株価が下がるとどうなるの?コロナで乱高下する株価、生活の影響は…

株価が下がるとどうなるの?コロナで乱高下する株価、生活の影響は…

日経平均株価の続落・下落・反落・最安値・反発・上昇など…。日々ニュースなどで耳にする株価について、皆さんはどれくらい理解していますか? 今回は、株価が下がると実際にどのような影響があるのかを簡単に説明していきます。


株価が下がっているってどういう事…?

コロナの影響で乱高下する株価。日々せわしなく変化する株価がよくニュースでも取り上げられていますが、皆さんはこれが一体どういうことなのか、理解できているでしょうか? そもそも、株価が下がるという事はどういう状態なのでしょう。

株式会社は一連の手続きを行うと、株を発行する事ができます。
株式を公開している会社の場合、発行された株は市場にて売り買いされ、需要と共有のバランスに応じて1株の株価が決まります。

例えば、1株1000円の会社が、1万株発行している会社の場合は、1000円×1万株で時価総額が1000万円になります。

株式は市場にて自由に売り買いが可能です。1000円の株を1100円でも買いたい人がいれば1100円で売れます。人気がなく1000円で売れない場合は、900円に下げて販売する事も、それでも売れない場合はさらに単価を下げて800円、700円、600円……と販売する事もできます。


株価が下がる」という状態は、上記のように、買いたい人より売りたい人が多く、安くでも売りたいという人も増え、株式自体の価格が下がっている状態となります。
1万株発行の1株1000円で取引されていた株式が800円に下がった場合、800円×1万株となり、企業の時価総額は800万円になってしまうということです。

株価が下がるという事は、市場に出ている株が、買いたい人より売りたい人が多く、結果として株価が下がっている状態を指し、それに伴い企業の時価総額も下がるという結果をもたらします。

株価が下がるとどうなるの?(会社側)

実際に株価が下がるとどのような事が起こるのでしょうか?
まず、2つの面から企業の資金調達が難しくなります。
企業が新しい事を始める場合に資金を集める場合ほとんどの場合は、銀行など融資を受けるか、株を売り市場から資金を調達します。

銀行など融資を受ける場合、銀行は融資先が信頼がおけるか調査します。その際に1つの基準となるのが時価総額です。銀行はいざとなった場合、お金を返してもらえるか? という信用で融資限度額を決定します。時価総額が1000万円の会社と800万円の会社では銀行からの融資額が変わるということ。下げれば下がるほど銀行の融資額も下がってしまうのです。

また市場からの資金調達を考える場合、会社は新強い株を発行する、もしくは自社の保有する株を売却するなどして、資金を得ようとします。設備投資資金として、200万円を調達しようとする場合、1株1000円の場合は、2000株の販売で調達できますが、800円の場合は2500株売らなければならないということになります。

株価が下がると、会社の資金調達が難しくなり、投資をひかえたり、場合によっては経営自体も厳しくなってしまうことがあります。

会社が投資をひかえると、
・新しい人材を雇用しなくなる、それに伴い教員や研修費も減る
・新しい機材やシステムなど設備に対する投資が減る
・新しい商品も生まれにくくなり、開発費や広告宣伝費も減る
・会社の不動産購入や新店舗の出店数も減る

というように会社のお財布の紐が厳しくなり、企業から出るお金が減ることで経済の低迷につながります。

株価が下がるとどうなるの?(投資側)

株価の影響を受けるのは株を発行している会社だけではありません。
株式を持っている投資側も大きな影響を受けます。

1株1000円の株を1000株持っている人の、保有する株式が1株800円に下がったとします。
今までは100万円の価値があったもの(100万円で売れるもの)が80万円の価値しかなくなってしまったということです。
貯金が100万円あったはずなのに、急に80万円になってしまった…ということが起こるのです。買おうと考えていたものを買い控えたり、予定より安いもので済ませたり…と考える人が多いのではないでしょうか? その結果、株価が下がる事で消費ニーズが減り、株の投資側から見ても経済の低迷につながるのです。

その他、株価が下がる事で考えられる悪影響とは…

会社の買収が多くなる

株価が下がると会社の買収も多くなります。1000万円(時価総額)が800万円に下がったら、その会社が欲しい会社や投資家はここぞとばかり、買いにいくのではないでしょうか。
海外の会社から買われる事も多くなり、株価下落時はM&A(買収・合併)が多くなります。

働く社員の収入が減る事も

ストックオプション制度(従業員が自社の株を一定の価格で導入する事ができる制度)を導入している会社では従業員の得られる報酬も減ります。

将来の年金や受けられる公共サービスも不安

年金を運用する日本年金機構や通貨や国債を発行する日銀、政府も経済をよくする目的や、資産を運用する目的で、株に投資しています。株価が下がる事でそれぞれの機関の資産も減ってしまいます。その影響で将来の年金額が減るということも考えられるように。

株は見極めが大切!

株価下落と言っても、全ての会社の株価が下がるわけではありません。
株価が上がる会社もありますし、新たに上場する会社もあります。会社が買収され株価が上がる事もあるのです。

株価には周期があります。下がれば時があれば、上がる時がきます。
株に投資をしなくとも、株価の動きを見る事によって現在がどういう時期なのかということや、伸びている業界や会社を知ることができます。現状を知るひとつの指標として、株価をチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


お金のプロに聞いた! 特別定額給付金の10万円を使ったかしこい使い方

お金のプロに聞いた! 特別定額給付金の10万円を使ったかしこい使い方

ひとりにつき10万円が、特別定額給付金として支給されることになりました。皆さんはこの10万円を、どう利用しようと考えていますか? もし、生活費にまわすことなく余裕資金として利用するのなら。これを機に、お金の運用……投資をはじめてみてはいかがでしょうか?


【FP監修】節税したい人必見!会社員にもできる節税対策の基礎講座

【FP監修】節税したい人必見!会社員にもできる節税対策の基礎講座

税金を収めることは国民の三大義務のうちの一つ。ですが、手元に残っているお金は少しでも多い方が嬉しいですよね。今回はお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が、会社員にもできる節税のコツをご紹介。


負担を少しでも軽くしたい!会社員にもできる節税対策ってあるの?

負担を少しでも軽くしたい!会社員にもできる節税対策ってあるの?

会社員の人にでも節税できる方法はないか、考えてみたことはありませんか? 今回は、比較的新しくできた節税に有効な制度を紹介します。


貯金はどのくらい? 投資って必要? お金に関するQ&A

貯金はどのくらい? 投資って必要? お金に関するQ&A

お金に関してわからないことが多く、不安になる働き女子。将来必要なお金を今から準備していくためには、ただ「ためる」だけではなく、少しずつでも「ふやす」ことが重要になってきます。とはいえイマイチその方法がわからず、頭を悩ませている方もいるでしょう。そこで、お金に関する疑問をお金のプロにぶつけてみました。


iDeCoってなに? いまさら聞けない女子に分かりやすくお答えします

iDeCoってなに? いまさら聞けない女子に分かりやすくお答えします

個人型確定拠出年金の略称「iDeCo(イデコ)」。最近よく聞くけれど一体どんなものなの? そんな女性も多いのではないでしょうか。なかなか学ぶことのないお金や投資について、わかりやすく説明していきたいと思います。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング