毎日の生活を少し変えるだけ! お金をためる5つの工夫



長期休みに向けてお金を貯めたい!

皆さんは計画的にお金をためていますか?
「貯金しなきゃ」と思ってはいるのに、全く貯めていない……という人は注意が必要かも。友人の結婚式が重なったり、予期せぬ出費があることもあるので、せめてそんな時にも焦らず対応できるくらいのお金は余裕を持っておきたいものです。

過度な節約は厳しくても、普段の生活でちょっぴり使い方を意識すれば、少額ですが確実にお金は貯まっていきます。お金は寂しがり屋だともよく言われます。そのため臨時収入に期待をするのではなく、お金が集まってくるように工夫しておくことが大切なのです。

小さな出費をとことん抑えよう

大きな買い物をしていないのに、お金が貯まらない。
その原因は、小さな出費の積み重ねによるものです。しかも小さな金額をこまめに使っていくために、「お金を使った気になっていない」ことも原因にあります。

毎日100円のお菓子を買っていたとしたら、月に3,000円もの出費をしていることになります。コンビニのコーヒーも同じ。ティーパックやまとめ買いにしてお得なものを選ぶだけで、この小さな出費を抑えられるようになります。

ATMは手数料0円の時間帯に

手持ちがないときにすぐにお金を引き出せる、便利なATM。
この「手数料」についても意識していきましょう。手数料は今や、一度に110円~220円ほどかかります。小さな金額に見えますが、それこそコンビニのコーヒー1杯〜2杯分を手数料で消費していると思うと、危機感を感じませんか?
手持ちがなくなるたびに曜日を気にせず利用していたら、いつの間にか大きな金額になってきます。お金をおろすときは、銀行で日中の手数料が無料な時間帯を利用しましょう。

また、お金が足りなくなる度にATMを利用しているという人は、「自分がいくら使っているのか把握できていない」ことも多く、ダラダラとお金を使う傾向にあります。おろす回数と金額は固定にして、その範囲内でやりくりできるようになりましょう。

クレジットカードは使わない

手持ちがないと、クレジットカードで支払いを済ませてしまうこともありますが、使った日と引き落とされる日に時間差があるのでついお金を使いすぎてしまいます。まだ手持ちに余裕があるからと、「今月は大丈夫」なんて余裕しゃくしゃくでいたら、後々明細をみて後悔することになってしまうかも。クレジットカードを使わない月を作るだけで、自分のお金が見える化してきます。

現金を持ちたくない派の人は、使った日にすぐに引き落とされるデビットカードを使うのがオススメ。残高を意識しながらカードを利用しましょう。

買い物をするときは、まとめ買いで

ATM同様に、買い物の回数が増えると出費も増える傾向があります。スーパーでお買い物をする際は、3日分~1週間分の食材をまとめて買うようにしましょう。一人暮らしの女性の場合、1週間分のまとめ買いをするとかなりの荷物になるので、3日分位の買い物をしておくのがおすすめです。

また、デパートやネットショッピングは「早急に必要でないもの」も欲しくなってしまうので、極力見ないようにしておいて。もし買うのであれば、送料が無料になるようまとめ買いにしましょう。衝動買いが多い人は、思い切って財布を持たない日を作るのもありでしょう。

財布の中をきれいにする

財布の中にレシートやポイントカードが溜まっていませんか?

財布の中が整理されていないと、いくら入っているのかが把握できません。お財布が分厚く、重くなるので、まるでお金がいっぱい入っているかのような勘違いを起こしてしまいます。これがムダ使いの原因にもなるので、お財布の中は常に整理整頓しておくことです。レシートは財布から取り出し、ポイントカードはよく使う5枚を厳選しておきましょう。

家計簿をつける

何にいくら使っているか、可視化すれば節約への意識が高まります。最近では簡単に家計簿をつけられるアプリがあるので、手間暇がかからずお金の管理ができるようになりました。積極的に使っていきたいところです。

毎日つい足を運んでしまいがちなのが、身近にあるコンビニです。新商品や限定品など、コンビニは流行に合わせて商品が変わるので、飽きることなくつい足を運んでしまいます。魅力的なアイテムも多く、つい手に取ってしまいますよね。そういった「ついで買い」はなおさら家計簿で記しておく必要があります。

コツコツ貯めるのが大事。今日から始めてみよう

節約は1日だけ実践しても効果はありませんが、毎日コツコツ続けることによって習慣化されていきます。貯金は「いくら貯めるのか?」と目標設定をしておくと楽しく続けられるようになります。もちろん無理な金額を目標にするのではなく「まずは月に1万円」という身近な目標を掲げ、それが達成したら金額をどんどん増やしていきましょう。