【転職活動中の方へ】選考中の企業に辞退の申し入れをする時の注意点

【転職活動中の方へ】選考中の企業に辞退の申し入れをする時の注意点

転職しよう! と思った時は、いくつかの候補を絞って企業への応募を行うことでしょう。予定より早めに採用が決まった場合、他の会社へ「面接辞退」の申し入れが必要になることもあります。そんな時、どう辞退の申し入れを伝えようか…? 言いづらくて悩むこともあります。今回は、キャリアアドバイザーが注意点について紹介します。


Cinq読者の皆さま、おはようございます。キャリアアドバイザーAです。
マスクをして外出して、うっかり日焼けをしてしまいました…。マスクの下に日焼け止めを塗り忘れたのです。夜お風呂に入ったら地味に肌がイタイ。痛恨のミスです。
今年は梅雨が長かったため、夏の日差しに対する警戒心が薄かったかも。皆さまも是非お気を付けください!

選考中の企業に辞退の申し入れをする時の注意点

さて、今日のテーマは「選考中の企業に辞退の申し入れをする時の注意点」です。

一次面接や二次面接、最終選考、内定後のお顔合わせなど、面接や面談を辞退するタイミングはさまざまですが、一番やってはいけないこと、それは「面接日直前の辞退」です。
採用担当者は、多忙な面接官の予定の合間を縫って日程の調整を行っています。応募者が面接を辞退すると再調整には膨大な時間が必要なのです。

少なくとも、すでに確約した面接には、基本的には参加するべきだと思います。
特に最終選考は、採用選考時以外では時間をとって会ってもらうことが難しいような、社長や担当役員の時間を確保してしまっています。どのような理由があるにせよ、参加することは必須といえるかもしれません。

ただ、どうしても辞退しなければならない時もあるかと思います。
面接辞退を行う場合の基本的な方法についておさらいしていきましょう。

辞退を決めたらすぐに連絡

辞退を決めたタイミングですぐに連絡を入れましょう。
「悪い報告こそ素早く」がすべての報告の基礎です。

メール→電話の両方で

連絡する方法は、最初は電話でもメールでもOKですが、相手に対して丁寧に対応したい場合は、まずはメールで連絡し、すぐに電話でフォローしたほうが良いです。
言った・言わないにならないためにも、誤解が生じないようにするためにも、いつ連絡したかの履歴を残すためにも、メールで文字として残しておくようにしましょう。

辞退理由は簡潔に

「現職を続けることにした」「他社から内定が出た」など理由は様々ですが、先方に失礼のないように言葉遣いに注意していれば、面接辞退の理由を伝えても問題ありません。
辞退の理由に嘘やごまかしがあると「交渉の余地があるかも」と思わせてしまいます。
その際はあくまでも失礼のないように、正直に誠実に理由を伝えましょう。
言い訳や回りくどい表現は使わず、辞退の旨を伝えることが大切です。言い訳などは応募した企業に対する不満とも取られかねないため、理由はシンプルにしましょう。

よくある「辞退理由」

ここで、代表的な辞退理由について整理してみます。

1. すぐに働けなくなってしまった
家族の介護や持病、ケガ等ですぐに働けなくなる場合があります。
家庭の事情などで働けなくなったという理由は、面接辞退の理由となります。

2. 現職に留まることにした
現職中のまま転職活動を行っていた場合、現職で希望していた部署や勤務地への異動が決まることもあります。
そのような場合、現職残留を選択される方も少なくありません。

3. 他の会社で内定が決まった
この理由の場合注意したいのは、内定した企業名を伝える必要はないということです。
「●●で働くなら、ウチならもっと良い条件を提示できるよ」とか「●●は▲▲という良くない情報があるけど」等と、交渉の材料を与えることになりかねません。
結果、自分自身の気持ちがグラつき、決まっていた会社を辞退した上、もう一社も選考途中でNG。という方も何人もいらっしゃいました。

4. 社風が合わなかった
面接辞退の理由として、想像していた待遇や風土、仕事内容や求められるポジションが違うことも立派な理由となります。
中には「面接官が感じが悪くて、入社後一緒に働くイメージができなかった」という方もいらっしゃいました。ここまでストレートに辞退理由を伝える必要はないかもしれませんが、辞退理由としては実はよくあるのです。

面接辞退の注意点

面接辞退を行う際、特に下記2点は社会人としてあるまじき振る舞いです。絶対にしないようにしましょう。

無断、その後音信不通になる

無断による選考辞退は、企業側からの印象が最悪です。
案外業界は狭いものです。同業他社などに応募する際、転職活動に影響を与える可能性があるので絶対に避けましょう。

あまりにも失礼な物言いで相手を傷つける

辞退理由を聞かれた場合は正直な気持ちを伝えることが大切ですが、何の配慮もせずに正直な気持ちを伝え、批判・中傷していると受け取られることもあるので注意が必要です。
相手企業が納得できる丁寧で誠実な対応を心掛けましょう。

いかがでしょうか。あなたの今の課題の解決につながるヒントになっていますように。
それでは、今日はこの辺で。またお目にかかりましょう!

この記事のライター

関連する投稿


【転職あるある】2社目の職歴は短くなる?! 短期転職を繰り返さないためには

【転職あるある】2社目の職歴は短くなる?! 短期転職を繰り返さないためには

キャリアコンサルとという職業をしていると、たくさんの方の履歴書を見る機会があります。そこで気づいたのが、「2社目の経歴が短い人が多い」ということ。実際に人材紹介業では2社目の経歴は短くなるというジンクスがあるのです。それは一体なぜなのでしょうか? また短期転職を繰り返さないようにしておきたいことについても紹介します。


「この会社に向いていない」リアリティショックを引き起こしたときの対処法

「この会社に向いていない」リアリティショックを引き起こしたときの対処法

入社前に抱いていた職場への理想や期待と現実のギャップから「リアリティ・ショック」という状態に陥る人がいます。しかし、それは新入社員に限らずベテランでも起こりうる現象です。どのように対処すれば良いのか解説します。


TOEIC400点でも関係ない! 海外で働くために事前に知っておきたい3つのこと

TOEIC400点でも関係ない! 海外で働くために事前に知っておきたい3つのこと

海外で働いてみてわかった、海外で働くために事前に知ってほしいこと3つご紹介します。いつか海外で働きたいという夢を持ってる方向けの記事です。


内定を辞退したらエージェントに脅されました #これってハラスメントですか?!

内定を辞退したらエージェントに脅されました #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を辞退したらエージェントに脅された……というこんなエピソード。


本当に長く働ける職場? 「平均勤続年数」が長い会社は良い会社なのかどうか

本当に長く働ける職場? 「平均勤続年数」が長い会社は良い会社なのかどうか

長く働ける職場を探して、転職時に「平均勤続年数」を気にする転職者の方がいます。ですが、平均勤続年数が長い会社は本当に良い会社なのでしょうか? 誤解されがちな平均勤続年数の意味と、会社選びの注意点について紹介していきます。


最新の投稿


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング