仲間と前に進む♡信頼できるチームメイトと「わたしブランド」をつくる方法



ひとりでは到達できないゴール地点がある

今まではひとりで個人事業を展開していましたが、今年はチームと出会う一年と掲げて、今は少しずつメンバーが私のもとへと集まりはじめています。今よりももっと高い位置、もしくは、広い世界をみたいと思ったときにひとりだけでは、すぐに限界を超えてしまいます。

フリーランスにも仲間は必要で、できれば「あなたのことが本当に好きだから力になりたい」と言ってくれる人たちと出会うことで、現状が変わりはじめるのです。

どうやって信頼できるチームメイトと出会うの?

一番の課題はどうやってそばで支えてくれるチームと出会うかですよね。大切なのは、常に自分らしくあり続けること、そして仕事に人生をかけていると、神様が目の前に自分にとって必要なメンバーをおろしてくれるんです!

たとえば、つい最近、こんなご縁がありました。筆者は2019年7月に『不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術』を出版しました。おかげさまで現在も好調で店頭に並んでいるせいか、ご感想をいただく機会もかなり増えています。

先日もいつものようにとある方からご感想をいただきましたが、その方のInstagramを開けた瞬間に雷に打たれたような感覚になり、すぐに会いたいと思い、実際にお会いしました。

想像通りの素敵な方で、私にとって欠かせないチームメイトになっています。SNSを通して発信し続けることは、すぐに利益に繋がるわけではありません。

また出版に関しても、本を書いたからすぐに年収に繋がるというよりも、アートのように作品を世にだすこと自体に非常に価値があるからこそ、ご縁が舞い降りてくるのだと思っています。

「わたしブランド」には、様々な専門家が必要です

自分の名前をひとつのブランドとして広めるためには、様々な専門家が必要です。たとえばSNSもこれからまだまだ広げなければいけない段階ですが、データをもとに分析できる人、Twitterの仕組みを理解している人が側にいてくれるだけで心強くなります。

またその人とは別に、総合窓口になってくれるマネジメント会社ももしかしたら必要になるかもしれません。

出版には出版のプロに寄り添っていただき、PRはPRで長く経験している人に支えてもらうことで少しずつチームか形作られるんです。コロナ禍を経験し、これからはますます「個」が大切な時代になるのではないでしょうか。

そして、今回の出来事をきっかけに前に進める人とそうではない人がうまれる「二極化」も巷ではささやかれています。コロナが落ち着いたら、そこからの時代はますます「わたしブランド」を展開していることで、周りからも一目置かれるでしょう。

何度も繰り返しイメージすることが大切

スピリチュアル本や引き寄せ本にはたくさんの種類がありますが「書いて願いを叶える」という方法は、誰もが知っていることになりつつあります。一冊ずつよく見てみると、頭の中で夢が叶った瞬間をイメージするだけでも効果があるといわれています。

そもそも、アイデアとしてその人に降りてくるのは「この人なら叶えられるから」という説さえあるほどです。

チームメイトと協業しながら前に進みたいなら、とにかくイメージすることが大切。お気に入りの打ち合わせスペースでお話ししている私たち、もしくは、一緒にパソコンを打ちながら作業を進めている瞬間を具体的に思い描くことで、少しずつ近づきはじめるはずなんです。

チームメイトと一緒に夢を叶える!

ひとりで活動する期間ももちろん大切ですが、ある程度の段階まで入ったら、今度は人と関わりながら仕事をすることで夢を叶えるスピードも速くなります。

自分のファンでもあり、そしてチームメイトになってくれる人たちと出会えるように、ますます自分磨きとお仕事を頑張っちゃいましょう♡