テレワークできない!そんな会社では通勤・社内でどんなコロナ対策をしてる?

テレワークできない!そんな会社では通勤・社内でどんなコロナ対策をしてる?

新型コロナウイルス対策で、テレワークという働き方が主流になりましたが、それでもテレワークができない会社や職種はたくさんあります。そんな会社では、通勤時や社内でどんな対策をしているのでしょうか? 今回はコロナ対策について、働く女性たちに話を伺いました。


テレワークができない! そんな場合は、通勤・社内でどんなコロナ対策をしてる?

新型コロナウイルスの影響でテレワークを実施する会社が増えましたが、それでもテレワークができない! と通勤・出社が必要な会社も多いことでしょう。けれど、これまでと変わらず、オフィスで仕事をするとなった場合、通勤時とオフィス内でのコロナ対策は欠かせません。
では、テレワークができない会社に勤めている方は、一体どのような対策をしているのでしょうか?

通勤中のコロナ対策

時差出勤・ローテーション勤務

「通勤ラッシュを避けるために、時差出勤になりました(32歳/人材サービス業)」

「サービス業に勤めていますが、土日も変わらず出勤が必要なためローテーション勤務で仕事を行なっています(28歳/サービス業)」

「週に1度のテレワークにそれ以外は時差出勤という働き方になっています(不動産業/33歳)」

やはり一番多い回答だったのが、時差出勤やローテーション勤務など、働く日や時間を調整するというものでした。中には、「時差出勤になったけれど、どの会社でも時差出勤を導入しているため、あまり人が減ったという感覚がない……」と時差出勤ならではの悩みを感じたという人も。

公共交通機関を使わない、マイカー通勤

「会社と自宅に、なかなかの距離があるためマイカー通勤が申請できるようになりました。助かってます!(30歳/メーカー勤務)」

公共交通機関を使わずに済むよう、マイカー通勤が許可される会社も増えました。マイカー通勤の場合は、通勤時に事故が起こってしまうなど、もしもの場合に備えた保険内容や、通勤手当(ガソリン代など)等を事前に確認しておくと良いでしょう。

マスク必須! なるべく人の少ないところに移動する

「とにかく人が少ない車両に移動して、窓が空いている席やドア付近など換気されていそうな場所に移動しています。つり革も持たなくなった(27歳/広告代理店勤務)」

コロナ対策で大切だと言われているのが<3密(密閉、密集、密接)>です。マスクをして、なるべく人が少ない場所、そして換気されている場所に移動することである程度電車内での密を避けるという工夫をしている方も。

オフィスでのコロナ対策

会議室・社長室などを使って、部署・チーム別に作業場所を変更

「今までワンフロアに人がギュッと集まっていたオフィスでしたが、今はチームを細かく分けて作業する場所を変えています(31歳/医療メーカー勤務)」

一箇所にたくさんの人が固まることのないように、部署やチームで場所を分けて仕事をしているという会社も。場所やエリアが分けられていることによって、クラスターを防ぐことができるようになります。

作業スペースに2メートル以上の間隔をとる

「今まではデスクが連なっているタイプのシンプルなオフィスでしたが、今は1席分ずつ必ず席を空けて座るように、という感じで一人一人のスペースが広くなりました(29歳/IT)」

オフィスという限られた空間の中でも、なるべく密にならないよう新しく席の決まりを設けたり、模様替えをするなどとして対応している会社もあるようです。

共有スペースや、人が使ったアイテムは毎回消毒

「面接など、比較的人が多く出入りする場所で、かつ個人情報も多く取り扱っているので、テレワークで仕事をするのが難しいのが現状ですが、その中でも人が使ったペンやイス・共有スペースは毎回消毒というようなルールが設けられました。定期的な手洗いもです(31歳/人材派遣業)」

一時は消毒液などの市販品が全く手に入らないほどになっていましたが、今では街中でも少しずつ販売されているのが見られるようになりました。共有スペースや使ったアイテムなどを、必ず消毒するなどと新しいルールが設けられた会社も多いようです。

ビニールカーテンやデスクパネルで飛沫感染対策

「それほどまでに広くはないオフィスなので、ビニールカーテンが必須。デスクが対面式に並んでいるので、間にビニールカーテンが設置されています(建築業/27歳)」

「会議室などにも必ずデスクパネルが設置されるようになりました(WEBサービス業/29歳)」

コンビニのレジなどにも設置されることが増えたビニールカーテン。
アフターコロナ時代のオフィスには必須だとも言われているアイテムです。飛沫防止に効果的だと言われています。

とにかく換気をこまめに! 1時間に2回以上の換気

「1時間に2回以上の換気をするように徹底されています(情報通信業)」

「こまめに窓を開けて換気するようにと言われています(29歳/情報通信業)」

コロナ対策として、気軽に取り入れられるのが換気です。
厚生労働省が推奨している換気回数は毎時2回以上(30分に一回以上、数分間程度、窓を全開する)

つまり1時間に2回以上の換気するのが良いということです。

「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法

人の出入りはなるべく少なくする

「外部の立ち入りは極力少なくするように言われていて、外部とのやりとりは基本チャットかテレカンで済ませるようになりました(WEBサービス業/26歳)」

オフィス内にどれだけ対策がしてあっても、人の出入りが多いと必ず接触リスクは高まります。そのため、オフィス出勤があっても、基本はチャットかWEB会議をするようにと伝えられている会社もありました。

こんな会社も…?! プライベート編

いかがでしたか?
個人でのコロナ対策はもちろんですが、会社には「安全配慮義務」というものがあるため、必ず社員に対して万全なコロナ対策を行わなければなりません。皆さんしっかりと対策を練られているようです。

中には、プライベートについてまでルールが設けられている会社も…?! プライベート編として、その他の対策もお伝えします。

家族以外との会合、2名以上が集まる会は控える

「大人数での会合を避けるため、プライベートでもなるべく家族以外の人との接触は避けることや、自分以外に2名以上が集まる場所への参加は控える、というように上司から言われました(人材サービス業/34歳)

休憩は変わらず1時間だけど、ランチは30分以内に済ませる

「休憩は変わらず1時間あるのですが、ランチタイムは飛沫防止のため30分以内に済ませるように、という謎ルールができました(29歳/ITサービス業)」

プライベートにまでルールを儲けるのは果たしてやりすぎなのか、優しさなのか……。
コロナ対策はどこまでやるべきで、どこからがやりすぎなのか? 境界線が曖昧でわかりづらいものですが、会社として社員を守るための工夫をそれぞれに考えていることに違いはありません。皆さんの会社ではどのような対策を設けているでしょうか?

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


テレワーク コロナ 働き方

関連する投稿


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

新型コロナウイルスにより観光や飲食業など窮地に立たされる事態となりましたが、このタイミングで医療・介護業界へ転職したいと思う人も増えてきているのです。ですが医療・介護領域の求人ニーズは変化しているのはご存知でしょうか?今回はどのように変化してきているのか解説します。


「一番明るい笑い声が聞けるのは、食べ物が一番おいしい場所」ウーマンダイアローグ #47

「一番明るい笑い声が聞けるのは、食べ物が一番おいしい場所」ウーマンダイアローグ #47

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、チャヤ ナチュラル&ワイルドテーブル 日比谷シャンテ店の菅沼梓さん。学生時代に伊勢丹新宿店でアルバイトを経験したことをきっかけに、マクロビの魅力に引き込まれたそうです♡


会社の体制や方針が突然変わった…。社会環境の変化から転職を望む方へ

会社の体制や方針が突然変わった…。社会環境の変化から転職を望む方へ

コロナ禍に入り、急に変わった生活様式……。予想もしていなかったこの事態に、今後自分はどうすれば良いのか? を改めて感じられた方も多いのではないでしょうか。今回は、社会環境の変化に対応すべき変動対応力について、キャリアアドバイザーと共に考えていきましょう。会社の対応はもちろんですが、個人の対応力も今後重要になります。


「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング