「この会社に向いていない」リアリティショックを引き起こしたときの対処法

「この会社に向いていない」リアリティショックを引き起こしたときの対処法

入社前に抱いていた職場への理想や期待と現実のギャップから「リアリティ・ショック」という状態に陥る人がいます。しかし、それは新入社員に限らずベテランでも起こりうる現象です。どのように対処すれば良いのか解説します。


理想と現実のギャップで起こる「リアリティショック」

新しい職場に行って数か月経過してから、「こんなはずじゃなかった」と感じて再転職願望が生まれた経験がある方は多いのではないでしょうか? それは「リアリティショック」と呼ばれる心理現象が原因かもしれません。

転職を考えた時、私たちは事前に候補になる会社の情報収集を始めます。そこで、新しい職場の雰囲気やどんな仕事を担当するのか? というイメージを自分なりにつくっています。例えば「入社したばかりだし、細かく教えてくれるだろう」と思っていたけれど、実際は説明がアバウトで、都度聞かなければならないという現状に理想と現実のギャップが生まれることにより、「思っていたのと違う」というモヤモヤの感情を抱く……この一連が「リアリティショック」に当たります。

リアリティショックは学生から社会人になった新入社員に置きやすい現象ですが、中途採用者の場合は「前職ではこうだった」という過去の経験があるため、たとえベテラン社員でも、会社の制度や仕組みについて(産休から職場復帰したら予定していた仕事と違っていたなど)や、メンバーが変わってしまい人間関係が悪化したなどを原因に起こることがあります。このように、誰にでも起こりうる可能性があるものなのです。

リアリティショックの対策

リアリティショックを感じていたとしても、焦ってすぐさま転職を選んでしまうのは非常に危険です。原因が人間関係であれ、スキルの問題であれ、仕組みの問題であれ、不安に感じることを周りに共有することが何よりも大切です。

自分ができることを整理する

「もっと上手く仕事をこなせるはずなのに」と仕事が思うようにいかないのは、新しい環境なのですから当然のことです。いくら転職がスキル重視で採用をしていたとしても、すぐに現場で活躍してもらえるとは思っていません。

まずは、「できていること」や「成長していること」に目を向けて、自分を評価していきましょう。一つひとつ仕事を覚え、身に着けていけば、いずれかのタイミングで仕事が楽しいと思うタイミングがきます。焦らず、仕事を行うことが大切です。

上司に相談をする

まずは、わからないことや困っていることは小さなことでも先輩や上司に相談するようにしましょう。何に悩んでいるのかを周りに理解してもらえればアドバイスを受けやすくなります。

「うちの会社はこれが当たり前だから」と突き放される可能性もありますが、自分が理想とするキャリアを形成していくためにどんな行動をすれば良いのか、親身になって話を聞いてくれるような信頼できる上司がいれば、今後仕事をしていくにあたってもかなり楽になるはずです。

部署異動を希望する

転職をする前に部署異動ができないか相談してみましょう。新入社員の場合は希望が通りにくいかもしれませんが、いまの会社でこれからも働きたいという気持ちがあれば諦めずに打診し続けましょう。

しかし、異動後の環境でもリアリティショックを感じてしまう恐れもあります。異動先の仕事内容などや雰囲気に関しては、確認をしっかり行うことも大切です。

ポジティブな気持ちで今の現状を見つめ直そう

リアリティショックは、些細な変化でも起こりやすいもの。防ぐうえで、なぜ起こるのか? の原因を追求し冷静に理解しようとする姿勢とポジティブマインドを持つことが必要になります。

捉え方を変えたり発散することで乗り越えるものです。1人で抱え込みすぎずに上手に克服していきましょう。







この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


会社 人間関係 転職

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

新型コロナウイルスにより観光や飲食業など窮地に立たされる事態となりましたが、このタイミングで医療・介護業界へ転職したいと思う人も増えてきているのです。ですが医療・介護領域の求人ニーズは変化しているのはご存知でしょうか?今回はどのように変化してきているのか解説します。


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


最新の投稿


出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

20代後半から親族や友人、同僚の赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ることが多いものです。でも、お祝いしたい気持ちはあるのに忙しくて「忘れてた、どうしよう…」という状況になる人も意外と多いものです。今回は出産祝いが遅くなってしまった時の対処法をご紹介します。


女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性の副業の中でも人気が高い「美容モニター」について美容モニター歴1年以上のCinq編集部ライターが、おすすめ「美容モニターサイト」を4つご紹介します。始める際の注意点や、向いている人や向いていない人についてもまとめてみました。ぜひご参考にしてみてください。


乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

夏でも、アルコールや手洗いで指先が乾燥してしまいがち。保湿とUVカットできる美白*ハンドクリームがあれば、美しい手元を保てます!SPF14以上のSNSで人気商品の中から試してよかったおすすめの逸品をご紹介します!


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング