いて男性を立てるべき”という考えが古いものになりつつあるからです。

女性は、家庭を守るものだと思っていた価値観が崩れるのと同時に、男性から求められる女性像も変化しています。婚活女子こそ、間違ったモテの価値観に囚われないよう気をつけて! 今回は、モテるためにやらなくて良い努力についてご紹介します。

モテるためにやらなくて良いこと

「常に一歩下がって男性を立てる」ことへの意識

「女性は男性を立てるのが当たり前」「亭主関白で頼り甲斐のある夫に、慎ましい妻」
そんな考えは時代錯誤。今やお互いを尊重することが必要であって、二人の関係に格差をつける必要はないという考えに変わりつつあります。相手をいたわったり、意見を受け入れることはもちろん大切ですが、相手の意見に流されるのではなく自分の意見をしっかり持った女性の方が好まれるはずです。

家事も育児も完璧にできる! 家庭的アピール

家事や得意な女性にネガティブイメージはありません。もちろん男性からしても家事が得意な女性はとても魅力的に見えるはずです。けれど、共働き夫婦が当たり前になっている今の世の中、「女性だけが家事をするものだ」という先入観を持たせるのは危険です。たとえ家事が得意であっても、分担して行えるように、過度な家庭的アピールは控えましょう。

か弱い・守ってあげたくなるアピール

男性が家計を、女性が家庭を守るものという時代は残念ながらもう終わり…。男性に「守ってもらいたい!」「こうして欲しい!」と自分に都合良く進めるために、あざとくか弱いアピールをするのはやめましょう。何もできない女性より、今後は自立した女性であることが求められるようになってきます。モテファッションやぶりっこなどを「量産型」「メンヘラ」というようなワードでまとめられることもあるので要注意。

常に彼氏を優先してしまうこと

彼の希望に合わせたスケジュール、彼にとっての理想の女性になるために努力…。
何かあるたびに彼氏を優先させてしまう女性もいますが、やりすぎると男性から「重い」と思われてしまいます。もちろん家庭やパートナーシップは大切ですが、精神的にも自立した女性を好む現実的な男性が今後は増えていくことでしょう。男性を優先してばかりいると、自分自身にもストレスがかかるだけでなく、社会的な扱いにも損が生まれるかも。

高収入である自分を隠すこと

年功序列による収入の違いや、男女の格差社会が徐々に緩和されつつある今。「高所得な女性はモテない」という価値観も古いものに変わっていくでしょう。今後は家計も二人で支える時代になってきます。これまでは男性から避けられがちだった高収入女子も今後は自分を偽る必要がありません。キャリアアップ思考を高め、経済状況にも自立を求められるようになってくるはずです。

「モテ」の価値観をアップデートせよ!

いかがでしたか?
もちろん“イイ女”の定義は年齢によって様々ですが、女性の社会的進出が進む今、女性はただただ守られるだけの存在ではなくなってきているということです。そのため、男性に従う従順な自分を無理に取り繕うことはありません。今後求められるのは「自分らしさ」を追求し、精神的にも経済的にも自立ができる女性。古めかしいモテの価値観を持っている方は今すぐ、アップデートしておいて損はありません。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


恋愛 価値観 婚活

関連する投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング